えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 15日

スウェーデン(2)船のホテル

目指すホテルは、なんと客船を改造したレストラン&ホテルだったのです。こういう形式のホテルに宿泊するのは初めての経験でしたから、私は素直に喜んでしまいました。待合室、レストランを見てみましたが、なかなかのものです。

ところが寝室になるべき船室というのは非常に狭いのです。これは船という限られた空間ですから当然のことなのでしょう。船室の大きさは2畳くらいのスペースしかないのです。そこが狭いから嫌だという訳ではないのですが、私はつい好奇心で一番いい部屋がどうなっているのか知りたくなりました。

そしてフロントの女性に頼んでその一番いい部屋を見せてもらうことにしました。甲板の最上階にそのVIPルームはありました。たった一つのVIPルームです。一般の客室とは全然違う大きさです。キングサイズベッドまであるではありませんか。まるで王様や貴族のために用意されたような雰囲気です。

泊まれるのかどうかを聞いたら、幸いにその日だけは空いていました。400ドルくらいだったと思いますが、息子はソファに寝かせてるとして、私はキングサイズベッドです。うっしっし。もちろんソファーはベッドに変形できるもので睡眠には問題はありません。まぁ、話のネタになるし、一晩だけなら悪くはないなどと考えての決断でした。

チェックインしたその日はもう暗くなり始めていたので、せっかくのレストラン&ホテルですから、船の施設を楽しむことにしました。まだ、夕食には大分早い時間です。夕焼けを見ながら、ビール、アクアヴィット、ニシンの塩漬けなど北欧の味で舌鼓を打ちました。もちろんここでも200ドル以上がすっ飛びました。

(船のホテルの外観)
e0031500_217543.jpg

e0031500_218321.jpg

(ロビー)
e0031500_2185094.jpg

(VIPルーム)
e0031500_2193868.jpg

e0031500_2202370.jpg

e0031500_221992.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-15 02:21


<< ドネル・ケバブ(イラン)      スウェーデン(1)到着 >>