えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

タグ:言葉の意味と語源 ( 22 ) タグの人気記事


2007年 02月 05日

言葉シリーズ(1)埒

思いつきでこのシリーズを始めてみようと思います。風呂に入っていて突然「埒」って何だろうって思ってしまったのです。もちろん「拉致」の方ではありません。「埒があかない」とか「不埒なやつ」とか言いますよね。だから、「埒」っていい意味のはずなんですが、「埒」という字を使った人名を知らないし・・・ はて?不思議なことだというのが始まりです。

「不埒」というのは、「法にはずれていること」、「道にそむいていること」「ふとどき」と広辞苑に出ていました。だから、「埒」というのはいい意味のはずですよね。ところが、「埒」という漢字を調べると、「馬場の周囲の柵」なんて書いてあります。それが転じて、「物事のくぎり」になったような・・・ でも、ちょっと変ですね。

「埒」は「臈次」(らっし)からの転かもしれないということも書いてあったので、「臈次」を調べてみました。意味は、「ものごとの順序」、「秩序」ということのようです。その語源を調べると、次のようでした。

「仏教では、昔、雨季など修行の旅に出かけられない時、僧が1カ所に集まって安居(あんご)と呼ばれる修行をしていたそうです。この安居のことを年臈(ねんろう)・法臈(ほうろう)といい、その臈を出家・受戒してから何回修行を重ねたかによって座席の順位を決めたそうです。その順位を表す言葉を臈次(らっし)といい、順序がたたず、無秩序・乱雑なことを「臈次がない」と言ったそうです。 」・・・以上、飛騨語林からの引用です。

どうやら「埒」というのは「臈次」からの転というのが頷けます。「埒もない」というのは、「臈次もない」だったようです。こういう語源なら、姓名に使うというのはちょっと控えたくなりますね。そして、いい意味というほどのことはないようです。

それから、「だらしがない」というのも、この「埒もない」から来ているという説もあるようです。「だらし」って何だろうと思っていましたが、意外なところに答がありました。^^
e0031500_895493.gif

[PR]

by elderman | 2007-02-05 08:05 | えるだまの観察 | Comments(12)
2006年 05月 12日

「花びら」の「びら」ってなんだろ?

「花」と「花びら」とは違いますね。「花びら」は「花弁」と漢字で書きますが、これはどうも当て字くさいです。「弁」を「びら」とは読まないでしょう。「花びら」という言葉は、水原弘の歌った「黒い花びら」という歌があったように(古い!)、標準語あるいは古くからある言葉なのでしょう。

平安時代の「栄華物語」の中に、「花びらやはらかにして」という表現があるそうです。とすると、「花びら」というのは大和言葉かも知れません。大和言葉なら、漢字はない訳で当て字をすることになるでしょう。「とびら」という単語がありますが、「扉」と今では書きますが、「戸片」との意味だそうです。そうすると、「花びら」は「花弁」ではなく「花片」とも書けるでしょうか。

「花びら」というと、特に「桜の花弁」を指すようです。日本と桜、切っても切れない関係があるようですから、桜の花びらがヒラヒラと舞うというイメージが浮かびます。花がヒラヒラで、花びら。こうはいかないのかなぁ。

「かたびら」(帷子)という言葉もありますね。几帳に掛けて隔てとした布、あるいは、裏をつけない、単衣の衣服のことです。「かたびら」の帷子という漢字も当て字のようですから、こちらも大和言葉なのでしょう。ヒラヒラした単衣の布、そんな感じです。とすると、やはり、「花びら」も「ヒラヒラ」ということから付けられた名前のような気もします。そして、「花びら」というのは「ひとえ」がよろしいようで、「八重」だと「ヒラヒラ」とは舞うことはできないでしょう。

「びら」と読みそうな漢字に「平」というものがありますが、こちらは使われないようです。「花平」と書くとなにか変ですねぇ。「花見の混雑を利用した痴漢」のような感じかな。(笑) 「平」は「たいら」という意味ですから、「花びら」の「びら」に当てるにはちょっと変です。桜の花びらは平らにも見えますが、もともとは立体的構造を持っていたものです。

「片」には、平たいという意味もあります。「一片の雲」、雲が平たいものかどうかは異論がありそうですね。「片」には、小さい、極めてわずかという意味もあります。「ひときれ」、「きれはし」という意味もありますから、「花びら」というのは「花片」と当てたい気になります。

「花弁」の「弁」には、安全弁のような「弁」という意味、弁膜のような薄い膜というような意味がありますが、「花びら」のイメージとはちょっと違いそうです。中国語では、「花弁」と言うのかも知れませんけどね。

当て字にいちゃもんをつける気はありません。「花びら」の「びら」は、昔その様子から擬態語がくっついたのかも知れません。今の時代なら、どういう擬態語が浮かぶでしょうか。「ペラ」?「ピラ」?「ヘラ」?「パラ」?「ポロ」?どれにしても、「びら」に集約しそうです。

(この原稿はネタ切れ用に用意したものです。くだらない話をアップしてすいません。)
[PR]

by elderman | 2006-05-12 09:43 | えるだまの観察 | Comments(8)