えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 28日

ケバブいろいろ

イラン料理と言えばケバブ、今回はケバブのいろいろをご紹介しましょう。まず最初は一番有名なチェロゥ・ケバブです。羊の肉のケバブにバターライス、これがイランの典型的なケバブ料理です。
e0031500_035168.jpg

二番目はクビデと呼ばれるケバブで挽肉で作ります。ハンバーグみたいなので日本人には受けがいいものです。パキスタンのシシケバブは香辛料が効いていて美味しかったので、イランでも同じ味を期待したいのですが、イランのものはソフトな仕上がりなので私は胡椒をかけてしまいます。もちろんレモン汁も使います。
e0031500_043163.jpg

次は人気の高いミックス・ケバブです。チキンと羊の肉のミックスで、少し値段が高いでしょうか。チキンだけのケバブももちろんあります。海老のケバブもありますが、あまり美味しいものに当たったことがありません。焼き過ぎて硬くなったものばかりでした。
e0031500_05643.jpg

カスピ海にいるチョウザメのケバブもあります。それほど美味しいものではありませんが、いつも鱒ばかりなので、たまには目先を変えてという意味では貴重なものです。羊のケバブよりは高いと思います。
e0031500_053634.jpg

一般にケバブと言うとトルコのケバブが有名でしょうか。ドネルケバブと言います。ケバブロースターで大きな肉の塊を回転させながらあぶり焼きにします。焼き上がりを長いナイフで削ぎ落とし、ナンに野菜を挟んでいただきます。写真はドバイで撮影したものです。
e0031500_061733.jpg

最後にトルコで食べた一番美味しいと言われるケバブ、その名もエスカンダル・ケバブと言うことでアレクサンダー大王の名前が付けられています。写真はトルコのレストランで撮影しました。
e0031500_06564.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-28 00:07


<< 秋の花(7)ヒマワリ      秋の花(6)シロガネヨシ >>