えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 23日

タイにおける外来種の検討

タイの田舎でよく見かけられる野生化した花について、固有種なのか外来種なのか調べてみました。ホウオウボク、オオゴチョウ、ゴールデンシャワー、ヤシ科やラン科の植物などの典型的な熱帯の植物については除外しています。

×オジギソウ・・・・・・・・・・・ブラジル原産
e0031500_15234952.jpg

×ルコウソウ・・・・・・・・・・・熱帯アフリカ原産
e0031500_15243633.jpg

○オオバナサルスベリ・・・・・インドから東南アジア、オーストラリアの北部に分布
e0031500_15484423.jpg

×ナガバハリフタバムグラ・・熱帯アメリカ原産
e0031500_1527643.jpg

×カラジウム・・・・・・・・・・・熱帯アメリカ原産
e0031500_15433124.jpg

○ノボタン(メラストマ属)・・沖縄から東南アジアが原産
e0031500_15283257.jpg

○アシスタンシア・・・・・・・・西アフリカから東南アジア、太平洋諸島に分布
e0031500_153033100.jpg

×スネークウィード・・・・・・・南アメリカ原産
e0031500_15311853.jpg

○クラウンフラワー(アコン)・インドから東南アジアに分布
e0031500_15315920.jpg

×ブーゲンビレア・・・・・・・・南アメリカが原産
e0031500_15325910.jpg

×アメリカハマグルマ・・・・・熱帯アメリカが原産
e0031500_15335587.jpg

×アサヒカズラ・・・・・・・・・中央アメリカに分布
e0031500_15353992.jpg

タイに渡来したのが古い時代のものもあるでしょうが、かなりの種が外来種であることが分かります。植物の世界でもグローバリゼーションが進んでいるようです。
[PR]

by elderman | 2007-07-23 15:35 | 花と樹木(熱帯)


<< 愛すべき人たち(2)      オオムラサキシキブ(クマツヅラ科) >>