えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 11日

世界遺産特集(7)古代都市チチェン・イッツァ(メキシコ)

チチェン・イッツァの遺跡は、メキシコシティから飛行機で行くほどの距離です。飛行機で45分くらいだったと記憶しています。舌を噛みそうな名前ですね。

マヤ文明はアステカ文明よりは新しく、6~7世紀に隆盛を誇りました。その後、一旦歴史から消えますが、10世紀になって再び栄えたそうです。大きな遺跡は10世紀頃のもののようです。

カスティージョと呼ばれるピラミッドは急傾斜を持っています。観光客も登れるのですが、その急傾斜のために諦めてしまう人もいるようです。登るときに比べて降りるときはもっと大変です。45度くらいの傾斜だと思います。登ってもそれほどいいことはないのですが、やはり登ってみたいものですね。

このカスティージョ、春分の日と秋分の日には面白いことが起こるそうですが、どうやらピラミッドの装飾の影が羽の生えた蛇に見えるようです。私が訪問したのは、そういう特別な日ではなかったのでどうなるのか見当もつきませんでした。

写真のほかに、この遺跡の中には、球戯場やら生贄を捧げた池などがありました。球戯では髑髏を蹴っ飛ばして遊んでいたようですし、池の中には女性や子供の骸骨や装飾品などが出てきたそうです。マヤ文明というのは怖い文明ですねぇ。

(カスティージョと呼ばれるピラミッド)
e0031500_7283684.jpg

e0031500_728436.jpg

(戦士の神殿)
e0031500_7285174.jpg

e0031500_729673.jpg

e0031500_7291272.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-11 07:29 | ★世界遺産特集★


<< 世界遺産特集(8)古代都市ウシ...      ヘナ(ミソハギ科) >>