えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

タグ:タイで田舎暮らし ( 149 ) タグの人気記事


2007年 06月 29日

タイ人と花と動物

私が熱帯の花の写真を撮るのはもっぱら民家の垣根か庭です。普通のところに行くと、熱帯特有のいくつかの派手な花を除いて、綺麗な花はほとんどありません。普通のところで見られるものを挙げると、百日紅、野牡丹、崑崙花、赤道桜草、鳳凰木、緋桐などでしょうか。

ということで、熱帯の植物を探すのには、一般住宅地が格好の場所です。庭には食べられる実のなる木があるし、垣根にも色とりどりの熱帯植物が植えられています。花を好きな人は、熱帯、温帯に限らずどこにもたくさんいらっしゃいます。タイ人のお宅はどこも花で溢れています。私のいる下宿先の庭は500坪もありますが、植物の種類を数えたら100種類以上はあるんじゃないかと思います。

朝市で花屋さんが出ていますが、やはり地元の人も綺麗な花を求めるようです。サトイモ科の観葉植物のカラジウムはどこでも見られるので、さすがに置いてありませんでしたけどね。タイ人のお宅をみていると、樹木は実が食べられるもの、花は香りのいいものが多いようです。これまでにご紹介した熱帯の植物のうち、半分くらいは芳香があるものだろうと思います。

それから、タイ人は動物がとても好きなようです。どこの家でもだいたい犬がいて、猫もいますね。そして、小鳥が飼われています。私にはカゴに入れられた鳥って可哀想に見えてしょうがないのですが、飼っている人には、鳴き声といい姿といい可愛いのでしょうね。

下宿先の二匹の犬は、主食がご飯のようです。おばさんが、犬専用の炊飯器(犬専用のものがある訳ではなく、古くなった炊飯器)でご飯を用意していました。おじさんは、人間の食べるものなら何でも食べると言っていました。骨付きの鶏肉の残りも、どんどん与えていました。日本では、鶏の骨は犬によくないなんて聞いていましたが、これは迷信なのでしょうかねぇ。日本の犬が過保護なのかな。
e0031500_23422570.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-29 00:05 | えるだまの観察 | Comments(12)
2007年 06月 28日

体調不良

タイの田舎に来た当初軽い風邪を引きましたが、それも一日で回復して、それ以来、下痢すらせずにここまで来ました。今回も下痢はしていませんが、朝に軽い腹痛を感じました。どうやらお腹を冷やしたようです。昨夜、いつになく寒いと感じるほどだったので、エアコンはもちろん使っていませんが、そのせいだと思います。

私は、海外で何回も下痢の経験がありますから、あまり心配はしませんが、様子は慎重にみています。朝は普通にアメリカンブレックファーストでしたが、お昼にはちょっと心配になって雑炊にしました。せっかくいい天気になったのに、体調不良では外出する気がしなくなります。洗濯はしましたけどね。^^

今、午後4時です。少し空腹になって来ました。お腹の調子が戻って来たようです。熱帯の国で体調不良をもたらしたのが、寒い夜というのですから、何だか皮肉っぽく思えます。暑過ぎて体調を崩すというのなら、分かるような気がしますけどね。(苦笑)

私は海外で単身赴任の生活をずっとして来ましたから、自分の体調は自分でしっかりと管理することは習慣になっています。まずは、様子をしっかりと観察して、対処方法を考えます。下痢はしていないので、薬に頼る必要はないようです。今回のものは冷えが原因のようですが、風邪の可能性もあるので、水分補給以外に栄養補給の問題も考えないといけません。

様子をみる上で役に立つのが煙草です。消化器系に障害があると、直ぐに味覚に影響があります。いつもと味が違うし、あまり美味しくないものです。喫煙っていい健康状態センサーなんです。今は味覚に影響が出るほどじゃないので、実際軽症だと思っています。

