タグ:タイで田舎暮らし ( 149 ) タグの人気記事


2007年 07月 14日

残り三週間に

タイで田舎暮らし、3か月を目標にサバイバルライフを楽しんで来ましたが、残りが3週間となるとちょっと寂しいような気がしています。村人たちは、あの変な日本人、まだいるよって言っていることと思いますが、それを乗り切るのが長期滞在というもので。^^

突然現れて、3か月したら忽然と消えてしまうというのは、なんだか寂しい気がします。ま、それで12月に短期間でも再来訪と考えてはいるのですけどね。

滞在してみて、このカポー村というのが、地理的にも気候的にも孤立しがちで、それだからこそロストワールドが現存しているということが分かりました。私のような先進国で経済大国の日本から来た異邦人が、この平和な村を乱してはいけないなぁと思いながらも、何にもないというのもなんだか哀しい感じです。

タイ料理に飽きて来ている今日この頃、行きつけのレストランのグッドさんは、一昨日も私のリクエストしてあった料理を用意してくれていました。実は先日、私の好物の「カニと玉子のカレー味の炒め物」にありつけたのですが、普通はカニの殻ごと炒めてあるはずなのに、きれいに殻が除かれていました。カニの身をパコパコ食べられるなんて夢みたいなことですが、手数の掛かったことでしょう。

もっとも値段が高ければ、嬉しさが減少してしまうでしょうけど、このレストランでは、料理二品注文しても、とても400円になりそうもありません。安くて美味しい、しかも気持ちを込めた料理というのでは不満があるはずもないですね。

ところで、グッドさんの嬉しいサービスにも拘わらず、今の私はタイ料理にいささか飽きが来てしまっています。タイ料理を思うかべるだけで食欲がなくなってしまいます。昨日はたまりかねてラノン市に出てしまいました。もちろんランチに日本食、夕食に西洋料理をいただきました。

今日はまたカポー村に戻っていますが、夕食のことを考えると憂鬱です。食べたいと思うタイ料理がもう浮かばないのです。私が注文に困っていると、グッドさんがいろいろ考えて料理を持って来てくれるので、それをいただけば美味しいとは感じます。こういうとき、日本だったら蕎麦でも食べているかなぁ。あっさりしたものを求めているのかも知れません。

そういえば、納豆から離れて二か月強です。納豆が恋しいなぁ。日本料理レストランにあるかなぁと淡い期待を持ったのですが、ありませんでした。バンコクの日本料理の店ならメニューにあるんですけどね。ま、どうあれ、残りは20日です。せいぜいタイで田舎暮らしを楽しむことにします。
e0031500_17492476.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-14 17:44 | 日々の雑感
2007年 07月 09日

いやはや年間6000mmの降雨ってのは

タイの中でも一番の降水量を持つラノン県、そのことは前もって知っていましたが、いやはや実際すごいものです。たまたま6月のはじめに好天が一週間続いたので、熱帯というのはこういうものだろうと高をくくっていましたが、とんでもないことでした。好天の一週間以外は、ほとんど毎日雨が続いています。しかも終日雨という日も珍しくありません。

しかも今は雨季です。200日間雨季があるとして計算すると平均で毎日30mmの降雨という数値になります。30mmというと相当しっかりした雨ですものねぇ。今ようやく年間6000mmと降水量の多さに気がつきました。バングラディッシュ並みの降水量じゃないかなぁ。

降雨のお陰で日中でも気温は25度を下回るような感じです。夜は20度近いのかも知れません。エアコンが不要なのは嬉しいのですが、あまり夜冷えると体調を崩しかねません。涼しいのはありがたいのですが、雨で外に出られないのでは困りものです。

洗濯物が溜まって来ました。少し余分に下着を持参したのですが、さすがに1週間を超えるともたないですね。せめて下着だけでも洗って、部屋に干すことにしましょう。エアコンを使っていないので、部屋の中はジメジメ、洗濯物の乾きは相当悪いと思います。

県庁所在地であるラノン市は海に面しているので、それなりの価値があると思いますが、私のいるカポー村は完全に陸の孤島という感じです。タイ湾側に主要道路があり、アンダマン海側は裏側という感じですが、単に地理的条件からではなく、降雨の多さが開発の妨げになっているものと思います。

