えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 04日

唇の話と言っても、ロマンティックな話あるいは性的な話ではありません。唇に現れるさまざまな症状のことです。そういう意味では、唇というのは健康のバロメーターと言ってもいいのかも知れません。今でこそファッションが目的でしょうが、もともとは健康に見せるために口紅というものが発明されたのではないでしょうか。

乾燥した北風の吹く頃、唇が乾燥して荒れることがありますが、健康ならなんでもないか、あるいはリップクリームを使えば問題解決ということがあるでしょう。激しく荒れる場合は、風邪なのでしょう、熱があるときに起きるのではないかと思っています。

もう一つの症状として、水泡ができることがあります。これはどうも内臓、特に胃の調子から来るものでないかと思っています。食べ過ぎとか消化不良とかが原因ではないでしょうか。水泡が出来ると、皮膚が壊れて、瘡蓋ができて、それが治るまでには数日科掛かってしまいます。軽い水疱の場合は、構わずにおくとそのまま消滅することがありますが、唇に現れた異物による違和感のためについ潰してしまいますが、それは賢明なことじゃないように思えます。

そして、もう一つの症状なのですが、これが一番分からないものです。どなたか、原因と対策をご存知でしたら教えてくださいませんか。症状は、唇が硬くなって、割れるものです。これって痛いんですよねぇ。笑っても痛いし、食事まで不味くなってしまうほどです。ひどくなると出血までしてしまいます。発生する箇所は中央が多いようですが、脇の方に出来ることもあります。

熱があるせいかとも考えてみましたが、必ずしもそうでもないようだし、何かの栄養素が欠乏したらなるのかというう疑いがありますが、それが分かりません。治る期間もバラバラで、長く掛かるときもあれば、2日程度で治ってしまう場合もあります。

海外生活の長かった私ですが、この唇の割れる症状に対する未然防止策や対策というものが未だに分からないでいます。暑い国、寒い国というのも関係なさそうだし、よく分かりませんねぇ。
e0031500_11402946.gif

[PR]

by elderman | 2006-12-04 10:31 | えるだまの観察


<< おせち料理      えるだま観察【案内画面】 >>