えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マレイシア ( 16 ) タグの人気記事


2007年 07月 18日

マレイシアで良かったこと

マレイシアで一番良かったこと、友人たちと久し振りに会えたことはもちろん一番ですが、それはちょっと別にしての話です。一番良かったこと、それは景色でも食べ物でもありません。花でも蝶でもないですよ。それは、おしゃべりができたことでした。タイで田舎暮らしでは、どうしても無口にならざるを得ません。タイ語でおしゃべりするほどの会話能力はありませんから、必然的にそうなってしまいます。

タイの田舎では、週末にやってくる友人のポイさんを待ち、英語でおしゃべりをするしかありません。この田舎では英語をまともに話せるのは彼女くらいなものです。その彼女、先週も今週もカポーにやって来ていません。今は無口な日々が続いています。レストランのグッドさん、少し英語を話せるけど、おしゃべりできるほどのレベルではありませんから、ちょっとねぇ。

その点、マレイシアでは大いに普段の欲求不満を晴らすことが出来ました。友人たちはもちろん、その周囲にいる人たちも相当英語を話します。いくらタイがスマイルの国だと言っても、冗談を言って笑うのとは違いますからねぇ。タイ語で冗談が言えたらいいんだけど、相手の冗談が分からないのも辛いかな。(苦笑)

そんなマレイシアですから、だれ彼構わず話しかけていましたけど、感じの良かった人は、東マレイシアのからの出稼ぎの女性たちでした。マレイシアでは村のことをカンポンといいますが、カンポンライフが素晴らしいと言ったら、嬉しそうにニコニコしながら同意してくれました。クアラルンプールの都会で働くのはストレスが多いことでしょう。

ふと思ったのですが、東マレイシアってすごい田舎なんですけど、彼女たちよく英語が話せるなぁ。田舎のエリート学生だったのかも知れませんね。マレイシアでも、ちょっと田舎に入ると英語は通じませんから、特殊な例だったのかも知れません。ま、それほど難しい会話はしてませんが、それでも聞き返すことなく受け答えしてくれましたから、大したものです。

インド系のウエイトレスの愛想の良かったことも印象的でした。インド系の人たちは英語が上手ですから、会話には問題はありません。私が、インド系の友人を持っているので好感を持ってくれたのかな。インド系というと、使用人のような仕事についている人が多いし、ビジネスマンならビジネスパートナーとしてのお付き合いでしょうから、日本人との友人関係というのは珍しいのかも知れません。

ともあれ、外国で気持ちよく過ごせるというのはいいことです。日本人が外国人に話しかけられて逃げてしまうというような時代は終わったかな。話しかけて逃げられたら、ちょっと嫌だなぁ。(苦笑)
e0031500_2355167.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-18 00:01 | えるだまの観察 | Comments(2)
2007年 07月 13日

ホテル・エクアトリアル

セルヴァム氏の家に招待され、二日酔いで早朝に起きるのが嫌だったために、少し空港に近いホテルに移動することにしました。こちらは新しいホテルで、一応5星という表示がありましたが、値段は100ドルを切っていました。この価格なら、バンコクより安いかも知れません。安い理由として考えられることは、クアラルンプールに少し遠いということでしょうか。

予想したよりは飲まなかったとは言え、少しは二日酔い気味ですから、午前中はスカサホテルで愚図愚図していられたので助かりました。11時半にセルヴァム氏がホテル・エクアトリアルに送ってくれるというので、ありがたく送ってもらいました。

このホテルからホテルへの移動距離は30kmくらいあります。外国でいつも思うのですが、日本では大変な距離に感じるのに外国では直ぐ近くに感じてしまいます。この距離感の違いというのはどうしてなのでしょうねぇ。日本の交通渋滞というのが頭にあるからでしょうか。

ブラジルでは500kmも走ったことがあるし、タイでは250kmをバスで走りました。日本で250kmの移動というと半日が潰れてしまうと考えてしまいますが、外国でも掛かる時間は変わらないのですが、そうは感じないということ、つまり周囲が忙しくないということなのでしょうか。

ホテル・エクアトリアルにチェックインすると、さすがに5星ホテル、気持ちのいい対応でした。もちろん、マニュアル調なものではありません。早速、翌朝のモーニングコールとタクシーの手配をして、部屋に案内されました。このホテルには、日本食レストランもあります。実は、二日前そこで、10年振りの友人たちに日本食をご馳走したのです。写真は撮りませんでしたが、こういうホテルの日本食というのはどこも同じですから、想像できるでしょ。日本の高級料亭のような感じです。