風邪よりも内臓の病気の方が治りが悪いので、まずは消化器系を正常に戻すことが優先だと考えています。消化のいいものを食べて栄養補給をすることにします。こういう時は、さずがにアルコールはいけませんね。飲みたいけど、回復を遅らせてしまいますから。でも、ちょっとならいいか・・・ この辺が意志の弱いところかな。(苦笑)
e0031500_1893118.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-28 18:06 | 日々の雑感 | Comments(10)
2007年 06月 28日

タイで田舎暮らしの進捗状況

5月24日に立てた目標は次のとおりでした。

1)タイの食材で美味しいものを作ってみる・・・研究の価値あり。^^
2)ラノン(約50km)まで自転車で行ってみる・・・ちょっとバカバカしいか。車あるしね。
3)植物図鑑に新種を100ほど追加する・・・種名を調べるのはかなり難しいけどね。
4)タイの犬と人間の関係を調べる・・・これも面白い課題かも。
5)朝市の人たち、朝市が終わったら何をしているんだろ?・・・調べてみるか。(笑)
6)下宿先の人は何をしているんだろ?・・・まだよく分かっていません。(汗)
7)ミヤンマーを訪問する・・・これはビザの更新でしないといけません。
8)アンダマン海まで自転車で出てみる・・・数kmのはず。ただ山道なのでねぇ・・・
9)地元の誰かと仲良しになってその家に宿泊する・・・あはは、これはできるかな?
10)村の人たちが何をして稼いでいるのか・・・調べてみたいな。

1)レストランの発見で挫折でした。(苦笑)×
2)ちょっとバカバカしいですね。×
3)これは達成しました。既に120種は追加しています。^^○
4)タイの犬の観察はやりました。○
5)朝市の人たちのことを忘れていました。(汗)×
6)下宿先の人たちのことはかなり分かって来ました。○
7)ミャンマーには行って来ました。^^○
8)アンダマン海には村の北と南の両方から攻めてみました。^^○
9)地元の人と仲良しと言っても、まだそこまでじゃないですね。×
10)村の人、よく家にいるけど、何をしているんでしょうねぇ。×

ということで、目標の半分を達成ということですね。そして、大きなテーマの「便利さと引き換えに失ったもの」ということについても考えてみました。考察の結果は、残念ながら失ったものは取り戻せそうもないということでした。

一週間後にはマレイシアに小旅行して来ます。今は、第二段階の倦怠の時期に入ったようなので、マレイシア小旅行は丁度いいタイミングだったかも知れません。マレイシアから戻ってからが問題でしょうか。何をしようかなぁ・・・・
e0031500_0142499.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-28 00:06 | えるだまの観察 | Comments(6)
2007年 06月 27日

西洋料理にありつきました。^^

実のところ、連日のタイ料理に飽きが来ていたところです。小雨模様の中、お昼に行きつけのレストランに行って、「何か新しいメニューはある?」って訊いたら、シェフのグッドさんが用意してくれたのは、魚フライのタルタルソースにグリーンサラダでした。これってタイ料理じゃないじゃん。^^

久し振りの西洋料理でした。レストランのグッドさん、どうやら朝市でタルタルソースを買ったようです。私たちが馴染みのタルタルソースよりかなり甘いものでしたが、久し振りの西洋料理ですから、とても美味しく感じました。どういう訳か、異国でのビンボー生活というのはささやかな幸せをもたらしてくれるようです。^^

レストランのグッドさん、サムイ島のレストランで料理を学んだとは聞いていましたが、ひょっとして一流ホテルのレストランかと思い、その点を聞いたら、普通のタイレストランだったということです。西洋料理は彼女の好奇心から出たことか、あるいは私のことを考えてのことか、どちらにしても私には嬉しいことでした。

タイの田舎でレストランをみつけて喜びましたが、そのレストランで洋食までサービスされるとなると、ますます天国ってことになりますねぇ。長く滞在すると、意外なこと、嬉しいこと、いろいろなことに出遭えます。この際ですから、グッドさんにもっと西洋料理や日本料理を教えてあげようかと言いましたが、村人が食べないと却下されてしまいました。(苦笑)

