えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

タグ:独り言 ( 18 ) タグの人気記事


2007年 11月 08日

缶より瓶・・・極めてビミョーなこと

ずっと不思議に思っていたことです。ビールを飲むときにいつも思うのですが、缶ビールより瓶ビールの方が美味しく感じます。そうは言っても、瓶より缶の方がごみ捨てには便利だし、目隠しテストしたら味の区別はつかないとは思いますけど・・・

ところが先日、TVで「北大路魯山人」に関する番組をみて、ふと思いました。「食器は料理の着物」と気が付いた北大路魯山人ですが、あ、ひょっとしてこれかなと思ったのです。

軽いペラペラのアルミ缶から出てくるビールより、あの重厚でスベスベの瓶から出てくる液体の方が美味しそうに思えます。個人的には、コロナビールのような無色透明な瓶より、ハイネケンの緑の瓶の方が美味しく感じます。

ビールのグラスだって、お気に入りのものがあって、それもやはり味覚に影響を与えているように思います。ガラスが薄過ぎるのも厚過ぎるのも、どうもしっくり来ません。誇張すれば味まで違って感じてしまいます。ドイツで使われている陶器製のジョッキで飲んだら、これまたずい分感じが違いますから、ビール自体の印象も変るのではないかと思います。

茶碗でビールを飲むというのを想像したら、あまり美味しそうに思えませんね。やはり食器というのは大きな役割を持っているように思えます。私は、最上のものや贅沢なものを求めませんが、せっかくの食べ物や飲み物ですから、できるだけ大事に味わいたいと思います。

最近、缶ワインの紙パックワインが開発されているようですが、これも味覚に影響を与えるように思えます。今でも、コルクではなくて金属製の回すだけで開けられる瓶があるし、コルクでも本物でないものもあります。

「さあ、ワインを飲もう」と思い、コルク抜きからセレモニーが始まるとしたものなんですが・・・ 清涼飲料水のように開けられるというのでは・・・ これも時代の変化というのでしょうか。慣れれば、それはそれでいいとも思いますが、なんだか寂しいなぁと感じてしまいます。

やっぱり、最近スローライフといわれるように、ゆったりした時間の中で、身近なものを楽しめる余裕がほしいものです。食器だけでなく、ダイニングの照明や雰囲気というものも大事だと思うのですが、いつも多忙にしている家内をみていると、とてもそんなところまで気が回らないようです。(苦笑)

e0031500_13405962.gif

[PR]

by elderman | 2007-11-08 13:37 | えるだまの観察 | Comments(12)
2007年 09月 10日

テロとの闘い

一般の人を巻き込む無差別なテロをなくそうということに反対を唱える人はまずいないでしょう。テロ撲滅は急務だと思います。ただ、「テロとの闘い」という表現にはどうしても引っ掛かります。広い意味での「闘い」ということなら分かりますが、本当に武力をもって鎮圧するという意味での「闘い」ということなら、そんなことが果たして可能なのかという疑問を持たずにいられません。

私はキリスト教徒ではありませんが、「右の頬を打たれたら左の頬をも向けなさい」といったのはイエス・キリストだったはず。米国はキリスト教徒の多い国だと思いますが、この精神よりも「やられたら100倍にして仕返しをする」という考えの方が支持されているように思えてなりません。

真珠湾攻撃で3,000人を失えば、広島で30万人を殺すという仕返しをするし、911の同時多発テロで3,000人の被害者が出たら、その仕返しの矛先を関係のないイラクに向けて占領してしまうし、その過程でイラク人の15万人あるいはそれ以上が亡くなったと言われています。

でも、問題はテロをなくしたいのでしょう。テロリストは国という単位じゃないから、テロをやりそうな人たちを殲滅しない限り、なくならないし、暴力で無理やり鎮圧しても次から次へとテロリスト予備軍を生み出してしまうことは明らかだと思います。

米国の政治家がそんなことも分からないとは考えられないので、分かった上でやっているとしか思えません。テロをなくしたいんじゃなくて、自国の武器を使いたい、テロリストに武器を売りたいんじゃないかとさえ勘繰ってしまいます。実際、武器をなくそうというよりも反対にどんどん製造して売っているという現実があります。直接テロリストに売らなくても、テロリストたちがそういう武器を手に入れることは難しいことではないと思うのですが。

