えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ギター ( 4 ) タグの人気記事


2007年 01月 28日

映画「赤いテント」のテーマ

1970年のイタリア・ソ連映画です。監督ミハイル・K・カラトーゾフ、出演ピーター・フィンチ、ショーン・コネリー、クラウディア・カルディナーレというものです。残念ながら私はこの映画を観ていません。音楽は、エンニオ・モリコーネの作曲です。

編曲は、ハイポジ使用で少し難しい部分があります。
e0031500_12253661.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-28 12:15 | Comments(10)
2007年 01月 26日

私の恋人

ギターという楽器、楽器としてはかなり不完全なものだと感じています。そもそも、一つの音を出すのに両手を使わないといけないので、速いパッセージをピアノやバイオリンのようにはできないし、音量も小さ過ぎます。

なぜ不完全かというと、ピアノ、ハープ、オルガンのような楽器以外で和声を奏でることは難しいですね。独奏としての音色を持ち、かつ伴奏もできるという欲張った楽器ですから、すべてのことをこなすことは難しいし、できないこともある訳です。

二声の音楽を一台のギターで完全に弾くということはほとんど不可能に近いことです。三声となると、物理的にもう無理だと思います。指が8本くらいあったらできるかな。そういう訳で、私の好きなバッハの曲の演奏は、非常に難しくて、自分で楽しむということしかできないくらいです。ブチブチと音が切れる演奏なんて聴かせられませんものね。

ピアノにできないことでギターにできることと言えば、音色を変えることでしょうか。ピアノではタッチといいますが、ギターではもっとダイナミックに音色に変化をつけることができます。硬い音、柔らかい音、甘い音、乾いた音、ビブラートを効かせた音、などなど表情をつける要素には事欠かないくらいです。ギターは小さなオーケストラと言ったのはシューベルトだったかな。

写真は、私のギターです。イランに持参しようと思っていたのですが、飛行場で預けられるなんて聞いたので諦めました。幸い、テヘランのアルメニア人街にいい楽器店があったので、そこでスペイン製のギターを買いました。そのギターは、日本に持ち帰ったので、今次男坊が使っています。

私のギターは、マレイシアにいるときにみつけたものです。日本で買うより、外国で買った方が安いだろうと判断したものです。銘柄は、ホセ・ラミーレスというもので、クラシック・ギターを演奏される方ならご存知だろうという代物です。魅力的な音色、バランスのいい和音と大変気に入っています。本当は、もっと上手な人に弾いてもらいたいところでしょうが、こればかりはしょうがないですね。(汗)

最近、全然ギターに触らず、チリばかり相手にしていますが、たまには長年の恋人を引っ張り出して、気持ちよく歌ってもらわないといけませんね。
e0031500_7401721.jpg

e0031500_7402575.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-26 07:40 | Comments(14)
2007年 01月 26日

「思いの届く日」

えるだまのギター用編曲の第二弾です。曲名は、日本語では「思いの届く日」です。直訳すれば、「あなたが私を愛する日」になるのですが、これでは色気がないってことでしょうか。私には、”El dia que me quieras”の方がいいのですが、「エル・ディア・ケ・メ・キエラス」ではちょっと響きが悪いかな。

音階のような伴奏がいつも流れているので、部分的に運指の難しいところがあります。じっくりと練習してロマンティックな演奏をお願いします。^^

(参考) エル・ディア・ケ・メ・キエラス(思いの届く日)
Carlos Gardel(カルロス・ガルデル)作曲、Alfredo Le Pera(アルフレド・レ・ペラ)作詞。1935年同名の映画で作曲者が主演し、歌った。
e0031500_727462.jpg

e0031500_7335223.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-26 07:24 | Comments(4)
2007年 01月 25日

映画「ひまわり」のテーマ

えるだま編曲の映画「ひまわり」のテーマです。クラシック・ギター用の編曲なので、ギターをお持ちの方にお楽しみいただければ幸いです。^^

実は、大学生時代に編曲して楽譜にしたものがあったのですが、どういう訳かそれを紛失してしまいまして、さんざん探してもみつからないので、急遽楽譜に落としてみました。もうしばらくすると全部忘れちゃいそうなんで・・・(汗)

リチャード・クレーダーマンのような演奏がいいかな。私、リチャード・エルダーマンね。(笑)

(参考)
ひまわり(1970年イタリア映画)
製作:カルロ・ポンティ、アーサー・コーン
監督:ビットリア・デ・シーカ
脚本:チェザーレ・ザバッティーニ、アントニオ・グエラ、ゲオルギス・ムディバニ
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、リュドミラ・サヴェーリエワ
e0031500_7475058.jpg

e0031500_6565810.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-25 06:54 | 日々の雑感 | Comments(10)