えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 29日

参議院の存在価値がみられるか?

三党合意という強行手段で採決された消費税増税、日が経つにつれ国民世論の強い反対が表面化し、マスコミももう偏向報道では誤魔化しきれなくなり、「良識と良心の府」と言われたことのある(今でもいうのかな?)参議院が、その存在価値を示すことになるかも。

参議院も衆議院と同じことになるなら、そんな参議院はいらないな。
[PR]

# by elderman | 2012-06-29 15:36 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 06月 28日

日本が独立するためには戦争しかないのか

いつまでも敗戦国として米国の属国でいるというのか。一番の問題はそれでいいとしている日本人の存在ではないのか。なんと情けない国なのか・・・ 日本。

真の独立国にならないことには国際的にも一人前にはなれない。まずは米国に隷属する日本人を浮き彫りにしなければならない。こういう連中が日本をだめにしている。

ちょっと圧力をかければ直ぐに言いなりになる日本、これほど扱いやすい国はないだろう。米国が世界の各国でいろいろなことをしていることは事実だが、日本はそれほどあくどいことをしなくてもいいので楽だろうなぁ・・・

穴の開いたバケツに水を入れたいなら、まず穴を塞いでからにすべきだ。こんなこと常識以前だろ。

まさに嘘つきでバカでペテン師だ。そんな政治家は早く落選してほしい。

本当のことを書くのは、東京新聞とタブロイド紙だけだとは情けない。
[PR]

# by elderman | 2012-06-28 10:55 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 06月 20日

自ら痛みを伴う改革

自ら痛みを伴う改革って議員の定数とか歳費の削減かと思っていたけど・・・ああ、なるほどと思いました。

自ら痛みを伴う改革というのは、国民が望まない法案を通して、自らは次期選挙で落選する。確かに究極的な自ら痛みを伴うものなのでしょうね。w

でも、当事者の落選は当然として、成立してしまった法案は国民にとっては大きな迷惑として残ってしまいますけど・・・

困ったもんだ。;;
[PR]

# by elderman | 2012-06-20 20:11 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 06月 12日

日本の政治家の手振り

あのなんとか塾出身の政治家の手振りが大嫌いです。意味もなく腕を上げ下げ、いかにも練習して身につけたって感じがしてすごく違和感を持ちます。あれで分かりやすいと思う人がいるのでしょうか?

もっと心を込めた身振り手振りってできないものかと・・・ あ、そもそも心がないから無理な話なのか。><

操り人形のようにもみえるけど・・・ あ、どこかの省の操り人形だったか。><

あのなんとか塾っていうのは国民の騙し方を教えるところだったのかもね。
[PR]

# by elderman | 2012-06-12 13:26 | えるだまの観察 | Comments(1)
2012年 05月 21日

金環食

一応記念に・・・
e0031500_1205745.jpg

[PR]

# by elderman | 2012-05-21 23:17 | 日々の雑感 | Comments(4)
2012年 05月 05日

ささやかな喜び

ふと思い出しました。昔、昔のことです。

小学校の給食のとき、食パンが出されることがあり、たま~~になぜか干しブドウが1個だけパンの中で発見されることがありました。なんだかとても嬉しかったのを思い出しました。w

今だと、製造管理の問題だなんて批難されそうですが、当時おそらくは遊び心で少量の干しブドウをわざと混入させていたんじゃないかなぁ。当時はそんなことはもちろん考えたりはしませんでしたけどね。w

今でもお菓子にはそういう遊び心があるようです。珍しい形のものをごく少量入れるとかそういうのです。子供ってそういうことで喜ぶんでしょう、楽しいものね。w
[PR]

# by elderman | 2012-05-05 05:10 | 日々の雑感 | Comments(4)
2012年 04月 28日

八方美人判決

頭を使ったのだろうけど、そんな判決にするから偏向マスコミは反省の色もない。推認有罪ではなかったので司法が地に落ちることは防げたけど、判決の内容は歴史に残るようなひどいものじゃないかな。
[PR]

# by elderman | 2012-04-28 03:51 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 03月 15日

とんでもないことも生み出す日本の人事管理

日本人の文化が生んだものすごく効率的で経済的なシステムじゃないかと思えるどこでもやっている人事管理のことです。

日本人の功名心、負けず嫌い、出世競争、ワーカホリック、こういう心理的なものを刺激するのでしょう。一番すごいのが同期の人材の人事管理です。うまく競争させればものすごいパワーを生み、しかも、公務員の場合だと給料などの賃上げを伴いません。

同期の場合、序列のついたポストの上下すら気にするものです。本来は印刷の都合で順番がつく性質のものですが、人事管理する側はこんなことまで利用して、上に書かれたポストの方が格上だとか思わせるのです。

本来、人事なんてものは適材適所のはずなのですが、人事管理の前ではそんなことはお構いなしで序列だけがモノをいいます。

競争している当事者の一人が自殺しようが、そんなことはまったく関係ないというのも巧くできた仕組みかも・・・ もっとも人事を決めた局長やら部長クラスには責任を感じる人もいるかも知れません。

