えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 21日

スウェーデン(8)スカンセン

スカンセンという名前だけしか知らない私たちでしたが、せっかく勧められたのだからとその場所を探して行くことにしました。午後には飛行機でデンマークに戻らなければいけません。スカンセンという場所は船で行くのがよさそうです。私たちはフェリーを使って現地に向かいました。

スカンセンというのは巨大な公園のようです。家族で来て一日中遊んでいられるという場所です。遊園地、自然公園、歴史のある建物、かなりの広さのものです。少々二日酔い気味の我々は、自然公園のようなところを見て回ることにしました。するとそこにはスウェーデンの各地方の建築物が自然の中に展示されていました。

私たちは小高い丘に上がり、8月の終わりだというのに涼しい風に当たりながら、ストックホルムの街を見ながら、煙草を美味しく味わいました。その場から周りを見渡すと鹿と牛を飼っている小屋がありましたが、これもきっと展示物の一つなのでしょう。

最後にお土産店の並んでいるところで一軒ずつ覗いていると、突然「50円」と日本語が聞こえて来ました。聞き違えだろうと思って顔を上げるとお店の若い女性が微笑んでいるではありませんか。彼女は確かに「50円」と言ったのです。

話を聞くと、彼女はマチルダさんと言い、日本に留学していたそうで、今はお母さんとお土産店で働いていたのでした。夏休みなのでしょう、日本語でお手伝いをしていると言っていました。これまで北欧は日本から遠い国だと思っていたのですが、彼女のお陰ですごく身近に感じることができました。

(スカンセンの案内)
e0031500_127184.jpg

(スカンセンの景色)
e0031500_1156371.jpg

e0031500_11571258.jpg

e0031500_11594457.jpg

(マチルダさんとお母さん)
e0031500_1202789.jpg

(売店のおばあちゃん)
e0031500_1211721.jpg

(スカエボラ・サファイア・・・スカンセンでみつけた不思議な花です。)
e0031500_1224139.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-21 12:02


<< 『国』についてあれこれ・・・指...      マクロレンズの世界(90)クロッカス >>