えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 14日

タイ料理(3)ヤムウンセン

「ヤムウンセン」もタイ料理を代表するメニューです。女性が好きなメニューだと言われていますが、本場タイでは頭を突き抜けていくような辛さです。この辛さは唐辛子のものなので自分で作る場合には調整可能です。でもこの辛さがないとヤムウンセンを食べているという気はしませんけどね。

「ウンセン」とは「はるさめ」の意味です。材料は、はるさめの他、エビまたはイカ、豚の挽肉、玉ネギ、キクラゲ、唐辛子、ニンニク、パクチー、レモン汁、ナムプラーと言ったところでしょうか。

唐辛子で一番辛いのは、赤いものというよりも緑色の小さなものだと思います。辛いものに強い人なら大丈夫かも知れませんが、普通は口の中が火傷をしたような感じになります。水を飲んでも直りません。20分くらいはその火傷状態が続きます。ですから口にする前によく確認する必要があります。タイ人はまったく平気なので表情からは分かりません。(笑)

万が一、食べてしまった場合は牛乳とかヨーグルトが効くようです。皮膚の弱い人だと唇の周りが本当に火傷状態になるかも知れません。現地のタイ・レストランでは「マイ・ペッド」と言って注文するべきでしょう。タイ人並みの辛さは、いくら私が辛いものが好きだと言っても辛過ぎます。(汗)
e0031500_1532594.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-14 15:03


<< 天使の都(6)      天使の都(5) >>