えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 28日

アレクサンダーの牢獄(イラン)

ヤズドにあるアレクサンダー大王が建造したと伝えられている牢獄ですが、紀元前の建築がそのまま残っているとは考えられません。逐次修復がなされて今日まであるということなのでしょう。

その隣には、12代エマームの霊廟というのがありますが、そもそも12代エマームというのは隠れてしまっているという伝説のエマームですから霊廟があるはずがありません。誰かがこの建物の中に12代エマームがいる夢を見たということから霊廟となったというのですから、相当いい加減な気がします。

12代エマームの霊廟の方は、ヤズドに現存する最も古い建築物ということになっていて、それは11世紀のことです。こちらも古そうすが、それでも11世紀当時のままとは考えられません。修復がなされているのでしょう。

写真の上がアレクサンダーの牢獄、下が12代エマームの霊廟(右側)です。
e0031500_1165934.jpg

e0031500_1173892.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-28 11:07


<< ルーマニアの花(37)キササゲ      ルーマニアの花(36)キダチベゴニア >>