欧米の人たちの精神には、歴史的に何に対しても「征服」という考え方が根付いているようで、アジアの人々の「調和」、「協調」という考え方とは対照的だと思っています。ヨーロッパでは、その結果、小さな国がどんどん出来てしまったといえるでしょう。今はその反省か、EUという大きな集団としてまとまろうとしていますが、これは進歩と捉えたいものです。

日本政府は、米国の現在の「テロとの闘い」に本気で協力する気なのでしょうか。同盟国として協力するのはある程度仕方がないと思いますが、そもそもそのやり方が間違っているとしたら、日本まで果てしない「テロとの闘い」に引き込まれるだけになってしまうでしょう。米国のやり方とのお付き合いには慎重であってほしいと思うのでは私だけではないと思います。

日本の政治家に理念や良心があるなら、米国に向かって「今のやり方は間違っている」というメッセージを勇気を持って発信してほしいものです。
e0031500_705740.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-10 06:49 | えるだまの観察 | Comments(6)
2007年 08月 31日

少数意見

前回の衆議院選挙の際、自民党が3分の2の議席を得、私はとうとう少数派の人間になってしまったと感じたものです。あの時、私は自民党の大敗を予想したのですが、見事に裏切られてしまいました。自民党の大勝について冷静に分析すれば、自民党がそれほど多数の票を集めた訳ではなく、小選挙区制がその理由だったのですけどね。

一方米国では、あのブッシュ大統領が再選されるという、これもまた信じがたい結果が報道されました。私は、自分自身がかなり左翼的な考えになってしまったのかと疑わざるを得ませんでした。そして、日本の小泉首相は相変わらず米国との協調を主張し、有頂天に見えたものです。

米国のイラク攻撃の際、私は日本のどの新聞も信用できなくなり、世界中の新聞の論調を気にしたものです。私は、あのときは基本的にユーロニュースのスタンスを信用していました。要するにイラク攻撃は間違いであるということです。あれから、数年経った今、米国民はようやくその間違いに気がついたようです。

そして、日本国民もまたどうもおかしいということに気がつき始めたようです。郵政民営化という争点だけで衆議院選挙をやるなんてそもそもおかしいのに、日本国民はまんまとその作戦に乗せられてしまったようです。自民党に3分の2という議席を与えてしまったと、多分後悔したことと思っています。今回の参議院選挙の投票結果をみると、日本国民にはそのときの反省があるのではないかと思われます。

結果、自民党は多数の力を頼りに次々と法案の強行採決を実行したのですから、日本国民はこれは困ったことになりそうだと警戒心を持ったことでしょう。今回の参議院選挙では、いい意味でのバランス感覚が働いたのではないかと思います。

ということで、私が少数意見の持ち主だったのではなく、日本国民の方が気が長かったのだと思っています。少数意見といえば、日本共産党という政党はすごいものです。ソ連が崩壊しても、他の国で共産党という名前を止める政党が続出しても、長い間、少数派を保ち、存在し続けているのですからね。

私は、それほどユニークな意見の持ち主にはなれそうもありませんが、自分の意見だけは持ち続けて行きたいと考えています。
[PR]

by elderman | 2007-08-31 08:02 | えるだまの観察 | Comments(0)
2007年 08月 30日

小沢一郎という人

麻生太郎という人って書いてみたから、ついでに小沢一郎という人についても書いてみたいと思う。私の知性では、この人もよく分からない人の一人である。多分、マスコミに変な報道をされるので、極力マスコミの犠牲にならないようにしているんじゃないかと思ってしまう。どこか変な政治討論番組に出演しないというのは、それはそれで戦略じゃないかと思う。

民主党の党首になってからというもの、ずい分変ったというか、優しい雰囲気を一生懸命出しているようにみえる。本当は怖い人なんじゃないかと思ってしまうほど優しく映る。良かれ悪しかれもっとも政治家らしい政治家だった田中角栄氏の影響を強く受けているということらしい。それが集金能力ということでないといいと思うのだが・・・

自由民主党の中でもいろいろな考えの人たちが集まっているようだが、民主党はそれ以上の寄り合い所帯にみえる。そんな政党の党首では、口が重たくなるのは仕方がないような気もする。右にも左にもさぞかし不自由なことだろうと思う。政治家は評論家じゃないんだから、口だけ達者でも困る。

今の民主党の勢いでは、小沢一郎という人はすごい戦略家にも映るが、そもそもは自民党の敵失による結果ともみえるから、実際のところはよく分からない。今、重要課題になっている自衛隊の特措法に対する取り組みをみれば、真価が分かるようになるかも知れない。まずは、ガチンと反対表明をしたけど、これからどうするのだろうか。

