えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 21日

ホーリー・シュライン(イラン)

ヤズドにあるホーリー・シュラインです。綺麗だったので写真を撮ってきました。モスクとホーリー・シュラインの違いは形ではなくて、その由来にあります。ホーリー・シュラインはエマムと呼ばれる聖人の息子が死んだところに建設されるそうです。マスジェデ・エマム・ザデとペルシャ語で呼びますが、ザデはエマムの息子という意味だそうで、そのモスクということになります。

照明の趣味性については好き好きがあるでしょうが、異文化の電飾ということで眺めてみてくださいな。イランでは緑の原色をよく見かけますが、イラン人は緑色には特別意味はないと言います。沙漠の国ですから緑は好対照でいいのかな。
e0031500_19191911.jpg

e0031500_19201670.jpg

e0031500_19213687.jpg




e0031500_1922526.jpg

e0031500_19234965.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-21 19:25


<< 天使の都(19)      天使の都(18) >>