そして、そういう開発の妨げがあるから、逆にカポー村がロストワールドでいられると考えられます。プーケットに近いアンダマン海側では、外国人観光客を期待した開発が行われているので、カポー村のような環境を求めるのなら、少なくとも100kmは離れる必要があるでしょう。100kmもプーケットから離れるのでは、ショッピングという点でカポー村より不便になってしまいます。

カポー村からラノン市までは約50kmですから、ロストワールドを味わいながら生活するという意味では最適な場所かも知れません。ラノン市の物価はプーケットほど高くないということも好都合です。ただ、市だというのにタクシーがないということが一つの問題ではあります。タクシー代わりはオートバイによるタクシーサービスになってしまいます。

今は、マレイシアで撮影したたくさんの花や蝶の名前を調べているので雨天でもいいのですが、外出できないというのにはしびれてしまいます。しかも、雨天だと電話回線によるインターネットの接続も調子が悪いということでまったく困ったものです。(苦笑)
e0031500_13235849.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-09 13:24 | 日々の雑感
2007年 07月 08日

タイスキの原点を発見

ご存知の方もいらっしゃるだろうと思いますが、タイにはタイスキというチンケなメニューがあります。熱帯の国で、冷房をガンガン効かせて湯気の立つ鍋料理を食べるというのですから、チンケ以外の何ものでもないでしょう。(笑)

そのタイスキというメニュー、どうしてタイスキというのかと聞くと、タイのスキ焼という答が返って来るのが普通です。でも、タイスキというのは日本のスキ焼とはまったく違うメニューです。そもそも入れる具が全然違うし、つけるタレだって違います。私は、タイスキをずっと不思議なメニューだと思っていました。

今日、行きつけの村のレストランに行って、昨日タイ人が食べていたジンギスカン鍋を注文しました。2か月近くレストランに通っていたというのに、このメニューはなぜか紹介されませんでした。タイですから、マトンやラム肉は無理なので、肉は豚と鶏です。それでも、ジンギスカンの被るような帽子の形の鍋で肉を焼いていました。

私はいったいどんなタレで食べるのかと興味津々でしたが、今日いよいよそのジンギスカン鍋にありつきました。そしてそのタレが、私がずっと不思議に思っていたタイスキのそれだったのです。今日のメニューの食べ方は、鍋の頂上にラードをおいて、肉を炭火で焼いて、その出汁が周囲に置かれたスープに落ち、そこへキャベツや空心菜、さらには春雨を入れて、パクチーを入れたタレにつけて食べるというものです。

「はて?これなら肉だけじゃなくてシーフードでもできるじゃん」と思いました。多分、同じことを考えたタイ人がいたのでしょう。練り物やシーフード、何でも入れて焼かないでグツグツ煮てしまう、そうすればタイスキになります。タレは今回のものと同じですから、問題はないですね。

タレが何かという説明は難しいのですが、やや辛くハーブが効いた不思議な味のものです。それをスープに好きなだけ溶かしていただけますから、それぞれの好みでの調整が可能です。私は辛いものが好きなので、今日はそのタレの追加をお願いしましたが、普通の日本人だったら十分な量だったのかも知れません。

次回は、肉だけでなく、生の海老やイカなどの具を別に注文しようと思っています。今日のメニューで約350円ですから、これは安いと言えるのかな。でも、現地の人にはかなり高級料理なのかも知れません。

不思議なのは、シェフのグッドさん、どうして今まで私にこのメニューを勧めなかったのでしょうねぇ。純粋なタイ料理じゃないから、気が進まなかったのかも知れません。それを美味しいといって食べていると悪いかなぁと思い、最大級の賛辞だけは控えておきました。(苦笑)

今日は、雨模様だったのでカメラを持参しませんでした。このジンギスカン鍋料理、いつか写真に撮ってご紹介いたしますね。

(イメージ図・・・タイスキもジンキスカン鍋もこうではありませんが、ま、なんとなく雰囲気ということで)
e0031500_20121792.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-08 20:07 | えるだまの観察
2007年 07月 02日

