えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

タグ:グルメ ( 106 ) タグの人気記事


2007年 06月 26日

本場の味・・・ナムプラー

日本で私の住んでいる地域では、一種類のナムプラーが買えますが、本場で味わえるような美味しいナムプラーはないようです。本場のタイのナムプラーについてご紹介しましょう。日本でみつけたらラッキーですね。

写真の一番左が、現地の人のお勧めです。イカの絵がありますが、カタクチイワシの他にイカも原料に使っているのでしょうか。左から二番目も悪くはありません、むしろこちらの方が普通に思えます。一番右は、タイ料理に欠かせないオイスターソースです。
e0031500_1523914.jpg

(注)ナムプラーをご存知ない方のために
ナムプラーは、直訳すると「魚の水」になります。魚を醗酵させて作った「魚醤」と言われるもので、日本の醤油のようなものです。日本では、秋田県に「しょっつる」という魚醤があります。ちょっと生臭い匂いがありますが、旨味成分があるのでしょう、塩辛いだけでなく料理を美味しくしてくれます。

[PR]

by elderman | 2007-06-26 15:05 | えるだまの観察 | Comments(10)
2007年 06月 23日

ロンコン(センダン科)

ロンコン、実は私にとっては二回目になります。以前、マレイシアに滞在していたときに食べたことがあり、味は忘れてしまいましたが、果実の皮に独特の粘りがあったのでそのことは覚えていました。何で洗っても落ちないしつこさでした。

当時の名称は忘れてしまいましたが、多分「ランサート」という名前だったのではないかと思います。今回紹介する「ロンコン」はその変種だそうです。学名は、”Lansium domesticum”といいます。ベタベタする皮には変わりはありませんが、マレイシアで食べたものに比べて程度は軽いようです。水で洗っても、洗剤をつけてもなかなか落ちてくれません。

食べ方は簡単です。外皮が柔らかいので、爪で簡単に引き裂くことができます。種はあるようですが、ほとんど気になりません。これから種が成長するのでしょうか、たまに硬くなった種があったりします。中身は、6分割くらいに分かれています。私は面倒だから、一個そのまま口に放り込んでしまいますけどね。

さて、肝心の中身の味ですが、わずかな酸味と上品な甘さがあります。この果物は、今回の大発見です。日本人だったら、誰もが美味しいと絶賛することと思います。変な香りはありません。熱帯果物の女王「マンゴスチン」といい勝負じゃないかなぁと思うほどです。個人的には、味の上品さではこちらが勝っているような気がします。
e0031500_17481898.jpg

e0031500_17485833.jpg

(注)このロンコン、ランサートの改良種のようで、変なお店で買うと、ランサートと混ぜられているなんて話がありました。タイでも、本物を手に入れるのは難しいかも知れません。産地は、タイ南部だそうです。マレイシアのはどこまで改良されているのか分からないので、今度KLに行ったら調べて来ますね。
[PR]

by elderman | 2007-06-23 17:53 | 花と樹木(熱帯) | Comments(14)
2007年 06月 22日

日本食レストラン

日本を離れて40日余り、ようやく日本食にありつきました。地方都市ラノンにあるたった一軒の日本食レストランです。日本食レストランというより寿司屋さんでした。その名前は「こぞう寿司」、象を愛するタイだから「子象寿司」ということなのでしょう。^^
e0031500_18282944.jpg

店の中に掲げられている寿司ネタの案内ですが、これはバンコクでも見たことがあるので、業界には出回っているものなのでしょう。すべてのネタがあるという訳ではありませんでした。この日、イクラがありませんでした。
e0031500_18291744.jpg

私の楽しみは、やっぱり刺身と日本酒かなぁ。特上のお刺身ですから、ネタは日本からのものでした。生酒も日本からのものです。熱帯の国で飲む日本酒というのは、日本で飲むときに比べてそれほど美味しいとは思わないのが普通ですが、今回は違いました。やっぱり美味しい~♪
e0031500_1830181.jpg

