えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 02日

ダーツの考察(2)

 まだまだビギナーですが、ダーツについていろいろと考えています。どうして狙ったところに当てられるようになるのだろうというのが関心事です。

 これからは少し個性的な方向に進んで行きたいと考えています。そもそもダーツの投げ方やグリップについては「正しい」というものがないようで、自分に合った投げ方、グリップというのをみつけるというもののようです。

 ということで、今回着目したのが「リリース」です。いくら綺麗なフォームで投げてもリリースで失敗すると狙い通りには飛んでくれません。リリースに関係する要素はいくつかありますが、まずは「グリップ」について考えたいと思います。

 考え方としては2通りあるんじゃないかと思います。①もっとも繊細な指を使う、②少し鈍くても安定した持ち方にする、というものです。一番重要なところですから①を選択しようとしています。

 でも、これは危険と紙一重じゃないかとも考えています。つまり、もっとも繊細な指先を使えば上手なリリースの確率が高まると思いますが、緊張したらどうでしょう?緊張は器用な指先に現れるものです。練習のときはいいけど、競技には向かないんじゃないかという危惧があります。2本ブルに来てもハットトリックが難しいというのも典型的な例かな。

 ここからはかなり個人的な領域になります。私が自然にグリップすると親指と人差し指の先端を使います。中指は軽く支えているだけです。多くの人は人差し指の第一関節辺りを使い、親指と人差し指はほぼ直角に交わっているように見えます。

 結果として何が違うかというと、ダーツと腕の角度が違って来ます。多くの人の場合、ダーツと腕とはほぼ直角かな、私の場合はダーツはもっと上を向いています。私のグリップだとセットアップから姿勢が異なって来ます。

 つまり、腕を垂直にするとダーツは上を向いてしまいます。ダーツを的に向けると腕は的に向かって傾いています。絵にすると、右側に的があるとして「/―」こんな感じかな、「/」が腕で「―」がダーツです。

 プロのポール・リムがややこんな形でした。でも、彼は腕が短いけど、私は長い、ちょっと感じが違います。ポール・リムは普通のグリップですから、おそらく「コック」を使っているのでしょう。手首を後ろに曲げると言えばいいのかな。「コック」は多くのプロに見られますが、「コック」を使うと一層難しくなりそうなので当分はパスです。w

 私のグリップだと、テイクバックも違って来ます。普通はテイクバックの終点は顎の下くらいじゃないかな。私の場合は腕が「/」こういう角度ですから、眉毛の辺りまで上がって来ます。ちょっと普通じゃないでしょ?w

 で、私は少し背が高いので、そこから振り下ろすように投げます。重力の影響もあるせいかダーツは直線的に飛んで行きます。




 早くも軌道修正;;

 この方法での欠点は狙いにくいことみたい。w で、やり過ぎはよくないと思い直し、腕の角度を「/」から「/」くらいに修正しました。こうするとテイクバックでのダーツは眉毛の位置というより目の位置です。後ろに引き過ぎると目にフライトが当たるかな?w

 この方法は考えてみると、セットアップでは目、ダーツ、的が一直線上になり、そしてテイクバックでも一直線上になります。それがいいのか悪いのかは分かりませんけど・・・ 一応は狙える感じです。

 リリースは、的に向けて紙飛行機を飛ばすようにするという感じです。飛行線に沿って腕を伸ばす感じと言ったらいいのかも。個性的なスローになるかと思っていたのに、少し修正したらもはやそれほど個性的な投げ方ではなくなってしまったような。w

[PR]

# by elderman | 2012-09-02 10:50 | えるだまの観察 | Comments(2)
2012年 08月 30日

ダーツの考察(1)

