えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 12日

ベネズエラの思い出(11)グリ発電所

ブラジルにある世界最大の滝、イグアスの滝の近くには世界最大の水力発電所、イタイプー発電所がありましたが、カナイマ国立公園の近くにある地方都市、プエルト・オルダスには世界第二位の水力発電所があります。この頃、1,300万KWの規模だと説明を受けた記憶があります。イタイプー発電所は1,600万KWだったと思いますが、数値は定かではありません。

日本にある普通の火力発電所の規模は、200~400万KWですから、すごい規模だということがお分かりいただけるでしょう。遠景からではなかなその規模が分からないと思います。連続して写真をアップしましたから、その大きさを想像してみてくださいね。

産油国であるベネズエラには水力発電もあるということで恵まれていますね。同じ産油国のイランではこうは行きません。それで原子力発電が必要ということになるのかどうか・・・
e0031500_840895.jpg

e0031500_8401880.jpg

e0031500_8402610.jpg

e0031500_8403844.jpg

e0031500_8405962.jpg

(参考)イタイプー水力発電所(ブラジル)
e0031500_8411242.jpg

[PR]

by elderman | 2006-09-12 08:41


<< 園芸植物(19)サザンクロス      園芸植物(18)タマゴボール >>