セルヴァム氏は、仕事が片付けば、一緒に夕食ができると言い残して仕事に向かいました。私は、せっかくの5星ホテルですから、豪華な施設を楽しまない手はないと考え、プールサイドで過ごすことにしました。熱帯のどこの高級ホテルでもそうですが、ヨーロッパからの長期休暇を楽しむ人たちがプールサイドでのんびりしているものです。

このホテルも例外ではありませんでした。金髪女性たちがビキニ姿で熱帯の太陽を浴びていました。近くの女性に聞いたら、オランダからとのこと、いいですねぇ。観光なんてしないで、プールサイドで読書です。日本人はいつになったらこうできるのかなぁ・・・

私は二日酔い気味ですから、さすがにビールなども飲まずに昼寝していました。寝て起きてから、カンパリソーダで喉の渇きを癒しただけです。それから、風呂にのんびり入って、セルヴァム氏を待ちましたが、仕事の片がつかないようです。私は諦めて一人で日本食レストランで好きな料理をいただきました。

ウエイトレスのインド系マレイシア人、色は黒いけどとっても美くしい方でした。私を覚えていてくれたので、いろいろ話もできて楽しかったです。日本酒の燗を4本いただいて、今度は美味しい蕎麦にありつけて満足です。満足ついでに、ロビーからライトアップされた庭園を見ながら、バニラアイスクリームとヘネシーXOで贅沢三昧にピリオドを打ちました。

翌朝、6時にモーニングコールで起こされましたが、起こされないと完全に寝過ごしてしまうところでした。そして、いつになく急いで仕度して6時半にはホテルを発ち、飛行場に向かったのでした。
e0031500_23313225.jpg

e0031500_23323889.jpg

(マレイシア旅行おわり)
[PR]

by elderman | 2007-07-13 00:01 | えるだまの観察 | Comments(0)
2007年 07月 12日

マレイシアの蝶(2)

クアラルンプールのレイクガーデンにあるバタフライパークでの撮影です。

(デヨネチャイロタテハ・・・”Vindula dejone”)
e0031500_10534562.jpg

(アオタテハモドキ・・・”junonia orithya”)
e0031500_10542022.jpg

(アナイスアサギシロチョウ・・・”Pareronia anais”)
e0031500_10545463.jpg

(コモンマダラ・・・”tirumala gautama”)
e0031500_10553016.jpg

(アカエリトリバネアゲハ・・・”Trogonoptera brookiana albescens”)
e0031500_105679.jpg

(イナズマチョウ・・・”tanaecia lepidea”)
e0031500_10564421.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-12 10:56 | えるだまの観察 | Comments(2)
2007年 07月 12日

インド料理でディナー

マレイシアの3日目の夜は、ディナーにセルヴァム氏の家に招待されていました。以前にも彼の家には2,3回招かれたことがあります。ヒンドゥの儀式の 「ディパバリ」とか 「タイプーサムのお祭」の際でしたけどね。タイプーサムのお祭は、その残酷な儀式でよく話題になります。

この10年間にいろいろあったようです。私がマレイシアを発った直後、マレイシアを襲った経済危機、それでマレイシアはずい分苦しんだようです。ホテルのサービスが効率化(低下)したのは、多分その影響もあるのでしょう。セルヴァム氏は親の勧めで結婚し、孫が出来てから、お父さんが102歳で他界したそうです。

奥様は、インド系の総合的な会社で働いています。多分、セルヴァム氏の不安定な収入では家計をまかなえないのでしょう。それでも、家にはインドネシア人のメイドさんがいましたけどね。家族が多いのとお母さんが老齢で面倒を見る人が必要なのでしょう。

4部屋ある家ですが、4世帯が一緒に住んでいるようでした。ディナーには兄弟が集まって来ましたから、一体何人が家の中にいたのでしょうねぇ。インド系マレイシア人には、長期滞在したいから部屋を一つ無料で貸してくれとはとてもお願いできません。

人数の多いということは楽しいことです。私が、セルヴァム氏の奥様から結婚式の写真の説明を受けている間に次々と兄弟や友人が集まって来ました。今回は浴びるほどはアルコール類がなかったせいか、あまり飲まずに済みました。ウイスキーとジンの二本だけだったんじゃないかな。飲兵衛はクマール氏と私くらいですから、十分な量です。