 まだまだビギナーですが、ダーツについていろいろと考えています。どうして狙ったところに当てられるようになるのだろうというのが関心事です。

 一年後に少しダーツが上手くなった頃、現在書いていることがどのくらい間違っているのかを知りたいとも思います。w

 現時点でのポイント
・リリースは的に近い方が有利・・・クローズ・スタンスで体重は右足9:左足1(右利きの場合です。)
・腕を垂直にしてスロー・・・左右のブレを少なくするのに合理的と考えます。
・肘を支点にしてテイクバック・・・ブレを少なくする。
・指に力を入れない・・・全体のブレを少なくするためだが、緊張すると力が入ってしまうので要注意。

 現時点で検討中の項目
・ベストなグリップ・・・人によって違いそう、まだ試行錯誤中。
・プロのようなフォロースルー・・・現時点ではできない。;;



 早くも軌道修正。w

「腕を垂直にしてスロー」・・・これの軌道修正です。

 先日、世界最強の一人であるフィル・テイラーのスローを見ていて気が付いたこと・・・ 彼は右利きなのですが、利き目は左です。ですから、腕が垂直になることはありません。

 結論、体が柔らかくて自然に腕を垂直にできるのならいいのですが、私のように体が硬い場合、腹を突き出すしか腕を垂直にはできません。無理した姿勢では結果も思わしくないようです。

 ここで発想の転換をしてみました。点のような的を狙うのなら、横ブレを防ぐためとはいえ、腕を垂直にしなくてもいいのではないか。ということと、腕が多少傾いていても、ほとんど手先の作る弧は地面に対して垂直にできるということ、これらに気が付きました。

 そしてフォームをより自然な体勢に変更してみました。なんと!初めてカウントアップで600点を突破しました。偶然かも知れませんが、とにかく投げやすいのです。これからはこれで行きます!w

 最高値だけではありませんでした。これまで低迷していた平均値が上昇し始めたのです。まずは、Ave.450を目指します。まだこんなもんですよ。w

[PR]

# by elderman | 2012-08-30 10:20 | Comments(4)
2012年 08月 22日

ゴルフとダーツ・・・その3

 興味深いことに気が付きました。このシリーズの最初の稿で「ハットトリック(3本がブルに命中)になりそうなときには必ず失敗します」と書きました。

 そして、その後フォームやらいろいろ注意して投げているとかなりの精度でブルに当たるようになって来ました。しかし、いざ得点をつけようとするともうバラバラ。w

 そこで、ふと思い出したのがゴルフの素振りです。一般に素振りと実際にボールを打つのではかなりスイングフォームが変わってしまうものです。ゴルフとダーツ、こんな点でも共通点があったようです。

 ダーツの場合、利き腕を使うのが普通でしょうし、腕や手、指というのは体の中でかなり器用な部位でしょう。となると、そこにはメンタルな要素が大きく介在してしまうような気がします。

 ゴルフの場合は器用な部位を極力使わない運動だと思いますが・・・ あ、でも、パターではダーツと同じように緊張すると手が悪さしそう・・・ 1mのバーディパットを外すとかね。w

 それでも、メンタルな面を考えるとダーツの方が克服が難しいような気がします。大事な場面で妙に狙ったりすると、おそらくどこかに妙な力が入るんじゃないかなぁ・・・;; 

 一つの克服方法としては達観するのがいいかな。完全に無欲になるということです。でも、これだとシラ~っとしてしまい、ゲームに熱が入らないでしょうけどね。w

 「あまのじゃく」というのもいい方法かも・・・ 狙ったところに「当たるな!」と念じてスローするとか。w これは実際のゴルフのアプローチでやったことがあるような・・・ 「入るな!」って念じてプレーするのです。w
[PR]

# by elderman | 2012-08-22 15:55 | えるだまの観察 | Comments(2)
2012年 08月 20日

髭でも伸ばしてみるか

口髭の経験はありますけど、顎鬚まではやったことがありません。ちょっとやってみようかな。w

e0031500_11411736.jpg

(注)画像を加工したものです。w
[PR]

