えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 03日

タヌキとタヌキの化かし合い

今回の福田・小沢会談、面白いですねぇ。まさに、タヌキとタヌキの化かし合いという感じです。演出した人は有力な政治家だと思いますが、それぞれに思惑がありそうでとても面白い展開です。

もちろん、話題は自民党と民主党の大連立というものです。福田さんの口から出たという報道ですが、多分そうなのでしょう。二大政党を目指した小沢さんから言うのは変な話だし、いくら根回しがあったにしても唐突過ぎます。

となると、損得という計算が働くはずです。福田さんの自民党は、何の法律も決められないという与党としての機能を失っているので、もはや恥も外聞もないという境遇を利用するのには抵抗はないでしょう。公明党との連立と言っても、選挙で負ければ、すべてはお仕舞いです。

大連立で民主党が乗ってこないだろうという読みがあっての話だろうと、私は思います。では、誰が得をするのか、そこが問題でしょうね。小沢さんが即座に反対すれば独裁的だという非難を浴びるだろうし、持ち帰れば意欲ありということになる。では、これは小沢さんに対して用意した罠なのでしょうか。

福田さんとしては、どっちに転んでも大して痛くない謀略なんじゃないかな。自民党は、公明党からの不信が生じるだろうけど、それは後からいくらでもカバーできそうです。自民党の苦し紛れの戦略ではないだろうかと思うのは私だけではないでしょう。

謀略というのは、本当に連立政権になるとしたら、小選挙区による選挙という問題があり、それを飛び越えて話が成立するとは考えられません。大筋を決めたら、後はなんとかなるなんて考えるという話でもないでしょう。

小沢さん側からすれば、党首会談を申し込まれ、密談と言われようが、本質的な話ができるなら望ましいだろうし、一国の総理大臣からの申し入れとあれば断る理由はないでしょう。そこで、唐突にすごい提案がなされたということになるのでしょうか。

その場で断っても非難されるし、持ち帰るという選択をしたのは、民主党が民主主義の政党であるという姿勢を示せば、非難は少なかろうという計算だったと思います。その場で反対すべきだという意見がありますが、党首とはいえ、そこで重大な判断をしてしまうのは後で問題になりそうです。

そこまでの展開を読んで、党首会談、そして大連立の提案というシナリオを書いた人はすごい人ですねぇ。不利になるのは民主党、失うものはほとんどない自民党、となると陰の人物は、大物政治家でしょうか。

ちょっと見方を変えると、現在防衛省にまつわる不祥事がいろいろありますが、その問題の深刻さを薄めるという効果もあるでしょう。だから今、というタイミングなのかも知れません。政治の世界というのは恐ろしい世界ですねぇ。
[PR]

by elderman | 2007-11-03 18:15 | えるだまの観察


<< 遥かなる遺産 Part3(12)      イヌタデとハナタデ >>