マレイシアに行って来ます。

今日からマレイシアの首都クアラルンプールに4泊5日で行って来ます。今回はPCを持参しませんので、ブログの更新はお休みです。10年振りのマレイシア、どう変わっているでしょうか、楽しみです。^^

たまにはインターネットから離れて過ごすのもいいでしょう。短い滞在ですから、現地でPCに向かっていたのではもったいないですからねぇ。それでも、夜なんて暇そうだし、もしも、ネット中毒になっていたらどうしよう・・・ 禁断症状に苦しむ毎日だったりして。(笑)
e0031500_01975.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-02 00:10 | 日々の雑感
2007年 07月 01日

天国以外の何ものでもない

このカポーという村、どうやら天国以外の何ものでもないような気がして来ました。昨夜はタイ人の友人のポイさんが、下宿先の庭でですが、BBQパーティと称するものに招待してくれて、バナナリーフを使った炭火焼きで、蟹、海老、烏賊、魚と存分にいただきました。醤油をつければ立派な日本食です。いやぁ、美味しかった。^^

そして、今日、お昼も別メニューの美味しいシーフードだったのですが、どういう訳か4時頃に、パセユ(タイの焼そば)が提供されて美味しくいただきました。妙な時間なので、夕食をどうしようかと悩みましたが、明日からマレイシアなので挨拶にとバイクワイ(行きつけのレストラン)に行きました。

魚のトムヤムを注文して、今パセユを食べたばかりなので、今日は一品だけでいいと言いました。トムヤムクンは有名ですが、クンは海老の意味です。魚はプラーですから、トムヤムプラーという料理になるでしょうか。美味しかったですよ。^^

それを食べていると、レストランのグッドさん、昨夜シーフードBBQだったと言ったせいか、豚肉をカリカリに焼いたものと香草の揚げたものをサービスしてくれました。この香草の名前が分からないのが悔しいのですが、豚肉と一緒に食べるととても美味しいです。単独ではちょっと臭みがあって美味しいとは思わないのですけどね。

そしてさらに、私のお勧めのロンコンをどうぞって持って来てくれました。彼女にトロピカルフルーツの好みを聞くと、やっぱりロンコンは第一位でした。マンゴスチンといい勝負で、ドリアンはちょっと落ちました。私の味覚は、現地の人と近いようです。そういう意味で、ロンコンは絶対のお勧めです。タイに来る機会があったら是非お召し上がりくださいね。

そうしているところに現れたのがグッドさんのお父さんです。例によって私のためにマンゴスチンとランブータンを拾って来てくれました。そんなにたくさんの果物は食べられないと辞退しましたが、申し訳なかったような気がします。グッドさんも私にロンコンを出したからと説明していてくれましたけどね。

私が、こういうもてなしを受けてとても幸せだと言ったら、グッドさん喜んでいました。下宿先のおじさん、おばさんもいい人たちだし、村人もみんないい人たちです。そこに豊かな自然があります。これ以上何を望むというのでしょうか。あーあ、あと一か月で帰国かぁ・・・なんて思ってしまいます。(苦笑)

(写真がないので、別なタイ料理の写真をどうぞ)
e0031500_2052258.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-01 20:46 | 日々の雑感
2007年 07月 01日

豊かさについて

生活が豊かであれば自然に幸せを感じるというものではないでしょうか。では、今の日本って本当に豊かでしょうか。この疑問はずっと前から問われていますね。今回は、分かりやすくタイの田舎と比較してみましょうか。

日本人の多くが考えている豊かさ、つまり物ですが、タイの田舎でもほとんどのものがあります。自動車、オートバイ、カラーTV、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、携帯電話、などなど。今流行りの薄型TVだって、広い家ではあんまり意味がないでしょうしね。エアコンはちょっと微妙な問題です。現地の人たちは生まれたときから、こういう環境で生活しているので、実際問題あまり必要性を感じていないと思います。

食生活は現地の食習慣に依存しますから、日本人があれがないこれがないと言ってもしょうがないでしょう。現地の人にとっては不足はないはずです。日本人はいろいろな味を好むので、イタリア料理やフランス料理のレストランがないという指摘だったら当たっているでしょうね。確かにタイの田舎では、さすがにこういうものは存在していません。