# by elderman | 2012-08-20 11:41 | 日々の雑感 | Comments(0)
2012年 08月 18日

ゴルフとダーツ・・・その2

 「現在、プロのダーツプレーヤーの腕の動きを観察していますが、どうしても同じようにできません。たまにできたかなと思っても再現性がないようで・・・;; この辺り、運動神経の優れた人は早く習得できるのかも知れません」と書きましたが、これは大きな間違いだったかも知れません。

 ダーツのキャリアの長い人に聞いたら、「あれはプロだからできるので、ゴルフなら石川遼プロのようなスイングができるか?」だって・・・ これは説得力ありました。w

 私がダーツを甘くみていたんだろうと反省してしまいます。ダーツのプロ、やはりプロはプロなんですねぇ。長い時間をかけて作り上げたフォームだったようです。

 そして、最悪な結果が・・・ 「年寄りの冷や水」と言われてしまいそうな。w プロの投げ方を真似していたらどうやら筋を痛めてしまいました。;; 腕も肩も痛くてしょうがありません。><

 ともあれ、そのダーツの上手な人とタッグを組んでクリケットの団体戦を初めてやらせてもらいました。私が下手でもなんとか遊べるようです。

 初めてブル以外の場所を狙ってみました。もちろん狙ったところに行くのは6回に1回くらいかな。でも、たまに当たると面白いものです。もっと当てられるようになりたいと強く思うようになりました。いよいよダーツにはまったかな。w

 とはいえ、筋を痛めてしまったので今は練習を止めています。完全に復調してから練習を再開することにします。
[PR]

# by elderman | 2012-08-18 10:16 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 08月 16日

ゴルフとダーツ

 ダーツを始めてまだ間がありませんが、ダーツとゴルフはよく似ていると感じています。似ているというのは、ゴルフで言えばスイング、ダーツではスローという部分です。

 用語では、セットアップ(グリップ、スタンス)、テイクバック、フォロースルーなどが共通です。ゴルフにはインパクトがある代わりにダーツではリリースとなるかな。

 正確に的に当てるということは、正確なスローをすることが重要で、再現性のあるフォームが肝心じゃないかな。毎回違う投げ方で安定するはずがありませんからね。

 ゴルフのスイングは全身運動ですが、ダーツのスローは全身運動ではなく腕から先の運動なのでここは大きな違いになります。それでも、かなりの共通性があると感じています。

 ゴルフのスイングでインパクトを意識し、いわゆる叩くという感じにすると、ボールは好き勝手な方向に飛んでしまいます。スイングの軌道上でボールをとらえるというのが望ましいものでしょう。これはダーツでも同じだろうと思っています。

 ダーツでよく言われる「できるだけ力を入れないで飛ばす(投げるではないような)」というのは力を入れると狙いの精度が落ちるということを言っているのでしょう。フォロースルーを意識するというのは方向を安定させるためのことだと思っています。

 私のダーツは依然としてヘタクソです。ゴルフのスイングとの共通性に気が付きながらも本能が悪さをしてしまうせいだと感じています。ゴルフのスイングでもかなり本能的な動きが悪さをしてしまうことが多かったことを記憶しています。

 現在、プロのダーツプレーヤーの腕の動きを観察していますが、どうしても同じようにできません。たまにできたかなと思っても再現性がないようで・・・;; この辺り、運動神経の優れた人は早く習得できるのかも知れません。

 とはいえ、ダーツが上手になるのには年単位での練習が必要なようです。悪い癖との戦いでもあるかな。そして、徐々に上手くなっていく・・・ というもののようです。

 現在の目標は3投に最低1回のブルです。これがなかなか難しい。ブルを得ても、その次のラウンドではゼロというのが普通です。>< ハットトリックになりそうなときには必ず失敗します。w

 一年後にこの記述をみてなんて思うのか・・・ それを楽しみに現在思っていることを残しておきます。
[PR]

