えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 25日

言葉シリーズ(21)ジャージ

先日、次男がウインドブレーカーのようなものをジャージと呼んでいたので少し気になりました。という訳で、そもそも、ジャージってどういう意味か調べてみたくなりました。

いわゆる、ジャージというのは、①軽くて伸縮性のある厚地のメリヤス生地。また、その製品、という説明が広辞苑にありました。②乳牛の一品種、というのもありますが、まぁ、これは別な話ということで。

①②とも、”jersey”と英語では書くそうですから、発音は、「ジャーズィ」ということになりますね。語源が英語だからと、カタカナでジャージと発音しても通じないかも知れません。

もともとは、セーターのようなものを指しているようですから、厳密に言えば、ジョギングで使う安い化繊のものはちょっと違うものかも知れません。
e0031500_19245734.gif

[PR]

by elderman | 2007-12-25 19:30 | えるだまの観察


<< 小さな日曜大工      我が家の遅い南天の実 >>