ともあれ、これで食べ物のレパートリーが広がったというものです。タイ料理はいいのですが、たまには違った料理も食べたくなります。日本料理は、まず無理ですが、どうしてもというときは、自分で現地の素材で作ればいいだけのことです。肉じゃがならできますけどね。^^

そして、さらに村にあるオーキッド・ガーデンを案内してくれるという申し出までありました。おお、彼女とデート。^^ 今週の土曜日ですが、雨の多いこの地域です、どうなることやら。ま、あんまり期待しないで、土曜日を待つことにしましょ。
e0031500_15291354.jpg

(注)雨模様だったのでカメラを持参しませんでした。

(追伸)
夕食にまたレストランに行ったのですが、食事をしていたらグッドさんのお父さんが私のテーブルのところに来て、バスケットに入ったマンゴスチンとランブータンを食べるようにとくださいました。タイ語で説明してくれるのですが、どうやら庭の木から落ちて来たものだと言っているようでした。^^

私は、ヤムウンセンを食べていたのですが、このレストランとても量が多いので、ヤムウンセンだけでお腹がいっぱいになってしまうほどです。それでも、いつもはもう一品注文するのが普通なんですけど、今日は果物を食べてしまったので、お腹がいっぱいになってしまいました。夕食代、約200円。^^

グッドさんのお父さん、とても優しい風貌の持ち主で、実際に優しい人です。意外だったのは、最初に会ったときに「友達」と言ってくれたことです。こういうことがあるから、親日の国っていいですねぇ。実は、先日私は友達と言われてを気をよくしたので、日本からのお土産(扇子と手拭)をグッドさんのお母さんに差し上げたんです。そのお礼の意味もあるのかな。^^
[PR]

by elderman | 2007-06-27 15:20 | 日々の雑感 | Comments(18)
2007年 06月 27日

タイのブランデー・・・Regency VSOP

私はみなさんがご存知ように飲兵衛です。そして、味にはかなりうるさい方だと思います。今回、遭遇したタイのブランデー、これには正直驚いています。なにしろ熱帯の国のタイです。美味しい葡萄ができるとは思えません。ブランデーもメコンウイスキー並みの味だろうという先入観を持つのが当然でしょう。

因みに、メコンウイスキーというのはお米が原料だそうです。道理で妙な味がした訳です。お米が原料で蒸留酒なら焼酎あるいはウォッカと表現するべきでしょうが、色がウイスキーのような色なのでタイ製のウイスキーという呼び名を選んだのでしょうか。樽から出た色とはちょっと思えませんけどね。

ブランデーの話に戻りましょう。以前、ラノンに買出しに行ったときにリゾートホテルに宿泊しましたが、その時はウイスキーなどを持参していませんでした。飲兵衛の私は、ビールだけではどうにも物足らないので、ホテルのスタッフ、あの可愛いマイーさんにウイスキーがないかどうか聞いたのです。そうしたら、ブランデーならあるというので、それを求めました。彼女が出してくれたものなら、多少不味くても美味しく感じるだろうという具合です。(笑)

ボトルには、”Regency VSOP”と書いてありました。確かにブランデーのようです。半信半疑で飲んでみたら、それが意外に飲めるんです。ポケットボトル(大瓶の半分じゃないかな)ですが、全部空けてしまいました。翌日二日酔いもなくすっきりしていましたから、アルコールとしても悪くないようです。サイトで調べてみると、安ブランデーなんてこき下ろしているコメントもありましたが、こういう人たちはまだブランデーの味を知らないんじゃないかな。

美味しいと言っても、程度がありますが、700ccボトルで2000円くらいなので、その値段に対しての評価ということになります。タイで2000円ですから、決して安いとは言えません。輸入もののジョニ黒が3500円くらいするし、タイ製のウイスキーが500円くらいですから、国産ものとしてはかなり高いと言えるでしょう。サントリーのVSOPといい勝負だと思います。ちょっと甘いから、クルボアジェ系の味と言えばいいかな。

