えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 22日

呑兵衛の戯言(1)スコッチウイスキー

ウイスキーと言えばスコッチというくらい有名ですね。身近なものとしては、ジョニーウォーカー、シーバスリーガルというところでしょうか。少し高級になるとスウィングもいい。さらに高級となるともうロイヤル・サルートでとどめかな。ジョニーウォーカーの青ラベル非常に高価ですが、私にはとても評価できる味ではありませんでした。免税店で高価だと言うだけで売っているんじゃないかなぁ・・ 私の味覚の問題かも知れません。

ウイスキーに合うつまみと言うと、アイスクリーム、チョコレートかな。ビールと同じくらい何にでも相性がいいのが嬉しいですね。飲み方もストレート、オンザロック、水割り、ソーダ割りなどなど。コーラで割るのは感心しないけど・・・ そこまでして飲むことはないだろうって言いたくなります。

ところで西部劇などでウイスキーをストレートで飲んでいる姿を見かけますが、彼らは本当にそれが美味いと思っているのでしょうか、ずっと疑問に思っていました。ベネズエラで運転手が美味いと言っているすごく安いウイスキーを飲んでみましたが、ストレートではなんとか飲めるものの水で割ったりしたらとても飲めたものじゃないのです。ははぁ、西部劇の時代ではろくなウイスキーがないからストレートでしか飲めないんじゃないかなぁと思った次第です。まぁ、白人はアルコールに強いから割る必要もないのでしょうけどね。

ウイスキーと言えば、バンコクの飲み屋では色もなくなるくらい物凄く薄い水割りを作ります。体に悪いと信じているかのようです。私は物足らないので、自分でウイスキーを注ぎます。お客さんのウイスキーの消費が少ないとなかなか新しいボトルを入れてくれないので、濃くしてどんどん飲ましてしまえばいいのにね。バンコクの飲み屋さんでのボトルキープの期限はなんと1年が普通です。いかにもタイらしい気の長い話です。

先日北欧旅行中にバランタインの30年ものをみつけました。多少高くてもこれなら味わってみたいと思いレジに行ったら、引き続き北欧三国にいるなら免税にならないとのこと。免税じゃなければとてもじゃないが買う気はしない。せっかくみつけたのに残念。イランに戻る際ではそれを買ってもイランには持ち込めないので諦めるしかありませんでした。

普通のウイスキーはだいたい8年ものです。少し高級で12年。ロイヤル・サルートは18年だったかな。30年っていうのは破格の超高級ウイスキーということになります。

ウイスキーとの付き合いっていうのは長いなぁ。もう30年以上になるんです。サントリー、ニッカで始まったウイスキーとの付き合いですが、いろいろな思い入れがあったなぁ。・・・遠い目。

サントリー・オールドなんて学生の身では高級品でしたねぇ。サントリー・リザーブですら雲の上の存在だったなぁ。で、飲んでいたのはサントリー・ホワイトか角瓶だったのです。ちょっとレッドまでは・・・ と思っていたら担当の助教授にレッドを勧められて、美味いだろうって強要されたのには参ったなぁ。

学生の頃は、サントリーの角瓶というのがとっても格好よく思えたものです。蜂の巣のような瓶の柄も素敵でした。味も辛口で、いかにも大人の味って感じがしたものです。当時1500円くらいだったかなぁ、十分高価なウイスキーでした。という訳で手頃だったのはサントリー・ホワイトというところです。これは口当たりがいいだけのウイスキーですけどね。

親父は日本酒一辺倒だったので、家にはハイ・ニッカと称するものが長い間あったのを覚えています。それがいつ消え去ったのかは覚えていませんが、学生だった私が帰省した時に飲んでしまったのかも知れません。

スコッチを飲むなんて、当時では夢のような話でした。1ドル360円の時代ですし、海外旅行なんて夢のまた夢。ジョニ黒なんて名前は聞こえて来ますが、学生の間には味わえそうもなかったですね。ジョニーウォーカーの黒ラベルの略だと知りましたが、価格はなんと8,000円ということでとんでもなく高価なウイスキーだと思っていました。1か月の下宿代がそのくらいでしたから、実際とんでもない値段です。

働くようになってもしばらくは、スコッチは身近な存在にはなり得なかったですね。飲み屋でボトルキープなんていうのを覚えましたが、1か月キープして、1万円も払うなんて狂気の沙汰に思えました。でも、行きつけの店にボトルキープがあるとなんとなく格好がいいような気がして、いつかはと思ったものです。この頃には飲むウイスキーもサントリー・オールドに格上げになっていました。

行きつけの飲み屋というのは、職場の同僚が高校の時に一緒だった女性がやっている店でした。使用人を一人使ってやっているカウンター形式の飲み屋でした。外から見ると民芸品のお店みたいに見えるので、一見さんはちょっと入りにくいという感じです。ですからお店は常連ばかり。その頃私は近くの職員住宅に住んでいたこともあり、仕事が終わったら真っ直ぐ帰ればいいのに、一人でよく寄ったものです。
[PR]

by elderman | 2006-01-22 11:34


<< モクセンナの花の観察      マクロレンズの世界(59)ウチ... >>