えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 15日

白いバラの香りに美白成分

カネボウが確認したそうですが、フェアビアンカという白いバラの品種の香りに、肌の黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を妨げる成分が含まれていることが発見されたそうです。

これが実用化できるとしたらセンセーショナルな発見でしょうねぇ。これからの人間世界では、シミなし色白美人ばかりになってしまうかも。昔の人はソバカスやシミがあったそうだとか歴史や理科の教科書に載ったりして・・・

やがて美白の肌が飽きられて、他の花の香りの成分から、肌に色をつけることができるようになったりして・・・ いつも血色のいいピンク色とか、陽気な明るいクリーム色とか、それも飽きられたらヘビやトカゲのような斑模様とか。(笑)

整形や美白で、未来の人間にはオリジナルの容姿を備えた人がいなくなるかも。もしも、自然に育った人がいたらマスコミも大騒ぎでみんなで見に行きたくなったりして・・・ 動物園じゃないけど、原始人ショーかな。(笑)

(イメージ写真・・・この種類ではないと思います。)
e0031500_9592795.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-15 09:52 | えるだまの観察


<< レストランえるだまへご招待      園芸植物(56)スイートピー >>