# by elderman | 2012-08-16 14:09 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 08月 09日

呑兵衛の戯言(1)スコッチウイスキー(追加)

 今回は本格的なスコッチウイスキーの話です。おそらく本当の「通」と言われる人たちだけが愛好しているんじゃないかと思われます。なにしろ呑兵衛の私が少し苦手な「味」なんですから。;;

 アイラモルトの王者と言われる「ラフロイグ」、この味を知らないと本格的なスコッチ、シングルモルトウイスキーを知らないと言われてもしょうがないかも。;;
e0031500_6175687.jpg

 その独特な香りの元は、ピートと呼ばれる泥炭で麦芽を乾燥させたことによるもので、「好きになるか、嫌いになるか。一度で覚える強烈なピートの香り際立つ、アイラモルトの王者”ラフロイグ”」なんだそうです。

 アイラ島で作られるラフロイグ、水にもこのピートが溶け込んでいるのだそうです。もちろん、これもウイスキーの味となり個性を作り出しているのだそうです。「超スモーキー」「際立つピートの香り」「海藻を思わせる潮の後味」と評されるようです。

 私の第一印象は「なんだこの味は!?」でした。w そして、バーの常連さんたちが愛好していることも知りました。一緒にいた長男はあまり抵抗がなかったようで美味しそうに飲んでいました。

 それにしても強烈な香りです。飲んだ翌朝でもまだその香りが息の中に残っていました。初めて「芋焼酎」を飲んだときもそうでしたけど。w

 因みに、ラフロイグはチャールズ皇太子の大のお気に入りだそうです。そんなことはどうでもいいけどね。w
[PR]

# by elderman | 2012-08-09 06:18 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 08月 08日

なぜ、ダーツ?

 なぜダーツに興味を持ったのか?実は、私はキャッチボールをしても3回に1回は暴投するというような運動音痴です。しかも、同じことを繰り返すのが大嫌い。もっともダーツに向いていない人間じゃないかと自覚しています。w

 とはいえ、ゴルフでは時間はかかりましたが、最盛期ではそれなりの精度を持ったショットができるようにはなりました。ダーツはゴルフのショットとは違い、小手先、腕先かな?のゲームなので体全体を使った大きな運動とは違っていそうです。

 こんな私がダーツをやってみようと思った最大の関心事は、ダーツが習い事のように習得に時間がかかること、少しゴルフのショットに似ていること、上達の様子を記録して調べたいと思ったからです。

道具だけは一人前。;;
e0031500_12515497.jpg


 ゴルフでもそうでしたが、運動神経の鈍い私ではどうしても上達に遠回りをしてしまいます。スムースに上達できる人が羨ましいけど、こればかりはどうしようもありません。;;

 ダーツでもゴルフでも基本はあるけど、最終的には自分に合ったフォームをみつけることが肝心なようです。ゴルフは全身運動なので上達にはかなりの年数が掛かり、それでもシングルハンディプレーヤーには届きませんでした。

 ダーツではそこそこ上手くなれればいいと思っています。真ん中のブルに3回に1回命中できればいいかな。目標はそんなものです。

 今の状態は?6回に1回命中できるくらいかな・・・ まぐれも入れての話です。初心者に毛が生えたという程度、いや完璧な初心者です。w

 ここに記録しておくのは、一年後を楽しみにしているからかな。おそらく続けていることと思います。スコアをつけて上昇曲線を分析するのもなかなか楽しいことです。スランプがあったり低迷したり、そして少しずつ上達していく・・・ 楽しめると思っています。

 ゴルフではライバルがいたことが練習のエネルギーになっていたみたい・・・ ダーツではダーツバーのマスターが目標かな。もっと上手な人たちは雲の上の人たち・・・ 目標にもなりません。w
[PR]

