えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

日本人の特殊性:まとめ

食事の時には「ずるずる」音を立てて汁をすすり、
仕事をする時には社長でもないのに社長のつもりで仕事をし、
ルールにうるさく、違反した人には怒鳴りつける。

どんなことでもお金に換算し、食事をすれば割り勘ばかり、
人物評価はその人自身よりも所属先、国籍から判断し、
相手を敬うポーズのためにしょっちゅう恐縮してみせる。

お客様は神様で、儲けのためなら休日も厭わず、
お米だけは特別に、神聖な食物と崇めて大事にし、
他人の目ばかりを気にして、非難するときはしかめっ面。

ジェスチャーをすれば、「私、私」と自分の鼻を指し、
あらゆるものに最高のものを求め、師匠、達人を輩出し、
親しい間でも、距離を置きながら微笑ですます。


旦那は先にどんどん歩いて奥様は後からついて行く、
プレゼンテーションをやれば地味で数字が小さくて、
挨拶では淡白なのに、別れる時にはいつまでも見送っている。

暗算が強くて、お釣りの計算は頭の中で引き算、
海外旅行では朝からどんどん回り、5つ星ホテルに滞在、
馬鹿にしたジョークには反応しないが、自虐的ギャグで大受けする。

男は泣くのを我慢して、女は構わずぽろぽろ泣き、
複数が集まれば自己主張を抑えて仲間意識を持ちたがり、
信用大事と約束は守り、決して嘘はつかない。

自己主張は抑えて、周囲の顔色を窺い、
感情問題になるからと正面切っての討議を嫌い、
出る杭は打たれるものとチームワークを優先する。


気が短いから長い単語はどんどん省略
英語でもなんでもどんどん取り入れる柔軟性
きちんとした国民性の割にはセックス産業には意外とルーズ

男女平等のように見えて実は男性社会
経済大国になったせいか外食産業大繁盛
集団決裁方式、国際会議では即断即決が苦手

おもいやりは微妙なニュアンスで表現
男性社会と思いきやその実態は100円亭主


むぅ・・・ 読んでいてちょっと辛くなって来ちゃった。(汗)
別に日本人の嫌な面を強調する気はないんで、
このシリーズの後は「日本人の良いところ」と題して
日本人のよい面に焦点を当てた原稿を書きたいと思います。^^
[PR]

by elderman | 2005-10-09 11:42


<< 秘書のおじさんの急死      世界の花(27)インパチェンス >>