えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 31日

浦島太郎の雑記(30)アルコール

日本には驚くほどたくさんの種類のアルコール飲料がありますね。日本酒、ビール、ウイスキー、ワイン、ジン、テキーラ、焼酎、発泡酒、雑種などなど、何でも手に入ります。私は、料理に合わせてアルコール飲料を楽しむのが好きなので、どの種類を飲むかというのはメニューによって決まります。

ところが、どのくらいで飲むのを止めるかというと、その判断基準がよく分からないのです。夕食前に飲み始めて、なかなか食事にならないといつまでも飲んでいるしなぁ・・・ この場合は、ほろ酔い加減で止めるのかも知れないし、ほろ酔い加減が持続するように飲み続けているのかも知れません。

食事が終わっても、飲み足らないとアイスクリームにブランデーなんて飲み方もするから、やっぱりある程度酔う感じに至らないと中途半端という感じなのかも知れません。家でお酒を飲んで泥酔するということはありませんから、この酔いの程度というのが重要なことのようです。

となると、アルコールの摂取量というのが大きな要素になります。味わっているうちは料理に合わせた酒類が必要ですが、ある程度飲んだら、あとは適度な酔いを味わえばいいのかも知れません。味覚は鈍くなるし、当初の味を続けても効果は薄いのかも知れません。

そこで、経済的なアルコール飲料について考察してみることにしました。缶ビール350cc、アルコール度数5.5.%を基準として計算すると、純粋アルコール量は19.25ccになります。短期間の経費ではピンと来ないでしょうから、一か月毎日1缶という飲み方で計算してみます。

毎日1缶として、30日のアルコール量の合計は、19.25×30=577.5ccになります。
以下、同量のアルコール換算で他の酒類の値段を算出すると、

ビール1缶(350cc、アルコール度数5.5%)×30日=5,900円
発泡酒1缶(350cc、アルコール度数5.5%)×30日=4,350円
雑酒1缶(350cc、アルコール度数5.5%)×30日=4,020円

ウイスキー(2400円、720cc、アルコール度数40%)×30日=4,950円
ウイスキー(1200円、720cc、アルコール度数40%)×30日=2,475円
ウイスキー(650円、720cc、アルコール度数40%)×30日=1,340円

ワイン(1000円、720cc、アルコール度数14%)×30日=5,729円
ワイン(500円、720cc、アルコール度数14%)×30日=2,865円
日本酒(980円、1.8L、アルコール度数18%)×30日=1,747円

JINRO(1340円、1.8L、アルコール度数25%)×30日=1,720円
ただし、JINROの場合には、他にウーロン茶などを必要とするので、
24円×30日=720円として、合計は2,440円程度になるでしょうか。

以上の考察により、安い日本酒か、安いウイスキーが一番経済的ということになりました。^^
身近なビールですが、結構贅沢な飲み物なんですねぇ。(汗)
e0031500_8422021.gif

[PR]

by elderman | 2006-08-31 08:40 | えるだまの観察


<< 植物園の花(17)ヒマワリ・ベ...      植物園の花(16)ヘリオトロープ >>