天ぷらは、タイ人たちが注文したものです。エビの本場なのですが、小振りだし、これは外れだったと思います。
e0031500_18305946.jpg

エビの握り寿司の方は、大きなエビで日本のものと遜色はないようです。これもタイ人の注文したものでした。エビの向こうはサーモンですね。
e0031500_18315651.jpg

茶碗蒸しも、タイ人の注文したものです。私は食べていないので味の方は分かりません。
e0031500_18323733.jpg

私の次の目当ては、お蕎麦でした。ざる蕎麦を注文しましたが、蕎麦はまぁいいのですが、蕎麦つゆが甘くて閉口しました。しょうがないから、わさびをいっぱい入れたら、口の中にかたまりが入って来てしまいました。わさびで泣いている日本人はいないでしょうにねぇ。(苦笑)
e0031500_18332239.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-22 18:33 | 日々の雑感 | Comments(12)
2007年 06月 20日

タロイモとゲソの煮付け

里芋の味が恋しくなりました。私のいるタイの田舎では、多くのサトイモ科の植物をみますが、どういう訳か里芋を朝市で見かけることはありません。代わりにみつけたのが、大きな里芋のようなものです。タロイモというのでしょうか。

その大きさは、煙草の大きさと比べると分かると思いますが、普通の里芋10個分くらいありそうです。切ってみると、芋の部分には紫色の斑点があって、日本のヤツガシラみたいです。この瞬間私の頭に閃いたのは、毒はないのかな・・・ということでした。

朝市で買ったものですから、食用には違いありませんが、事前処理が必要なものってありますから、ちょっと心配になりました。下宿先のおばさんに聞いたら、あっさり食べられるというので安心しました。

先日イカを買って、バター焼にしたゲソが残っていたので、一緒に煮てみることにしました。コトコト煮ること5分程度、タロイモは意外にも直ぐに柔らかくなりました。今回使ったのは全体の3分の1程度ですから、今回の経験を活かして、残りの料理方法を考えないといけません。

このタロイモ、味は全然サトイモのようではありません。そもそもヌメリはないし、ジャガイモと里芋を足して二で割ったような感じです。出来上がったものは、期待していた味とはまったく違うものでしたが、食べられないというものではありません。(苦笑)
e0031500_11551678.jpg

e0031500_11555150.jpg

(注)後から調べると、やはりタロイモにはシュウ酸塩が含まれているようです。湯がけば問題はなくなるそうですが、エグイ味がするそうです。今回のものは、灰汁は捨てましたが、湯がくという事前処理はしていません。エグイ味は特に感じないのですが、次回はしっかりと湯がくことにします。
[PR]

by elderman | 2007-06-20 11:56 | 日々の雑感 | Comments(6)
2007年 05月 21日

これまでに食べたタイ料理の総括

今は田舎暮らしに入っているのであまり外食の機会はないと思います。ということで、これまでに食べたタイ料理をまとめてご紹介しますね。

ヤムウンセンとバンミーナーム(プーケットのホテルにて)
e0031500_113492.jpg

トムヤムクンとカオパッド(プーケットのホテルにて)
e0031500_11345922.jpg

タイカレー(プーケットのホテルにて)
e0031500_11353857.jpg

キャベツの玉子炒め(プーケットのホテルにて)
e0031500_11363484.jpg

タイのさつま揚げ(プーケットのホテルにて)
e0031500_1137135.jpg

トムヤムクンと魚のカレー(ラノンのホテルにて)・・・白い方がトムヤムクンです。
e0031500_1138553.jpg

パッタイ(ラノンのレストランにて)・・・これまで食べたパッタイの中で一番美味しかった。^^
e0031500_113983.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-21 11:39 | えるだまの観察 | Comments(2)
2007年 05月 02日