飲兵衛えるだまとしては、この”Regency VSOP”を美味しいと認めたいと思います。タイに住んだら、シンハ・ビール、チャーン・ビールとこれがあれば、輸入ものがなくてもいいかな。あ、いいウイスキーがないですね。

しかし、疑問が残ります。どうして、葡萄の産地でもないタイでこんなブランデーが生産できるのでしょうねぇ。葡萄をそもそも見かけないんですからねぇ。タイの北部あるいはラオス、ひょっとして中国で葡萄が栽培されているのでしょうか。こういう疑問は解決したいものです。

(調査結果)
なんと東北タイのルーイ県で葡萄の栽培が行われていました。フランスのボルドー醸造研究所の指導を受けてどの種類の葡萄が適しているかを調査研究し、1996年から製品としてのワインが市場に出るようになったそうです。

タイのワイン、シラク前大統領がなかなかいけるとコメントして注目を浴びるようになったといいます。「シャトー・ドゥ・ルーイ」というワインだそうですから、みつけて飲んでみたいものです。こういう背景があるなら、美味しいブランデーが存在しても不思議ではありません。一つの謎が解けました。
e0031500_0231728.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-27 00:24 | えるだまの観察 | Comments(0)
2007年 06月 27日

ワインを飲んでしまいました。^^

どういう訳か、無性にワインが飲みたくなりました。ビール、ウイスキーに飽きて来たのでしょう。そして、ワインはスーパーマーケットで売っているのです。今回買ったものは、名のあるカリフォルニアワインでした。これなら失敗がないので安心できます。

買ったのは、もちろん赤です。「あ、ワインオープナーがない!」と思ったら、ソムリエが使うようなオープナーが500円くらいで置いてありました。使い捨てで良かったのですが、あまりにいいものなので日本へのお土産にします。日本だったら、1500円くらいしそうです。^^

ワインを早速レストランに持ち込みました。まだ12時です。飲みたいときが、飲むときです。これは、ベネズエラで身についた習慣です。人生楽しめるときに楽しまないとね。レストランにはワイングラスなんて気の利いたものはありませんでした。ビール用の小さなジョッキでワインを飲んだのは生まれて初めてじゃないかな。氷を一個落として少し冷やしました。

久し振りのワインは、美味しかったなぁ。ささやかな幸せを味わいました。日本では目もくれないカリフォルニアワインでしたが、こんなに美味しかったとは。田舎暮らしのご利益でしょうか。これまでワインを飲まなかったのは、単に経済的理由からです。ワインが一番高くつきますからね。今回のものは約1500円、それで一回でお仕舞いですから、不経済というものです。ウイスキーだったら4回くらいは飲めますからね。

ところで、タイ料理とワインって不思議と相性がいいのです。前から不思議に思っていたことなんですが、どうしてでしょうねぇ。タイ料理の味が濃いからでしょうか、油を結構使っているからかな。辛い味とワインの相性もいいようです。カレーにはビールがいいかな。でも、食事をしながら飲めるアルコールと言ったら、やっぱりワインと日本酒でしょうね。

ワインって例外的にアルカリ性の飲料ですよね。ですから、酸性化した体の調整にいいみたいです。ときどき飲みたくなるのはそのせいじゃないかと思っています。飲兵衛の正当化に過ぎないかな。(笑)

(注)私はワインと言えば、ボルドー専門でしたが、無職になってからは、スペインワインに転向していました。イタリアワインもいいですね。
e0031500_22183738.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-27 00:01 | 日々の雑感 | Comments(8)
2007年 06月 26日

本場の味・・・ナムプラー

日本で私の住んでいる地域では、一種類のナムプラーが買えますが、本場で味わえるような美味しいナムプラーはないようです。本場のタイのナムプラーについてご紹介しましょう。日本でみつけたらラッキーですね。

写真の一番左が、現地の人のお勧めです。イカの絵がありますが、カタクチイワシの他にイカも原料に使っているのでしょうか。左から二番目も悪くはありません、むしろこちらの方が普通に思えます。一番右は、タイ料理に欠かせないオイスターソースです。
e0031500_1523914.jpg

