えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 03日

イランの料理(8)レストラン編

レストラン編の最後は、ハチネモルグと呼ばれるサフランライスの「お焦げ」の部分です。レストランのメニューですから、ピスタチオや果実で味を添えて綺麗に仕上がっています。最近の日本では電気自動炊飯器を使うと「お焦げ」はできませんが、昔はお釜で炊いていたので「お焦げ」が出来たもので、そこに醤油をかけて食べるのは美味しかったものです。今なら、焼きオニギリを作れば似たような味ができるでしょう。

イランのレストランは総じてサービス精神がないようです。ホテルは公社による経営のせいか、見かけはいいのですが、社会主義国家のような感じで、味もサービスもいまいちというものが多いように感じます。テヘランの5星ホテルでしたら、まずまずの内容だとは思いますけど・・・。

意外と美味しいのが、ランチをデリバリーしているような小さなお店です。値段も安いし、味もなかなかのものです。そうでないとお客さんが店を替えてしまうからなのでしょう。そういうことで、こちらにはサービス精神がうかがえます。

ということで、イランでは見かけの立派なレストランが、必ずしも美味しいものを提供してくれるとは限りません。最悪なのは観光地、あるいは山岳地帯のレストランです。味もひどいものですが、値段も高いときています。場所柄ということなのでしょうが、できれば避けたいものです。
e0031500_1683224.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-03 16:08


<< マクロレンズの世界(72)イン...      イランの料理(7)レストラン編 >>