ともあれ、なんの餌も必要なく、人を働かせてしまう日本の人事管理というものはすごいと思います。

裁判官でも、検事でもこういう人事管理の中で仕事をしているのですから、十分な給料をもらっているから悪いことはしないものだという論理は当てはまるはずはありません。中には犯罪に近い行為に手を染める人がいても不思議ではないでしょ。

ラテン系のように遊ぶために働くという精神が日本人にはあってもいいと思うのですけどねぇ・・・


 
[PR]

# by elderman | 2012-03-15 09:09 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 01月 27日

信用のないものの順位

信用のないものの順位

1.大手新聞(系列のTV報道も含む。)
2.詐欺師(仕事だから当然だね。w)
3.官僚(行政だけでなく、司法も含む。)
4.政治家(特に弁護士上がりの政治家)

(注)官僚と政治家は人によります。w

信用のおけるものの順位

1.日本の家電製品
2.日本車
3.ファーストフード(回転寿司も含む。)
4.コンビニの商品

製造業と食品関係のサービス業は真面目なんだねぇ。
[PR]

# by elderman | 2012-01-27 10:59 | えるだまの観察 | Comments(2)
2012年 01月 26日

素朴な疑問

経済についての知識はほとんどありませんが、素朴な疑問を提示しておきたいと思います。

デフレ・スパイラルという現在の好ましくない経済状況ですが、望ましいのは若干のインフレ基調なのでしょう。お金が世の中をうまく循環するのにはそういう状態が望ましいものと思います。

政府にお金がないのなら造幣局で紙幣をどんどん印刷して使ったらどうなんでしょう?当然、深刻なインフレを招くという危惧からこれはナンセンスな禁じ手なのでしょうけど・・・

一気に国家予算の半分も紙幣を印刷して発行してしまうというものではなく、コントロールされたインフレ基調を生み出すために徐々に計画的にやればいいと思うのですが・・・

そういう計画が発表されたら海外からの円に対する信用が失墜し、円が暴落して、一気にインフレになるというのかな?円高という機会を活かして紙幣を印刷・発行してしまえばいいのに・・・ 史上最高の円高に対して無策でいるよりいいと思うのですがねぇ。売れない米国債を買うよりずっといいと思うのですが・・・

で、勘繰りたくなるのが、どうしてそれをやらないのか?おそらく偉い学者さんや賢い財務省の役人がすごい理論武装をしていると思いますけど・・・ その武装に隠れた正体というのは、既に蓄財を果たした高齢な官僚たちが日本の国の経済よりも自分たちの財産の目減りをなんとしても防ごうとしているからじゃないの?

極論すれば、高齢な官僚や政治家が日本をコントロールしている限りデフレ基調は続くのでは?インフレ対策には不動産や金などにしておけばいいのかな。それで賢くて先読みできる小沢一郎議員は不動産に投資しているのかも。

ともあれ、高齢者にとってデフレ不況というのはデメリットばかりじゃないということだと思います。老後のために備えた貯金が目減りしないのですからね。
[PR]

# by elderman | 2012-01-26 10:18 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 01月 24日

どちらが本当?w

「天職」だとか「労働の喜び」とか「仕事は生甲斐」とかいうけど、全然反対のことも言われますね。宝くじの一等賞に当たれば「一生働かないで遊んで暮らせる」だって!w

これはどっちが本当のことなのでしょう?どうも本音は後者のような気がするのですが。w

イスラム教では飲酒が禁止されていますが、「天国に行けば美味しい酒がたっぷり飲める」とも言われるそうです。なんだかこれもねぇ・・・
[PR]

# by elderman | 2012-01-24 11:25 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 01月 19日

マスメディアが絶対にやらないB層調査

一番的確なB層調査を考えてみました。

問)新聞やTVのマスメディアの政治報道についてあなたはどう思いますか?

①偏向している
②どちらかというと偏向している
③どちらかというと公正だと思う
④公正だと思う

こういう世論調査をする勇気あるマスメディアってないだろうか?
③と④を選択した方々がB層ということになると思うけどね。w


スポンサーがついている限り公正な報道なんてできるはずがないと思っています。NHKのスポンサーは政府でしょ。w

原発問題、検察問題、消費税問題、外交問題、拉致問題、天下り問題・・・ どれもこれも・・・
中立というのは難しいから、とにかくいろいろなことを報道すればいいのに、都合の悪いものは報道しないんだから困ったものです。

ネットの世界は玉石混交、だからネットユーザーは自分で考える習慣が身についていると思います。マスメディアを信用している人ってどうなんでしょうね。怖いなぁ・・・

あ、我が家は「東京新聞」です。東京新聞にしてからはストレスが減りました。^^
[PR]

# by elderman | 2012-01-19 09:42 | えるだまの観察 | Comments(0)