# by elderman | 2012-08-08 12:52 | 日々の雑感 | Comments(0)
2012年 08月 07日

DARTSLIVE-100S

そろそろ次の遊びをと考えていましたが、おそらくはネットゲームにはならないだろうとは思っていました。

始めたのは「ダーツ」です。これがまた難しい。>< おそらく年単位で修行を積まないといけないようです。;;

e0031500_10224059.jpg


これは家庭用のもので、ちゃんとスコアが表示されます。お店で遊ぶのと同じです。毎日これで練習していますけど・・・

本格的に練習を始めてまだ一週間、やればやるほどスコアが悪くなっています。;; これは下手になっているということでもなくて、中心に集まるようになって来ているものの、真ん中(ブル)にはなかなか当たらないという段階だからのようです。

まだ狙えない段階ですから、仲間と遊べるのは「カウントアップ」くらいなものです。数字やダブルとかトリプルとかが狙えるようになったら「01」(ゼロワン)や「クリケット」というゲームを楽しむことができるのですけどねぇ・・・ いつになるやら。w
[PR]

# by elderman | 2012-08-07 10:22 | 日々の雑感 | Comments(0)
2012年 08月 02日

姉の手

 姉とは数十年も身近に接したことがありませんでした。本当に久し振りに、いや久し振りという元の記憶がないくらいです。その姉と長時間一緒にいることになり、初めてどんな人なのかを知りました。

 美人とは言えないと思うけど、若々しくて、頭も良さそう、とてもいい感じです。別に身内のせいでそう思う訳じゃないと思うけど。w

 「冬のソナタ」の影響か、持ち前の好奇心で思いついたこと・・・ 姉の手を握らせてもらいました。

 なんと言ったらいいのか、不思議な感覚でした。異性の手を握っているという感触がないのです。まったく色気を感じません。w

 これってやっぱりDNAのなせる業じゃないのかなぁ・・・ 自分に似たDNAの持ち主には異性を感じないような。

 そもそも恋愛感情ってのは、自分にない性質を持っている相手に魅力を感じるものだと思っています。似たもの同士は、親族でなければ、むしろ反発しそうに思います。

 「異母兄弟」だとこのような感じはかなり薄まるのかも・・・ でも、半分くらい同じようなDNAの持ち主に魅力を感じるものなのかなぁ。
[PR]

# by elderman | 2012-08-02 09:38 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 07月 25日

冬のソナタ(新編集版)

 新編集版の「冬のソナタ」が放送されているのでつい見ています。私が最初に「冬のソナタ」見たのはイランから帰国した直後ですから、日本での「冬のソナタ」ブームが終わった頃だったかな。

 「冬のソナタ」ってタイトルだけど、原題は「冬の恋歌」みたいです。ソナタって響きだけで付けたような・・・ ソナタってクラシック音楽の曲の形式の一つですけど。

 二回目となると観る角度が変わるというか、最初にみたときとはちょっと違った印象になります。

 一番感じたのは、三角関係がこじれてそれからというものユジンは泣いてばかり、時には怒ったりもしてたけど、どうしてこんな女性に魅力を感じるんだろうなんて思ってしまいました。美人だけど、それだけじゃねぇ。

 ユジンは自分たちの結婚話のときも本当につまらなそうにしています。周囲がそれに気が付かないというのも変な話、こういう場合、嬉しそうにするのが礼儀でしょうに。観客に分からせるための演出とはいえ、なんともねぇ・・・ ユジンが変な女性に映ってしょうがありませんでした。

 最初にみたとき、性格の悪い女性の役で出ているチェリンって可愛いと思って見ていたけど、二回目ではそれほどでもなくてがっかり。w

 結末を知っている訳ですから、伏線となる演技がよく理解できます。そして、その演技のいかにもわざとらしいこと・・・ そこまで明瞭にやらないと観客には理解が難しいってことなのでしょうか。