(注)ナムプラーをご存知ない方のために
ナムプラーは、直訳すると「魚の水」になります。魚を醗酵させて作った「魚醤」と言われるもので、日本の醤油のようなものです。日本では、秋田県に「しょっつる」という魚醤があります。ちょっと生臭い匂いがありますが、旨味成分があるのでしょう、塩辛いだけでなく料理を美味しくしてくれます。

[PR]

by elderman | 2007-06-26 15:05 | えるだまの観察 | Comments(10)
2007年 06月 26日

リスのジャンプ

私のいる部屋から見える椰子の木にいつもリスが現れ、枝をつたって別の木に移って行きます。写真に撮れないかとは思っているのですが、現れては直ぐにいなくなってしまうので、なかなか撮影できませんでした。

リスの登場・・・尻尾がフサフサじゃないとネズミと同じじゃない?(笑)
e0031500_013419.jpg

するする・・・
e0031500_0135755.jpg

ぴょ~ん♪
e0031500_01583.jpg

なんちゅう格好やねん・・・ももんがの真似?(笑)
e0031500_016130.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-26 00:16 | マクロレンズの世界 | Comments(12)
2007年 06月 25日

スーア(虎)ちゃん

レストランにいるスーアちゃん、訳せば、虎ちゃんです。
e0031500_131650100.jpg

置物みたい。^^
e0031500_13173678.jpg

ごろにゃん・・・ブレちゃった。自分を撮るのは難しいですね。(汗)
e0031500_13184157.jpg


★お知らせ★ ホヤ・メリフルアの写真を追加してあります。

More 爬虫類の嫌いな方は開けないでくださいね
[PR]

by elderman | 2007-06-25 13:21 | 日々の雑感 | Comments(14)
2007年 06月 25日

カポー村の様子

私の滞在しているカポー村、その様子をご紹介しますね。朝市、レストラン、土曜市場の様子は既にご紹介したので、今回はそれ以外の施設です。

プーケットとラノン(バンコクまで行ける)を結ぶ道路が村を突っ切っています。タイ湾の方にある道路の方がメインのようで、ラノンを抜けるアンダマン海沿いの道路はマイナーなようです。ですから、交通量はあまりありません。
e0031500_93478.jpg

私の下宿先からカポー村に行くと、橋を渡って直ぐ右手にスーパーマーケットがあります。このスーパーで、私はアルコール類、タバコ、ジュース、カップ麺などを買います。
e0031500_9345835.jpg

スーパーの中はこんな感じ。生鮮食品は置いてありません。朝市との競合を避けているのかな。音楽CDもこちらで買えます。すでに4枚も買ってしまいました。
e0031500_936166.jpg

スーパーの反対側の手前には自転車屋さんがあります。この自転車屋さんは、家具の販売が主力のようです。この自転車屋さんの右隣に行きつけのレストランがあります。
e0031500_9393653.jpg

自転車屋さんから始まるこっち側の通りが、村で一番賑やかなところでしょうか。銀行もあります。インターネット、コピーサービスなんかもありますよ。
e0031500_9403981.jpg

もうちょっと進むと右手に警察署の立派な建物があります。この村だけでなく、この周辺では警察署が一番立派な建物にみえます。平和な村で仕事があるのでしょうかね。
e0031500_9413446.jpg

さらに進んで左手には、朝市と普通の小売店があります。朝市は10時頃には閉まってしまいますが、小売店はずっと営業していて、スーパーと同じようなものを売っています。
e0031500_942332.jpg

そこから、左手の道路に入って行くと、先日行ったカラオケ屋さんがあります。昼間はシャッターを閉めてあるので、チャーンビールの宣伝だけがカラオケ屋であることを物語っていますね。
e0031500_943472.jpg

さらに、進むと病院、学校、郵便局などがあります。カポー村、1000人くらいの規模じゃないかと思いますが、もっといるのかな。
[PR]

by elderman | 2007-06-25 09:45 | 日々の雑感 | Comments(12)