えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 01日

ドバイのゴールドスーク(アラブ首長国連邦)

ドバイのタクシー運転手の言う、世界で5番目に金が集まっているというゴールドスークですが、実際たくさんの金のアクセサリーの店がありました。私は金の相場には疎いのですが、多分割安なのでしょう。

バンコクのチャイナタウンにも多くの金のアクセサリーのお店がありますが、そこよりも多くの店があるのかも知れません。バンコクの場合は、金は貯金と同じなので、好きなデザインのものを買って、身につけて楽しんで、飽きたらそれを売ります。金は重量で売れるので、さらに大きいものを求めたり、新しいデザインのものに変えたりして楽しんでいます。

日本の場合はデザイン料が高いので、残念ながらバンコクの女性たちのような遊び方はできませんね。まぁ、日本人の目から見ると、バンコクの金の質はいいとは言っても、ちょっと光り方からみて純度が高いとは思えませんけどね。金の色は混ぜる金属によって決まるので、好みの問題なのでしょうか、私にはこちらの知識はありません、あしからず。

ドバイのゴールドスークには外国人ばかりでなく、地元の女性と思しき人たちもいましたから、バンコクのように取り替えて楽しんでいるのかも知れません。イスラム社会では宝石や金に対する考え方はどうなんでしょうねぇ。それより女性の願望の方が優先するのかもね。
e0031500_0203675.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-01 00:20


<< 煉瓦工場の煙突(イラン)      マウイ島(ハワイ) >>