20年以上前、自民党が地方の強い支持をとりつけていたが、小泉改革のせいで自民党は地方の支持基盤を完全に失ったようにみえる。そこを上手くついたのが民主党のようで、見方を変えれば、民主党が昔の自民党にみえなくもない。野党が保守的で、与党が改革を叫ぶというなんだか変な政治が現状なのではないだろうか。

小沢一郎氏が、今回の参議院選挙の大勝で浮かれていないというのは好ましい姿に映る。本当の勝負はこれからだと考えているからだろう。その勝負というのが、今の政党の姿でいくのかどうかすら、読めないというのが小沢一郎という人の不気味さかも知れない。政界再編すらやりかねないと思わせるものがある。

ともあれ、民主党の参議院選挙大勝のあと、国会での出方が気になる。与党、政府を攻撃するだけでは済まない議案が多いから、目が離せない。珍しく政治が面白くなったといえば、それはそうだが、面白いでは済まされない問題が山積している。

小沢一郎という人が本当の政治家、戦略家なのかどうか、国会のやりとりで観察させていただこう。
[PR]

by elderman | 2007-08-30 00:09 | えるだまの観察 | Comments(0)
2007年 08月 29日

麻生太郎という人

新しい自由民主党の幹事長の麻生太郎という人は不思議な人だと思う。いろいろな発言を聞いていると、小泉改革には必ずしも賛同しているようにはみえない。なのに、小泉内閣でも閣僚になっているし、小泉首相の後継者である安倍内閣でも重要な役職についている。

自己矛盾を感じていないのか、大志のために猫をかぶっているのか、国民を欺くために支持されやすい表現を選んでいるのだろうか。親しみをもたれる表情をしているせいか、マスコミも国民的に人気があると書いている。麻生太郎氏をバカだと一蹴しているブログもあるが、私にはそこまでは分からない。

麻生太郎氏は自由民主党の危機を感じて、安倍首相をサポートしようと決心したようにみえる。選挙というもっとも素直な国民の声を無視する安倍首相を支持するというのは、民主主義を尊重しない自由民主党というものを肯定したことにならないのだろうか。安倍首相をサポートするというのは自由民主党の内部分裂を恐れてのことかも知れないが、分解寸前の船に塗装し直しただけに映るのだが。

新しい閣僚を乗せた飛行機は離陸しようとしているが、ずい分重たい閣僚を乗せたようで、離陸してどこに飛んでいくのかまったく読めない感じである。麻生太郎という人が上手く軌道に乗せられるのだろうか。しかし、その前に、いったいどこを目指しているのという大きな問題がありそうである。早い話が、小泉首相時代のどこを肯定してどこを否定するのか、ここがまったく説明されていない。

ついでに書いておきたいのだが、今回の参議院選挙では自民党の強行採決で国民が大いに心配になったのだろうと思われるが、その点については安倍首相は法案を成立させた実績と考えているため、反省材料にはされていない。野党の勢力が増えたのでこれから対話すると言い出しただけである。

一触即沈と言われている泥舟内閣だが、麻生太郎氏はどうやって活路を見出していくのだろうか。彼の話をもっと聞いてみたい気がする。
[PR]

by elderman | 2007-08-29 16:22 | えるだまの観察 | Comments(2)
2007年 04月 15日

突然の親戚

いままで見ず知らずの他人が突然親戚になるなんて、不思議と言えば不思議な気分です。今日、長男の交際相手のご両親とお会いすることになっていますが、これが親戚付き合いの始まりとなる訳です。恋愛の当事者たちには必然のことでしょうが、お互いの両親にとってはまったく縁も所縁もない関係で、それが突然親戚関係になるというのですからねぇ・・・

こうして親戚関係が広がっていくのでしょうが、親が決めた結婚なら驚きもしないでしょうが、我が家の長男のように勝手に恋愛して結婚を決めてくるなんて場合、当惑というか奇妙な気分になってしまいます。長男の結婚式までにはまだいろいろな障害がありますが、とりあえず結婚を前提に家族ぐるみでのお付き合いが始まるということです。

こういうのは一般的に婚約というのでしょうか、普通なら媒酌人とか仲人とかが入るのでしょうが、そんなものは結婚式までに決めればいいかな。考えてみれば私と家内の場合でも、媒酌人はお願いしてやってもらったのですから、親子で同じようなものかも。(苦笑)

