えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 29日

世界いろいろ比較(1)古代都市

世界のいろいろなことを比較してみたいと思います。その第一回目は古代都市です。同時代の違う文明を比較してみるのは面白いことかも知れません。

最初の写真はイランにあるペルセポリスで、アケメネス朝ペルシャ帝国として繁栄した遺跡です。約2500年前のものです。アレクサンダー大王によって滅ぼされたペルシャ帝国ですが、ペルセポリスが焼かれてしまったので今では石の柱しか残っていません。

二番目は有名なギリシャのパルテノン神殿で、こちらも約2400年前のものです。ギリシャとペルシャとの間ではペルシャ戦争がありましたから、ペルセポリスとはまさに同時代です。こちらも石造りの部分だけが残り、天井が抜けてしまっています。

三番目の写真はフォロ・ロマーノとコロッセオです。これは約2000年前の遺跡です。ローマ時代になっているので、少し時代は新しくなっています。その分こちらは保存状態がいいのですが、コロッセオでは上部階の床が抜けてしまっています。

2000年という悠久の時間を越えて見る遺跡ですが、ペルセポリスもパルテノン神殿も石だけになってしまい、そこに人間が活動していたという感動はいまいちでした。当時の再現図や絵、あるいは映画のシーンを頭に浮かべても、人間の活動の温もりが伝わって来ないせいでしょう。

ローマ時代の遺跡は保存状態がいいので、フォロ・ロマーノに行った時にはぞくぞくするほどの感動がありました。そこで生活をしていたという感じが伝わってくるからなのでしょう。ギリシャ、ペルシャに比べると約400年新しいですから、大きな差と言えるでしょう。

ペルシャは西アジアで私たち日本人の文化とは大分違うとは言うものの、ギリシャ、ローマと比べるとやはりアジアの匂いがあります。ヨーロッパ文明が澄ました感じなのに比較して、ペルシャの遺跡には日本人にとってエキゾチックな雰囲気もありますが、どこか温もりを感じさせるものがあります。動物などが彫刻されているせいでしょうか。あるいは、どこか緩んでいてピシリと決まらないような感じがあるからでしょうか。

この時代、日本人が農耕生活で原始的な生活をしていたことを思うと不思議な気がします。当時の日本には大きな権力がなかったから、あるいは石の文明でなかったから遺跡が残っていないのでしょうか。日本人から見るとものすごい遺跡に見えますね。ギリシャ、ペルシャは当時世界で一番進んでいた文明なのでしょう。

ペルセポリス(イラン)
e0031500_8193467.jpg

e0031500_8215477.jpg


パルテノン神殿と音楽堂(ギリシャ)
e0031500_8225475.jpg

e0031500_8234552.jpg


フォロ・ロマーノとコロッセオ(ローマ)
e0031500_825412.jpg

e0031500_8255431.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-29 08:25


<< ルーマニアの花(39)紫陽花      ルーマニアの花(38)ウルシ科の木 >>