えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 05日

古い記憶(4)4-5歳

(アルマイト)
今では骨董品のような響きですが、アルミニュームにアルマイトでメッキを施したものは当時はピカピカで新鮮なものだったのでしょう。洗面器や鍋などに使われていたようです。母親が鍋で料理を作っていて、煮込んでいるのを忘れたのでしょう、鍋が焦げて底に穴が開いてしまいました。どうするのかと思っていたら、父親がリベットとかいうものを持って来て、金鎚で叩いて穴を修理してしまいました。当時はいつまでも物を大事に使ったんですね。

(金タライ)
直径が1mもあるような大きなタライがありました。普段は洗濯に使うものですが、夏になると水遊びをさせてもらえたので、親しみを感じます。今ではタライなんて持っている家はあるのでしょうか。あっても庭のどこかに放置されているのではないでしょうか。

(洗濯板)
当時、電気洗濯機なんて気の利いた代物はありませんでした。そこで登場するのが洗濯板です。この洗濯板、痩せている人をからかうのに使われた言葉でもあって、まるで肋骨のような曲線の溝が彫ってあります。その段々でごしごし洗うということです。電気洗濯機の登場は、私が小学校に入ってからのことです。

(60W電球)
夜になると当時の家はかなり暗かったものです。裸電球というのはすっかりなくなっていましたが、60W程度の電球にカサをつけて使ったものです。カサのせいで下は明るくなりましたが、天井は薄暗いものでした。80W電球、100W電球が登場したときにはずい分明るいと思ったものです。蛍光灯の登場に至っては驚きでした。

この当時のカルチャーショックのせいでしょうか、50歳を超えるまで明るいことはいいことだと信じて疑いませんでした。最近では明るいだけでは情緒がないな、とようやく思うようになったものです。

(井戸掘り)
当時の警察の派出所には水道がないので、井戸水でした。引っ越したときには性能の悪い手こぎのポンプがありましたが、水の出が悪いので、井戸を掘り直したようです。大勢の大人たちが作業をしていたのを覚えています。井戸が出来上がる頃に、一人の男性が井戸の中を何も使わずに降りていったのには驚いたものです。手足を踏ん張って降りていったのでしょう。

(井戸水)
冷蔵庫のない時代ですから、夏の井戸水の冷たさは格別です。井戸で冷やしたスイカは夏の楽しみの一つでした。井戸水は必要なときにいちいち行くのでは面倒ですから、水瓶に貯めておきます。柄杓(ひしゃく)で水瓶から水を汲んで使ったものです。

(炊事)
それまでどうやって煮炊きしていたのか覚えていませんが、この当時は石油コンロを使っていました。ご飯を炊く大きな釜には木製の大きな蓋がついていました。自動炊飯器の便利さからは想像もできないことです。

派出所の台所のある部屋には広い板の間があって、そこで朝食を食べたことを思い出しました。お客さんでもない限り、多分夕食もそこでいただいたのでしょう。残念ながら母屋の方の様子を全然思い出すことができません。

(お櫃入れ)
炊き上がったご飯は釜のまま、麦藁で作られた「お櫃入れ」(おひついれ)に入れておきます。24時間くらいはなんとか暖かく保温できたようです。当時は冷凍庫はおろか冷蔵庫がなかったので、あまり長時間放っておくとご飯が傷んでしまったものです。お櫃は、普通は木製の容器ですから、ここでのお櫃入れはお釜入れって感じです。

(蝿帳)
高温多湿の日本の夏、残ったお数は、金網で作られた蝿帳というところに入れておいたものです。今では考えられないくらい蝿がいっぱいいたんですね。べたべたした粘着物質が付いた蝿取りリボンなんてあちこちで見たものです。
[PR]

by elderman | 2006-01-05 09:32


<< マクロレンズの世界(43)ベン...      マクロレンズの世界(42)ゼラニウム >>