10時過ぎまで、マトンカレーをつまみにしながら、会話を楽しみました。イラン以来のマトンのカレーです。スリランカ人のシェフの作ってくれたものと同じです。懐かしい味でした。会話が弾んだ理由の一つは、セルヴァム氏の友人の一人が日本に行って来たところということで、日本の話題がたくさんあったからです。

セルヴァム氏には娘さんと息子さんがいます。娘さんは大きいのですが、息子さんはまだ2歳半、最初は人見知りしていましたが、次第に懐いて来て、最後にはセルヴァム氏が彼にニックネームをあげてほしいというので、私の名前の「あっちゃん」をあげました。^^

10時を過ぎて、いよいよインド料理でのディナーが始まりました。セルヴァム氏に勧められて初めて食べたバナナリーフが皿代わりのインド料理を思い出しました。でも、今回は皿の上です。懐かしむために私はスプーンとフォークを使わずに、手で食事をすることにしました。これも久し振りです。食べるものを指で感じるというのはなかなかいいものです。

ディナーの後、飲兵衛のクマール氏が彼のメルセデスでホテルまで送ってくれました。マレイシアはイスラム教の国です。酔っ払い運転なんてあるはずがありません。(笑)
e0031500_10302080.jpg

e0031500_10311538.jpg

e0031500_10321315.jpg

e0031500_10325564.jpg

e0031500_10334130.jpg

e0031500_10343149.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-12 10:34 | えるだまの観察 | Comments(6)
2007年 07月 11日

マレイシアの蝶(1)

クアラルンプールのレイクガーデンにあるバタフライパークでの撮影です。

(トラフタテハ・・・”parthenos sylvia”)
e0031500_1392.jpg

(エビイロイチモンジ・・・”moduza procris”)
e0031500_134646.jpg

(キシタアゲハ・・・”troides aeacus”)
e0031500_143599.jpg

(ツマベニチョウ・・・”hebomoia glaucippe”)
e0031500_15364.jpg

(オナガタイマイ・・・”graphium antiphates”)
e0031500_153817.jpg

(アオスジアゲハ・・・”graphium sarpedon”)
e0031500_161470.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-11 01:06 | えるだまの観察 | Comments(2)
2007年 07月 11日

ジャーマン・パブレストラン

マレイシアの三日目は、前に働いていた職場とは離れて、インド系マレイシア人の友人セルヴァム氏と過ごしました。翌日の早朝にタイに戻る予定だったのですが、セルヴァム氏に夕食を招待されたので、飲み過ぎるんじゃないかと懸念して、延泊を決定したのでした。

二日酔い状態で、早朝から飛行機に乗り、プーケットに着いてから4時間半もバスに乗らなければいけないのですから、慎重にもなります。そして、そもそも急いでタイに戻る理由もありません。セルヴァム氏のメルセデスで、マレイシア航空のチケットカウンターに行き、フライトの変更をし、レイクガーデンに連れて行ってもらいました。

セルヴァム氏は仕事があるので、12時半に迎えに来てくれるということで、私は、レイクガーデンの中にあるオーキッドガーデンとバタフライパークを見学しました。その他にバードパークやハイビスカスガーデンなどもあり、クラルンプールの中の観光名所になっているところです。

私がいた頃に日本からのお客さんたちを案内したりしたので、この場所には何回か足を運んだことがあります。10年振りの来訪ということになるでしょうか。この地区は、昔のままでした。変わったのは、日本人観光客が減って、中東からの観光客が増えているということでしょうか。話をした人は、イラン人、オマーン人でした。イラン人、ペルシャ語で言葉を交わしたのに、イラン人には珍しく無愛想な人たちでした。(苦笑)

蘭と蝶については別にご紹介いたしますね。

12時半にセルヴァム氏とクマール氏が現れ、何を食べたいかと聞かれたので、私は洋食を食べたいとリクエストしました。夜はインド料理に決まっていますから、何でもいいと言うとインド料理のレストランに連れて行かれてしまう可能性がありますからね。(笑)

最初に案内されたレストランには、ワインが置いてありませんでした。私は、「ワインのない洋食なんて意味がない、洋食に飢えている今は妥協できない」と言うと、セルヴァム氏はその店を出て、次に案内してくれたのが、ジャーマン・パブレストランでした。マレイシアはイスラム教の国でもありますが、こういうお店があるというのが嬉しいところです。値段も高くありませんでした。

マレー系マレイシア人とのお付き合いでは飲酒はできるだけ控えますが、インド系マレイシア人とは自由に楽しめます。中国系マレイシア人も自由ですね。昔ちょっと付き合いのあった中国系の人、名前も連絡先も忘れてしまいました。(汗)