レストランえるだまのお客さま3

レストランえるだまへご招待のお客さま第三号は、ゴルフ仲間の方々です。5月5日子供の日、ゴルフ談義で童心にかえるといたしましょう。メニューは第一回のものと同じで、イスラムの香りと地中海の雰囲気を味わっていただくつもりです。タイ料理は、これから本格的に仕入れて来るつもりですからね。^^

ゴルフというスポーツというかゲームですが、実によく人間性を表してくれると思います。ゴルフには失敗がつきものですが、その際の表情でどういう性格の方かみえてしまいます。悔しさをじっと噛み締める人、クラブを叩きつけ悔しがる人、笑って誤魔化すひと、言い訳をする人、面白いものです。(笑)

私?私ですか?私は悔しさを押し殺す方かな、失敗も実力のうちと考えています。反対に上手く行ったときの表現も人それぞれですね。喜びを素直に表す人、まぐれと言って謙虚に振舞う人、自慢する人、こちらもそれぞれです。

自分のプレーを誰かに見ていてもらうと嬉しいもののようで、ファインプレーを思い出し、言ってあげると喜ばれますね。ゴルフというスポーツ、アマチュアでもプロみたいなプレーがたまにできますから、それが病みつきになる理由なのでしょう。いつもできるかどうか、というのがプロとアマチュアの境目だと思いますけどね。(笑)

レストランえるだまの今回ゲストのお二人は、会社役員で海外を飛び回っている人、そしてリタイヤして悠々自適でゴルフを楽しまれている方です。会社役員の方は、海外出張で忙しいのにもかかわらずゴルフ・フェチです。帰国の前にゴルフの予約を入れてあり、お誘いを受けてしまいます。

ゴルフのプレー回数の問題で、私が海外にいるときには相手にもしなかった会社役員さんですが、私が帰国してゴルフの回数が減ると、逆に彼の方が上手に思えました。好きこそものの上手なれ、ということでしょうか。そこに負けず嫌いという性格があるとどんどん深みにはまりますが、残念ながら今の私の興味は他に向いているようで・・・(苦笑)
e0031500_12473750.gif

[PR]

by elderman | 2007-05-02 12:47 | 日々の雑感 | Comments(2)
2007年 04月 29日

テラスで食事

テラスで食事をするのに絶好の気候になって来ました。今日は気持ちのいい快晴だったので、母と家内と三人でテラスでランチを楽しみました。紫陽花の葉が大きくなって来たし、百日紅、柘榴などの新芽もきれいです。

白いテラス、洋風なせいか、なんだかラーメンを食べる気がしなくて、今日はスパゲッティにしました。グリーンサラダを用意して、私はテキーラを楽しみました。脇でチリ(犬)が食べ物をほしがっていましたけど、人間の食べ物には塩分が多いのでねぇ・・・ 気の毒だけどしょうがないかな。

食事中、私がタイに行っている間に庭が荒れるという話になりましたが、荒れた頃に帰ってきてまた手入れするでしょうということで決着です。(笑) 帰国は夏の終わりか、秋になるか・・・ どうなりますか。案外早くギブアップして帰る気になるかも。(苦笑)
e0031500_22244541.jpg

[PR]

by elderman | 2007-04-29 22:24 | 日々の雑感 | Comments(6)
2007年 04月 22日

レストランえるだま(3)

レストランえるだまのお客さま第二号は、横浜からのMookさんのご家族でした。私の住む四街道市とは東京を真ん中に1時間という感じで、東京湾を挟んで正反対という位置関係です。往復4時間というのではちょっと辛いですね。トルコ、八丈島からに比べれば、はるかに近いですけど。(笑)

この日、私は睡眠時間の調整に失敗したのでありました。(苦笑) 前日早く寝てしまったのはいいのですが、夜中に起きてしまい、そのまま眠れずに朝を迎えてしまいました。それでいつになくアルコール類の吸い込みが悪かった訳でして・・・ Mookさんが強いなぁと思ったくらいです。(笑)