決定的な違いは、インターネットサービスでしょうか。タイの田舎にはADSLすらありません。インターネットサービスのお店はADSLだと思いますが、やろうと思えばできないことはないのかな。でも、村人たち、暇そうだけど、インターネットを使おうという気はあまりなさそうです。(笑)

逆を言いましょうか、私のいるタイの田舎では、広大な敷地に大きな立派な家に住んで、庭には熱帯植物、観葉植物、果物のなる木などがあって、犬が数匹、猫も少々、小鳥が2,3羽。熱帯植物と言っても、土地のものでない変わったものが多く見受けられます。そして、現地の人たち、自分たちが貧しいなんてこれっぽっちも思っていません。田舎のタイ人のおおらかさはまさに環境から生まれたものだと思います。

これって、豊かだと思いませんか。この村の問題は、高学歴になると仕事が地元でみつけられないということでしょう。村でフツーの生活をする分には何も問題ないのに、一生懸命勉強して、学歴を高めたら、村から出て行かなければならない。これは地元の問題だと思いますね。そして、逆にどうしてわざわざ苦労して幸せな生活を捨てるのだろうという疑問すら湧いてきます。

多分、その答えは時代が変わっているということなのでしょう。昔のままでは現代人は生き抜けないというか、このタイの田舎でもそうなのだろうと思います。若い人が地元にいたいと思ったら自分で新しい仕事を始めないといけないでしょう。あと10年もしたら、この田舎も変わることと思います。変わると言っても、若い人たちが村から出て行くということでしょうけどね。

日本人が豊かさを感じたければ、発展途上国で生活することかな。日本人は一応お金持ちですから、物価の安い国ではお金持ちの生活ができます。もっとも外国で日本食を求めていたら、物価が安いという環境を享受できませんけどね。このことを別な言い方をすれば、日本人は外国に出なければ豊かさを感じることは難しいのかも知れません。(苦笑)

日本のいいところが、携帯電話とウォシュレットというのではちょっと寂しいかな。インターネット環境では韓国など他の国に負けているし、食文化はそれぞれの国固有のものだから比較できませんしね。

今考えているのは、田舎のタイ人がどうしてプラスティックのお皿で食事をしているのか、どうして磁器のきれいな器をほしがらないのかって考えています。豊かさの物差しが違うんじゃないかってね。値段が高いというのはありますが、どうもそれだけの理由ではないような気がします。実用本位なのかなぁ。でも、お金持ちのタイ人の家では立派な食器がありますけど・・・ 

(村の家)
e0031500_18505467.jpg

(村の家の庭)
e0031500_1851598.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-01 18:47 | えるだまの観察
2007年 06月 30日

クジャクまでいました

タイ人は小鳥が好きだと書きましたが、クジャクを飼っている家がありました。鳥カゴには入りませんから、金網で大きな檻を作ってありました。鳥は閉じ込めるものと考えているみたいです。
e0031500_8441168.jpg

(このクジャク、突然の来客に怒っていたようです。狭いところにいるからストレスが溜まっているみたい)
e0031500_8455927.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-30 08:46 | 日々の雑感
2007年 06月 30日

もしも、マレイシアで田舎暮らしをしたら

私には、90日間くらいならタダで滞在させてもらえる知り合いがマレイシアにもあります。もしも、そこで今回のような田舎暮らしをしたらどうなるかちょっとシミュレーションをしてみたいと思います。次なるターゲットになり得るかな。

マレイシアでの滞在場所は、クアラルンプールから250km離れたところ、マラッカという市からさらに15kmくらい田舎に入ります。ですから、そこは今回の滞在場所と同じように完全な田舎です。言語の問題はありますが、マレー語はとてもやさしいので直ぐに覚えられると思います。しかも、文字はアルファベット表記ですから読むことができます。

私の記憶では、マレイシアにはあまり季節感がありませんでした。雨季、乾季はあるはずですが、夕方にスコールのような雨があるというくらいのものだと思います。気温は、タイの田舎とほとんど同じです。因みに、今日は降り続いた雨のせいか、25度程度の気温でとても涼しいです。夜は寒いくらいでした。