(移動はいつもこのメルセデス)
e0031500_048399.jpg

(ジャーマン・パブレストラン)
e0031500_0494633.jpg

(三人の写真・・・私は赤ワイン、彼らはビール)
e0031500_050478.jpg

(私の食べたステーキ・・・インド人の前で牛肉を食べちゃった。汗)
e0031500_052735.jpg

(チキンの唐揚)
e0031500_0525263.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-11 00:53 | 日々の雑感 | Comments(4)
2007年 07月 10日

マレイシア農業大学のアズマン氏と再会

少し仕事の話になってしまって恐縮です。私は20年前にもマレイシアに行ったことがありますが、その時には北海道大学の井上教授(故人)にお会いできるのを楽しみにクアラルンプールに行ったものです。教授とは学会で知り合うことができて、大変感激したものです。

その教授の教え子でもあるのが、今回再会したマレイシア農業大学(UPM)のアズマン博士です。12年前に仕事でクアラルンプールに行ったときも、直ぐに彼に会い、いろいろ仕事の上での話し合いをしたものです。今は、エネルギー省の仕事もしているとのことで、ますますマレイシアの大気汚染に関してリーダーシップを発揮されているようで嬉しく思いました。

10年振りの再会でしたが、彼は私のポニーテールを見てヒッピーのようだと言いました。大学の先生ともなるとそういう目で見るんですね。(苦笑) 私は、この髪型はサムライの末裔だからで、ヒッピーじゃないと答えましたけどね。(笑)

切腹(ハラキリ)の話になって、私は切腹なんてしないけど、武士道では、もしも、家臣が、殿様が恩に感じるほどの活躍をした場合でも切腹することがあるって話したら、半分くらい理解してくれたようです。殿様より優れた活躍をしたから・・・という理解のようでした。

環境局の仲間と一緒にアズマン氏のところを訪問したのですが、ちゃっかりと昼食をご馳走になってしまいました。エネルギー省の方がお金持ちということでしょうか。私にとっては久し振りのスパゲッティ、いや洋食です。これは忘れられないことかも。(笑)

レストランは、KFCのような感じのフライドチキンのお店でした。このお店に限らず、マレイシア人の食事というものは比較的質素なものです。ま、それでマレイシアで田舎暮らしが難しいということにもなるのですが・・・ 余程覚悟して掛からないと難しいと思います。まだまだ贅沢暮らしから抜け出せないというか、田舎でもタイ料理の豊富さに感心してしまいます。
e0031500_1284646.jpg

(レストランの料理)
e0031500_1293483.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-10 01:29 | えるだまの観察 | Comments(8)
2007年 07月 09日

プトラジャヤ

マレイシアでは、よく「なんとかジャヤ」という名前があります。茶屋という感じで、三軒茶屋なんてイメージしてしまいます。プタリンジャヤ、スパンジャヤ、そしてプトラジャヤなどがありますが、今回はそのうちのプトラジャヤの話題です。

10年前には影も形もなかった巨大建築物がたくさん建築されていました。ノルハスニ女史によると米国のワシントンDCを真似て、政府機関を集めたそうです。首都の交通渋滞など混雑を緩和する手段としては大いに歓迎されるものでしょう。広々とした土地にデザインの違う各省庁の建物が建ち並んでいました。

地区の中央に湖があるのですが、全体的に上手くデザインしたのでしょうが、どこを見てもどこかで見たことがあるという雰囲気は否めません。湖に面したところには、シンガポールのビクトリア・ウォークのような散歩道があって、マーライオンを探したくなってしまいます。

モスクは大きいのですが、造りが現代的というか、イランやトルコのものに比べるとどうにも軽く見えてしまいます。案内してくれたノルハスニ女史を見ていても、中央政府が国力を誇示しているかのようなこの地区を誇りに思っているような様子は全然ありませんでした。

プトラジャヤをみて、発展途上国であったマレイシアがここまで来たかという印象は与えてくれましたが、ドバイなどと同様に石油や天然ガスという天然資源による資金だと思うと複雑な気持ちになります。単純に観光でクアラルンプールを訪れた人は、「わー、大きい、きれい」と感じるとは思いますけどね。

