えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 21日

古い記憶(17)小学一年生の頃

(自衛隊)
引っ越した町の近くには自衛隊の基地がありました。ある日、自衛隊の公開があるというので近くの年長の子供に連れられて見学に行ったことを覚えています。本物の装甲車や大砲を見るのは初めてですから強い印象があったのでしょう。

(小学校)
この時に通った小学校は今はもう跡形もありません。地元にある大きな会社が買い取ったようですが、その会社も移転したようで、今では大手スーパーの巨大なビルが建っています。去年一時帰国したときに丁度オープンだったのですが、その広い駐車場や大きなビルを見ると、自分の小学校時代を思い出さずにはいられませんでした。

もっともこの小学校の近く、建物は違いますが、私の子供たちが中学校として通っていたこともあって、それすら跡形もなくなってしまいました。つまり、その後、私の小学一年生時代に住んだ土地に、親が土地を買って家を建てたのです。今でも私の家のあるところです。もちろん住んでいるところは駅の近くの派出所ではありませんけどね。

(ラジオ番組)
この当時はまだTV時代ではありませんでした。情報はもっぱらラジオからでした。朝は「パパ、いってらっしゃい」(?)だったかな、そんな番組を聴きながら朝食をとっていたものです。「パン、パン、パンビのパンビタン♪」なんて歌が聴こえていたと思います。中村メイコが出演していました。

(相撲)
相撲中継もラジオだったのですが、あまり興味はありませんでした。転校した当初に先生からどの相撲取りが好きかなんて聞かれて、知らないと答えるのが悔しくて、たまたま名前を覚えていた相撲取りだった「玉の海」と答えたことを覚えています。先生が不思議そうな表情をしていました。私には見たこともない相撲取りの誰が好きかなんて分かるはずがありません。

後から分かりましたが、「玉の海」はマイナーな存在だったようで、当時の人気は「若乃花」や「朝汐」だったようです。なんだかピンボケな子供だったようです。「若乃花」と「朝汐」の両者ともまだ横綱になる前だったので大変な人気だったようです。

(喜びも悲しみも幾歳月)
「おいら岬の 灯台守は 妻と二人で 沖行く船の 無事を祈って 灯をかざす灯をかざす」♪ これは映画を観たので懐かしいものです。映画のテーマなんてさっぱり分かりませんでしたが、なんだか怖いシーンがあったことを覚えています。もちろん、今見たら何でもないシーンだと思いますけどね。

(三波春夫)
「おーい船方さん 船方さんよ」♪、「月がわびしい 路地裏の」♪・・・この時代だったんだなぁ。

(石原裕次郎)
「霧が流れて むせぶよな波止場」♪、「砂山の砂を 指で掘ってたら」♪・・・この手の映画は見せてもらえなかったからこの時には関心はなかったようです。

(フランク永井)
「あなたを待てば 雨が降る」♪・・・低音の魅力と言われました。

(歌手)
美空ひばり、春日八郎、若原一郎、コロンビア・ローズ、小坂一也、藤島恒夫、島倉千代子、三橋美智也、ペギー葉山・・・こういう人たちが歌っていましたねぇ。
[PR]

by elderman | 2006-01-21 20:35


<< マクロレンズの世界(59)ウチ...      ドバイの景色 >>