ともあれ、メニューはどれも失敗なくできたのが良かったです。もっと美味しく作れと言われても私にはできないかな。メニューは予定どおりでした。グリーンサラダ、ミニアスパラガスとベーコンの炒め物、タコのガリシア風、フレンチオニオンスープ、あっさりエビグラタン、そしてマテウス・ロゼ、トーレスのサングレ・デ・トロの赤、Mookさんはビールがお好きですからビールもね。食後はヘネシーのVSOPでした。^^

食後は、例の白いテラスのある私の書斎に移動しましたが、天気には恵まれたものの風が強くて十分に楽しめませんでした。ちょっとだけ雰囲気を味わっていただいて、ホームシアターを楽しんでいただきました。

食事の写真、Mookさんが一部を撮影してくださいました。私がタコのガリシア風を作っているときですね、手前のお皿が空ですから。(笑) あ!プチトマトが写ってない。(苦笑)
e0031500_1564643.jpg

食後の珈琲タイム、白いテラスで楽しみました。^^
e0031500_075659.jpg

初めてのお客さんなのに・・・チリが直ぐに懐いてしまいましたね。ちゃんと番犬になるのかなぁ。(苦笑)
e0031500_08488.jpg

[PR]

by elderman | 2007-04-22 00:08 | 日々の雑感 | Comments(8)
2007年 04月 20日

レストランえるだまのお客さま2

レストランえるだまへご招待のお客さま第二号は、Mookさんのご家族です。明日(21日)のランチをお楽しみいただく予定です。Mookさんは横浜にお住まいなのですが、遠いところからお疲れ様です。それなりの内容でおもてなししないといけませんね。(汗)

今回は、お子様も一緒ということで、辛いタイ料理は敬遠しておいて、再び西洋料理と参りましょう。天気は曇りがちということなので、残念ながら白いテラスでのランチは難しいかも知れません。

ランチのメニューは、グリーンサラダ、ミニアスパラガスとベーコンの炒め物、タコのガリシア風、フレンチオニオンスープ、あっさりエビグラタンというところです。前回と同様、マテウスロゼで乾杯、トーレスのサングレ・デ・トロの赤を楽しみたいと思います。最後はヘネシーのVSOPかな。^^
e0031500_14251073.gif

[PR]

by elderman | 2007-04-20 14:23 | 日々の雑感 | Comments(14)
2007年 04月 10日

臭くない「くさや」

日本の食品の中で臭いことで有名な「くさや」。八丈島の特産品です。臭いけど美味しいというのが「くさや」の魅力でしょう。焼酎や日本酒のおつまみに最高です。^^

私が八丈島に行ったとき、島に住むmintogreenさんのお勧めもあって「くさや」をいただきましたが、臭みはほとんど感じませんでした。どうやら「くさや」の臭さは、「くさや」を焼くときに問題になるようです。

実際問題、家で「くさや」を焼いたらお隣さんから苦情が来ても不思議ではないかも知れません。そんな問題点を解決したのが、mintogreenさんからいただいた「焼くさや」でした。焼いた「くさや」を真空パックしたもので、そのまま食べられるという優れものです。

飛魚と青むろあじの二種類をいただきました。飛魚の方は臭みがほとんどないので、どなたでも召し上がれるのではないかと思いました。青むろあじの方もそれほど臭みが気になるというものではありません、むしろ味が濃厚なのでこちらを好まれる方もいらっしゃることでしょう。

「くさや」の美味しさというのは、干物で感じられる美味しさを倍加させたようなものじゃないかと思います。私の地域ではこの「くさや」の真空パックは見かけたことがありませんが、もしも見つけることができましたらお試しくださいね。
e0031500_1145121.jpg

[PR]

by elderman | 2007-04-10 01:15 | 日々の雑感 | Comments(18)