ノルハスニ女史の月給について聞くと、1500ドルくらいということでした。40歳の課長としては、日本の半額でしょうか。そして、給料が上がっても物価が上がっているので暮らしが楽になった感じはないそうです。日本と同じような状況だと思いました。”Look East”を提唱したのはマハティール前首相ですが、経済力、インフラなど国力は向上したもののマイナスの部分まで日本の後を追いかけてしまったような気がします。

広々とした場所に計画的に都市計画をした割には、交通渋滞があります。住む人まで移転させる訳にはいかないので、こういう問題が出てしまうのでしょう。そして、地下鉄やモノレールなどが、まだネットワークとして機能していない問題点がありました。車を使わないと不便でしょうがないという状況では大量輸送手段を利用する人の数の増加は望めないでしょう。

(大通り・・・左右に各省庁の建物が並んでいます)
e0031500_43621.jpg

(建物の一つ・・・イスラム教の雰囲気を大事にしているようです)
e0031500_445317.jpg

(大きなモスク・・・イランやトルコの重厚なモスクを比較すると軽く見えてしまいます)
e0031500_455389.jpg

(中央にある湖・・・全体的にシンガポールかドバイという感じです))
e0031500_463381.jpg

(湖に掛かる橋・・・なんだかイランのエスファハンにある橋を思い出します)
e0031500_473959.jpg

(売店の様子・・・マレイシア料理は全体的に質素です)
e0031500_484254.jpg

e0031500_494899.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-09 04:03 | えるだまの観察 | Comments(10)
2007年 07月 08日

12年前に滞在したホテル

12年前にマレイシアに行き、2年間滞在しましたが、その時はアパートではなく、長期滞在者用のホテルに滞在していました。当時は、まだ新しい施設だったので、割り合い高級感がありました。しかし、それから10年ですから、ホテルの格は落ち、建物も大分傷んで来ていました。それでも、部屋の中はほとんど同じだったので昔を懐かしく思い出すことができました。

クアラルンプールでは、引き続き開発がどんどん行われ、新しいホテルも次々に建設されています。旧市街地はもういっぱいなので、70km南に建設された国際空港(KLIA)とクアラルンプールの間での開発が盛んです。私が見たこともない施設がたくさん出来ていたのは、そういう場所です。

したがって、新しいホテルができるとホテルで働いているスタッフが経験者としてどんどん引き抜かれていくので、二流のホテルでは従業員の確保が容易ではないはずです。今、クアラルンプールの中心街に宿泊されるなら、5星クラスの名のあるホテルでないと気持ちのいい滞在は難しいと思います。

スカサホテルの同系列のミカサホテルは、今でも高級感を保っていましたが、多分営業上の理由で客層を振り分けたのでしょう。スカサホテルは今や、団体客専門のホテルになっているようです。サービス面では、昔と比較することができないほどの内容になってしまっていました。

以前なら、このホテルの施設で、食事や飲み物を楽しめたのですが、大きなレストランは閉鎖されているし、今ではそんなことはとても無理です。宿泊代は、朝食付きで一泊6000円くらいですから、それなりに安いので、まぁ、文句も言えないというところでしょうか。

しかし、市街地から少し離れた新興開発地区の5星ホテルでも100ドル以下で宿泊できますから、必ずしも安いとは言えないかも知れません。クアラルンプールは広範囲に開発されているので、それぞれの地区への移動には、だいたい20~30kmくらいの距離を移動することになってしまいます。

(入り口)
e0031500_11152872.jpg

(外観)
e0031500_1116225.jpg

(ロビー)
e0031500_11171162.jpg

(プールサイドで朝食・・・見かけはいいかも知れませんが、朝食の内容はひどいものです)
e0031500_11181360.jpg

(部屋の内部・・・寝室と居間のあるスイートルームです)
e0031500_11191562.jpg

e0031500_1119553.jpg

(自炊もできます)
e0031500_1120436.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-08 11:21 | えるだまの観察 | Comments(0)
2007年 07月 08日

今と10年前のクアラルンプール

ほとんど同じ視点で撮影することができました。10年前と今のクアラルンプールとの比較も面白いかも知れません。解説は後でゆっくりとお話することにいたしましょう。まずは、百聞は一見にしかずということで。

(現在の市街地中心部)
e0031500_23532331.jpg

(10年前の市街地中心部)
e0031500_23535893.jpg

(現在のジャラン・アンパン)
e0031500_23545056.jpg

(10年前のジャラン・アンパン)
e0031500_2355413.jpg

(おまけ・・・現在の夜景です。^^)
e0031500_23563233.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-08 00:01 | えるだまの観察 | Comments(6)