見ず知らずの人たちとお会いして食事をする、そんなことが予定されているといつものようにいろいろなことを考えてみるという余裕がなくなってしまいます。
e0031500_1115375.gif

[PR]

by elderman | 2007-04-15 10:52 | 日々の雑感 | Comments(12)
2007年 04月 13日

CMの変化

どうでもいいことなのですが、ちょっと気になりました。CMの中の台詞で、「○○だね」とか「○○だよ」という表現が登場しています。「ね」と「よ」を除くと「○○だ」という言い方です。昔、「青島だぁ!」というのがありましたが、その後に「なんか文句あっか」と続きますけどね。(笑)

つまり、お客さまは神様ですという発想から、もっと親しみのある存在というように変わったように感じられます。もちろん、出演するタレントのキャラクタに気をつけてCMを製作されているのでしょうが、こういうCMを採用した○○製菓の勇気に驚きました。

甘いものが好きな女性や子供が対象なので、丁寧語や敬語でCMを作っても遠い存在に思われてしまうということなのでしょう。若い人たちは、こういうCMを見ても、「なんじゃ?」(ムカッ)とはしないでしょうね。私が歳ってことかな。(苦笑)
e0031500_944148.jpg

[PR]

by elderman | 2007-04-13 09:04 | 日々の雑感 | Comments(2)
2007年 03月 28日

還暦のロッキー

還暦のロッキーがボクシングをするところを見たいって人はいるのでしょうか。想像しただけで痛々しいなぁ・・・ もしも、また不屈の闘志で逆転勝利なんて筋書きだったら顰蹙でしょうし・・・ どうやって映画にしたのでしょうねぇ。

日本では団塊の世代が定年退職を迎えつつあります。そんな中、還暦ロッキーの復活は受けるのでしょうか。まだまだだぁって勇気を与える映画なのかなぁ・・・ あるいは、老いなんて意識の問題で本当の肉体年齢は違うぞというサイエンスフィクションなのかな。(苦笑)

念のため、私はシルベスター・スタローンという役者が好きですし、ロッキーという作品も大好きです。そしてテーマ音楽もね。^^
e0031500_13155340.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-28 13:17 | 日々の雑感 | Comments(8)
2007年 03月 27日

えるだまの独り言(10)シュシュッシュ~♪

あまりTVを見ない私ですが、先日家事をしながらTVからの音を聴いていると、「シュシュッシュ~♪」という歌が聴こえて来ました。私は、白いテラスのこれからの利用で虫が出てくるかなと心配していたので、直ぐに「アース」だか「キンチョー」だかのスプレーの宣伝かと思ってしまいました。

TVの画面を見ると、そこにはキャメロン・ディアスが携帯電話で楽しそうに通話をしている姿があるではありませんか。どうして携帯電話の宣伝で「シュシュッシュ~♪」なのでしょうねぇ。(笑)

お聴きになりたい方は、 「こちら」でお聴きになれます。
[PR]

by elderman | 2007-03-27 11:50 | 日々の雑感 | Comments(15)
2007年 02月 10日

えるだまの独り言(9)保険のCM

困ったことに、私はときどき考え過ぎる性癖があります。このところ気になっているのが、某保険会社のTVのCMです。友人たちが多額を払っているけど、なんとか安くあげられないものかと主婦がつぶやくと・・・ そこに安い掛け金で済むという宣伝なんですけどね。

CMだからって流してしまえばいいのでしょうが、ちょっと気になるのが、子供の給食費を払わないというバカ親たちのことです。周りの人たちが払っている金額より自分が安く済めば、得したという感覚、さらに払わないで済めばもっと得・・・ そんな感情を刺激するCM、それを演出した保険会社・・・ むむむ、鋭いけど、これは問題含みなのでは・・・ なんて考え過ぎてしまいます。(苦笑)

私にはずっと払い続けている保険がありますけど、保険会社が潰れては元も子もありません。保険会社なんて新規加入目当てで自転車操業みたいなことをしているんじゃないかと勘繰っていますけど、とにかく新規加入者を増やしてもらって、後10年度にはちゃんと支払いをしてもらいたいと切に願うものです。保険会社の営業の邪魔をするようなことを言ってはいけませんね。(笑)
e0031500_8224584.jpg

[PR]

by elderman | 2007-02-10 08:13 | 日々の雑感 | Comments(8)