えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 24日

被子植物の進化

重厚長大な裸子植物全盛の中に被子植物が出現した。約6500万年前には、現在みられる被子植物のほとんどの科が出揃った。これらの被子植物はほとんどが草であった。そして、裸子植物にとって代わって地球を緑で覆うようになった。

被子植物は草であったが、中には大木を目指すものがが出てきた。単子葉植物では独特な構造で大きくなったものが見られる。ヤシ科、リュウゼツラン科などがこれに当たる。双子葉植物では幹を太らせることができたが、低木にとどまるものが多い。

双子葉植物でも木のままで進化したものもあり、ブナ科、クルミ科、モクレン科などは大木の形状を持っている。例外的に、この中で木だったものが草に向かったものものある。一方、バラ科、マメ科、アカネ科、トウダイグサ科のように、草、低木、高木が混ざっている種類もある。

ラン科を代表とする着生植物は、他の樹木を利用するが、寄生ではないので自分で養分を補給しなければならない。したがって、新しい種とはいえ、自分自身のサイズを大きくすることは難しく、進化という目でみた場合、袋小路に入っているともいえそうである。

一方、蔓植物は興味深い進化をしていて、光合成が得られる高さまで自力で大きくならず、他の木などを利用するようになった。太い茎を自分で持つ必要がないので、賢い進化といえるかもしれない。実際、蔓植物は巻きつくためのいろいろな構造上の工夫がみられる。高木の繁殖するなかで弱い茎を持ちながら、高速で茎を伸ばし、高木の頂上にまで達する。

ということで、もっとも進化し、地上最強と考えられるのが、蔓植物ということになる。そして、次なる進化は蔓植物から発生するかも知れない。気候変動などで、不器用な大木が生存できなくなっても、蔓植物は人工構造物を利用できるという強みがある。

写真は、ノウゼンカズラです。
e0031500_1023019.jpg

[PR]

by elderman | 2007-08-24 10:02 | えるだまの観察


<< クロウエア・サリグナ(ミカン科)      ラバテラ・トリメトリス(アオイ科) >>