えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 19日

ベトナム料理(6)スッポン

ハロン湾観光を終えて、日没を見ながらハノイに向かいました。ハロン湾は30年来の友人が案内してくれたので、私たちは本当に楽しい時間を過ごすことができました。7時間も車での往復ですから、普通は疲れてホテルに直行になるようですが、疲れを知らない私たち夫婦はまだまだ好奇心旺盛でした。

そこで、友人がスッポン料理を勧めてくれたのです。私はスッポン料理そのものの経験はありません。日本で噂だけを聞いたことがある程度です。ベトナムのスッポン料理は安いと言います。これは絶好のチャンスと思わずにはいられませんでした。家内も心を動かされたらしく、私たちはスッポンを出してくれるレストランに向かったのでした。

レストランには水槽があって生簀料理のような雰囲気でした。もちろん日本食レストランではなくてベトナム料理のレストランです。私たちがスッポン料理を食べたいと言うと、ウエイターが早速生きたスッポンを持って来て見せてくれました。私はすかさず写真を撮ったのですが、レストランでスッポンの写真を撮る人は珍しいようです。

スッポン料理の最初は甲羅と手足の唐揚げでした。本当は最初にスッポンの生き血を飲むのしょうが、これはパスしました。さっきまで生きていたスッポンの手足が生々しく見えます。写真の右端に手の爪が見えるでしょう。この唐揚げの食べられるところは、手足の肉と甲羅の周囲のゼラチン質の部分です。味の説明というのは難しいですが、妙な臭みはなく、コリコリした鶏肉という感じでしょうか。

そしてもう一品がスッポン鍋です。黄色く見えるのは厚揚げです。茶色に見えるものがスッポンの肉です。こちらのスッポン鍋も特別美味しいという感じではありませんが、意外とあっさりした味でした。スッポン料理を食べたというだけで、また是非食べてみたいというほどのものではありませんでした。
e0031500_014882.jpg

e0031500_023827.jpg

e0031500_032217.jpg

[PR]

by elderman | 2005-11-19 00:03


<< ベトナムの花(11)ヒオウギ      ベトナムの花(番外)名称不明 >>