えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 12日

古い記憶(10)4-5歳

(おはじき)
おはじきで遊んだという記憶はありませんが、なぜか玩具箱にはありました。算数の勉強にでも使ったのかも知れません。あまり面白くなかったので覚えていないのでしょう。ビー玉も玩具箱にあったと思いますが、遊び方を知らなかったし、きれいなガラス玉という以上ではなかったようです。

(お手玉)
男の子にとってお手玉というのはまったく興味の対象ではなかったようです。歌を歌いながらお手玉で遊ぶなんてどこが面白いのかさっぱり分からないという具合です。小学校低学年の運動会競技の玉入れでは不可欠なアイテムなのでしょうけど、それ以外にはあまりお世話にはならなかったものです。女の子は多分違うんでしょうね。

女の子は「男性を手玉にとる」という練習が必要なのかなぁ・・・・

(ピストル)
この頃のピストルの玩具はモデルガンのようなものではなくて、花火の火薬がロールになっているものを詰めて、爆発音を楽しむというタイプのものでした。当時はプラスティックがまだあまりなかったのでしょう、金属が使われていました。ブリキ製の玩具がまだ全盛だった頃なのでしょう。金属製の水鉄砲というのを思い出せませんから、プラスティックが普及するようになってからの話かも知れません。

(拳銃)
そう言えば、本物の拳銃が家にはありました。スミス&ウエッソンだったかな。父親が巡査ですからあるのは当然ですね。レボルバー式のものです。子供の私にはとても重いものでした。まだ子供なので怖い武器という実感は湧かなかったものです。

(日本刀)
本物の日本刀もありました。脇差なので短いものですが、名のあるもののようです。たまに父親が手入れをしていたのを思い出しました。持たせてもらったことがありますが、やはりもの凄く重たいものでした。子供の私は玩具の日本刀の方がほしくてたまりませんでした。

(ちゃんばら)
当時の子供の遊びはちゃんばらと相場が決まっていたようです。木の枝をみつけてきてはちゃんばらごっこでした。実際に相手を叩いたりはしないのですが、斬ったり、斬られたりという真似をして遊んでたのでしょう。子供なりの筋書きがあって、順番にいい役を演ずるという遊び方だったと思います。玩具の日本刀を持ち出して来た子供なんていませんでしたね。

(アイスキャンデー)
この当時、夏になると、自転車でアイスキャンデーを売りに来たようです。チリンチリン♪だったかなぁ。自転車の後ろの荷台に保冷箱があって、その中に試験管のようなガラス器具が入っていたように記憶しています。もちろん中身だけをいただくのですが、味までは覚えていませんねぇ。ただ甘かったような気がします。アイスキャンデーとしていろんな味が登場したのはもっとずっと後のことじゃないかと思います。

最初のアイスクリームの記憶というのは定かではありません。佐倉というところに引越して、そこの駅の「いせや」のアイスクリームというのが最初だったかも知れません。当時としてはとても美味しいアイスクリームでした。値段はかなり高く、駄菓子屋のアイスクリームもどきとは段違いの値段だったと思います。

ソフトクリームはもっと後ではないかと思いますが、県庁所在地である千葉市に出て行ったときに味わったか、あるいは谷津遊園という遊園地で食べたことがあるかも・・・ うーん、思い出せない。最初に食べたときは美味しい!と思ったものです。
[PR]

by elderman | 2006-01-12 15:41


<< ぎょ!(魚)      マクロレンズの世界(49)シクラメン >>