えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 24日

クリスマス・ツリー(ベネズエラ)

考えてみると私はクリスマスを楽しむ国にはあまりいたことがありません。パキスタン、マレイシア、タイ、イランなどイスラム教の国か仏教の国でしたから無理もないことです。しかし、唯一カトリックの国ベネズエラに2年近く住んでいたことがありました。今日はその頃のことを思い出してクリスマス気分でも味わうことにいたしましょう。

1997年の12月だったでしょうか、ベネズエラに赴任して初めてのクリスマスです。クリスマス・ツリーの準備は12月に入る前から始めます。クリスマス・ツリーは正月を過ぎても飾っておきますから約2か月は飾られていることになります。日本のクリスマス・ツリーとはずい分違いますね。

クリスマス・イヴには花火が打ち上げられます。日本にいるときには夏の風物詩だと思っていた花火ですが、クリスマスという冬の季節に見るということには少し違和感を覚えました。ベネズエラでは雪をみることはほとんどありません。高山に行けば見ることはできますが、首都カラカス周辺ではまず見ることはありません。

ということで、ベネズエラではクリスマス・ツリーには雪の演出はまずありません。一年目は18歳のメイドとそのお友達たちに好きなようにクリスマス・ツリーを飾ってもらいましたが、何でも飾ってしまったので、まるでゴミの山みたいになってしまいました。(苦笑) 写真に見られるように彼女たちは上機嫌でしたけどね。

二枚目の写真は二年目のもので、クリスマス・ツリーに雪の演出を知らないベネズエラ人に見せるために用意したものです。もちろん、クリスマス・パーティを盛大に催したことは言うまでもないでしょう。
e0031500_032674.jpg

e0031500_044186.jpg


思い出しましたが、イランにもクリスマスツリーがありました。去年の冬ですが、タブリーズに出張したときに宿泊したホテルに飾ってあったのです。
e0031500_12261995.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-24 00:05


<< マクロレンズの世界(30)コリウス      えるだまの植物図鑑(広告) >>