 これだけわざとらしい演技なのに日本でヒットしたのは、外国製のドラマだったからなのでしょう。同じことを日本人俳優がやったら相当臭い演技になってしまいそうです。

 ヨン様って今でも人気あるのかなぁ・・・ あの扁平な顔、趣味の問題かな。w

 それほどのファンではないので、新編集版がどう違うのかまでは分かりませんでした。;;
[PR]

# by elderman | 2012-07-25 10:03 | えるだまの観察 | Comments(2)
2012年 07月 22日

古い日本人と新しい日本人

私の住んでいるところは人口10万人程度のベッドタウン、その駅の南口にバーがあります。ベッドタウンなので駅を降りた人々は家に直帰かと思いましたが、案外そうでもないようです。

バーテンダーが一人でやっているバーで、しかも少し田舎という環境、ですから料金は良心的なもので、つまみ300円、飲み物500円なんて具合です。

そのバーテンダーは30歳ちょいという年齢で、韓流スターのようないわゆるイケメンさんです。ひとあたりはソフトでどんな客でも対応できるという感じ、しかも若くてイケメンですから若い女性客も入って来ます。

行き始めの頃は長男と二人で行っていましたが、最近は一人でも行くことが多くなりました。

そんなところで思ったこと・・・

13年の海外生活を終えて日本で生活を再開した私ですが、法事などで親戚に会うと、なんとなく自分が浮いている感じがしていました。親戚はみなさん年上です。最若年の私は自己主張の強いキャラクターに映っているようです。

親戚付き合いを濃厚にして来ていた訳ではないので、子供の頃から知っている人たちですが、みんながいい歳になっている今、改めてどういう人なのかと観察し合っているような雰囲気と言ったらいいのかな。

自分の浮いた感じ、今で言うKYかななんて思ったりもしますが、どうやらこれは日本人の持つ「察する文化」のせいかなとも考えました。自己主張せずに周囲に合わせるという態度というのかな、奥ゆかしいとも言えるのかも・・・ これは私には全然ない要素です。w

何人かで一緒にいて、その内の一人から「何をしたいか?」と聞かれて即座に自分のやりたいことを答えるというような習慣は外国暮らしで身につけてしまったものです。

日本ではそのような場合、周囲を慮り、はっきりと自己主張することはあまりなかったのかも知れません。なんとなくもじもじして全体の雰囲気がどこかに向くのを待つというか、そういう間が大事なのかも知れません。

外国では逆です。そんな質問をされた場合、もじもじしていて答えられないと、なんだかはっきりしない人、自分というものがないのかとすら思われかねません。w

また、同窓会があって懐かしい仲間と話をしても親戚と一緒のときと同じような違和感を感じました。なんか噛み合わないような・・・

長い海外生活で日本人文化に順応できなくなってしまったのかと、ちょっと考えてしまいました。w

で、話が戻りますが、駅の南にできたバーには若い客が来ます。私と同じような客もないことはないのですが、20代か30代が多いような。

その若いお客さんたちとよく話をするのですが、ここではほとんど違和感がありません。ソフトで気の利いたバーテンダーの醸し出す雰囲気がそうさせているのかも知れません。

とにかく若い人たちと自然に接することができるのです。ひょっとして今の若い人たちは昔の日本人の「察する文化」とは違う、むしろグローバル化した現在、外国人と接するようにしていて何の違和感もないんじゃないかと思えて来ました。

要するに、察するなんて面倒なことはやめて、それぞれが気楽に自己主張すればいいんじゃないの、それが普通になっているような・・・

若い人たちは、恋愛関係ではいろいろ悩んだりして、他人の気持ちを察したり推測したりして苦しんだりしているようですが、普段のコミュニケーションではストレートな感じが自然体に思えました。

こういう若い人たちと話しているように親戚の人たちと話をすると、また自分が浮いちゃうんじゃないかな。;;
[PR]

# by elderman | 2012-07-22 11:00 | えるだまの観察 | Comments(0)