えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 31日

吸血鬼ドラキュラ(ルーマニア)

8月4日から一週間のルーマニア旅行です。吸血鬼ドラキュラで有名なトランシルヴァニアにも足を伸ばそうと思っています。果たしてドラキュラ伯爵に会えるでしょうか。このお話はフィクションですから、本物の吸血鬼には会えそうもありませんが、トランシルヴァニアというのはそんな雰囲気のするところなのでしょうか。

ドラキュラ伯爵のモデルは、15世紀ワラキア公ブラド・ツェペシュ(現在のルーマニアのトランシルヴァニア地方出身)だそうです。ドラキュラの名は、彼の父が神聖ローマ帝国竜騎士団の騎士に叙任されて、その印である竜(ドラゴン)のメダルに由来するそうです。

ツェペシュとは、「串刺し公」という意味で、ワラキアへの侵略者や政敵を、見せしめのために盛んに串刺し刑に処したことからつけられた渾名だそうです。直接吸血鬼とは関係ありませんが、その残虐な行為から吸血鬼のモデルにされたのでしょう。

ところで、このツェペシュ公は祖国ルーマニアでは今でも名君として知られ、オスマン帝国支配に対して戦い抜いた英雄だそうです。公の城は今も残っており、ドラキュラ城として観光地化されているそうです。ただし、この城はツェペシュが短い期間宿泊した可能性はあっても、実際には居城ではなかったようです。ここに行けるかどうか分かりませんが、観光地なんてそんなものでしょうね。

吸血鬼ドラキュラの映画を調べてみたら、たくさんあるので驚きました。こういう怪奇恐怖映画というのは受けるものなんですね。私はドラキュラ伯爵の役者と言えば、クリストファー・リーだと思っていますが、彼の最初の作品は1958年だったそうです。続編が1973年まで続き、その後は新しい演出のものになっています。
[PR]

by elderman | 2005-07-31 11:10


<< えるだまの雑記集【案内画面】      サンタ・マリア・デレ・グラッツ... >>