朝:
庭の鶏の鳴き声もありますが、それより大きな音は下宿先のおじさんのコーランの読経です。5時くらいに大きな声でなされるので、目が覚めてしまいます。イスラム教の国ですからねぇ。

朝食:
朝食は、タイと同じようにできると思います。マラッカには何でもあるでしょうから、買い物をしてアメリカンブレックファーストで済ませます。私は見ていませんが、村に朝市はあると思います。

昼食、夕食:
村の中にレストランがあるとは思えないし、屋台がどのくらいあるのか分かりません。自炊の可能性が高いと思います。村の規模は、今いるタイの村よりはるかに小さいと思います。

マレイシア料理:
残念ながら、マレイシア料理にはタイ料理ほどのバリエーションがありません。よく知られているのは、ナシ・ゴレン(炒飯)、ミー・ゴレン(焼そば)ですが、他にチキンやシーフードのカレーみたいなものもあります。マレイシアにはサテーという焼き鳥のようなものがありますが、イスラム教徒であるマレー系の屋台なのでアルコールが飲めません。(苦笑)
マラッカに出れば、海の都市であり、また観光地なので美味しいものがいろいろあります。観光地ですから日本食レストランもあるでしょう。

エアコン:
エアコンはまず使っていないでしょうから、マレイシアに滞在する場合には、エアコンなしで生活する覚悟が必要なようです。タイで安く設置できたのはラッキーでした。

アルコール:
下宿先がイスラム教徒なので、私の飲酒はあまり公然とはできません。自分の部屋でコソコソ飲むしかないかな。もちろん外出先では、マレー料理の屋台でなければビールくらいははあります。中国系のレストランなら日本酒以外なら何でも飲めるでしょう。

トイレ:
トイレの形式については忘れてしまいましたが、和式で紙なしと考えているべきでしょう。紙が使えないということになるとちょっと頭が痛いところです。でも、以前宿泊したときにはそんな制限はなかったと記憶しています。

自然:
自然に関して言えば、今滞在しているタイの田舎と同じような感じです。近くに川があって滝もあります。そこでは、子供たちが泳いだりしています。

子供たち:
子供たちというのは、おじさん、おばさんの子供のことです。多分、田舎では働けないので、どこかの都市に出ていると思います。毎週とはいかないでしょうが、孫もいることでしょうし、週末には実家に来るんじゃないかな。タイの下宿先と同じようなものだと思われます。

今回田舎暮らしのためにタイを選んだのは、やはり食事が大きな要素です。文字が読めないという不自由さよりも、食事優先ってことですね。

(写真は、マラッカです。)
e0031500_024498.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-30 00:03 | えるだまの観察
2007年 06月 30日

ラノン市

私の滞在しているところはカポーという片田舎ですが、50km離れたところに県庁所在地でもあるラノン市があります。人口はせいぜい10万人という小さな地方都市ですが、片田舎からみれば立派な都会に映ります。(笑)

今回は、その地方都市の様子を少しご紹介したいと思います。一番最初は、市の中心街とも言える商業地区です。入り口にゲートみたいなものがあって、なぜか中国っぽいデザインです。これは、この地区の経済を中国系タイ人が担っているという表れに思われます。

このメインストリートを行くと、商店が建ち並んでいます。銀行もこの中心街にあるようです。写真だけでは分かりませんが、ラノン市は市というだけあってかなり広いものです。きれいな場所もあります。今回は市街地の中心だけということでご理解くださいね。

(中心街への入り口・・・なぜか中国風)
e0031500_23475655.jpg

(市街地の光景)
e0031500_23485990.jpg

e0031500_23495240.jpg

e0031500_23504959.jpg

(銀行の入り口)
e0031500_2351346.jpg

(乗り合いバス・・・市と言ってもこんな感じです。)
e0031500_23522341.jpg

(お金持ちの家・・・日本の普通の家より立派でしょ。)
e0031500_23532964.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-30 00:01 | えるだまの観察
2007年 06月 29日

変な顔してないで笑ってよ

さすが、タイスマイルの国です。犬までタイスマイルね。(笑)

(変な顔してないで笑ってよ~)
e0031500_18582494.jpg

(これでいい?)
e0031500_1859568.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-29 18:50 | 日々の雑感