えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 06日

世界遺産特集(2)イグアス国立公園(ブラジル)

私がブラジルに行ったのは、1992年と1993年と2回ありますが、イグアスの滝を見たのは1992年のことでした。丁度、その時は大洪水になっていて、イグアスの滝の水量は異常な量でした。残念ながら、滝は瀑布を越えて、荒れ狂う濁流状態でした。

世界遺産登録されているアルゼンチンとブラジル、ふたつのイグアス国立公園を合わせると、その面積は22万6千ヘクタールで、東京都の面積よりも広いというものです。

滝の水量は多いときで毎分36億リットル。世界三大瀑布のナイアガラの滝はアメリカ滝とカナダ滝を合わせても毎分1億7千万リットルほど。同じく三大瀑布のヴィクトリアの滝が毎分5億リットル。滝の幅は、イグアスの滝が2.7km、ナイアガラの滝(アメリカ滝+カナダ滝)が1km、ヴィクトリアの滝が1.7kmだそうです。

イグアスの発音は最後の「ス」のところにアクセントがあります、ちょっと意外でしょう。「イグアスー」と書くべきでしょうか、インディオの言葉からだと思います。ポルトガル語もスペイン語も普通、アクセントは後ろから二番目にあるものなんですけどね。

泊まったホテルはイグアスの滝に直ぐそばにあります。たぶん国立公園の指定の前からあるホテルだから存在しているのでしょう、後からだったら恐らくは建設が認められなかっただろうと思います。

イグアスの滝、洪水でなければ景勝地がいろいろあるのですが、それを紹介できなくて残念です。ヘリコプターで景色を楽しむというサービスもあるのですが、この濁流状態では営業を停止していました。写真からすごい水量だということがお分かりになるでしょう。
e0031500_12825.jpg

e0031500_121975.jpg

e0031500_122643.jpg

e0031500_123421.jpg

e0031500_124183.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-06 01:02 | ★世界遺産特集★


<< 世界遺産特集(3)パンタナール...      世界遺産特集(1)カナイマ国立... >>