えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 27日

新たな目標

Cフライト卒業の予感を抱きながら。いつものダーツバーに行ってきました。自宅の練習の成果が、果たして違った環境でどのくらい発揮できるだろうかという危惧があったからです。

ゴルフでは、練習場での成果は実際のコースで80%程度くらいしか出ないということを体感していたこともあります。ダーツの場合はゴルフほど複雑な外的要因はありませんが、メンタルな部分が指先に影響を与えるので必ずしも易しいとは言えないような気がします。

実際、ダーツバーで最初のスローをしてみると、なんだか感じが違います。ダーツバーに行く直前、自宅で予備練習をしていたにもかかわらずです。マイダーツとはいえ、やはり環境の違いがどこかに影響しているようです。

40ゲームもやって平均が100点も上がったというのに、ダーツバーではこれまでの初心者のようでした。練習の成果はいったいどこにいったのかと嘆きたいような気持ちでした。

でも、軽く遊んでいるうちに、行きつけのダーツバーということがあるのでしょう、次第にリラックスできるようになって来ました。

そして、いよいよ目標とするバーのマスターとの対戦です。これまでハンディキャップをもらってもなかなか勝てない相手です。マスターの実力はいわゆるアベレージ・クラス(Bフライト)です。

最初はウォーミングアップを兼ねてカウントアップをやってみました。私の出来は450点くらい、もちろん完敗です。このクラスとの対戦では550点前後でないと勝負になりません。;;

しかし、展開が変わったのはそれからです。クリケットで勝負をしました。最初はハンディキャップ付、そしてついにはハンディキャップなし、全勝でした。

マスターは謙虚な性格の持ち主で、クリケットの攻め方が堅い感じです。一方の私はもっぱらトリプル狙い、これを狙うのが大好きなんです。そして、妙に当たります。w

クリケットに関しては既にCフライトを卒業しているのかも知れません。自宅では周囲を傷つけるのが怖くてクリケットの練習はほとんどしていませんけどね。w

でも、"20"と"18"のトリプルの練習だけはできます、これを外してもあまり影響はありませんから。したがって、"20"と"18"のトリプルを狙うのは得意とも言えます。

そして、これまであまり好きではなかった「ゼロワン」ゲームでも対戦してみました。好調にブルを仕留められたので、有利なまま「リーチ」に到達し、最後は"48"点が残りました。"16"のトリプルが決まれば勝利です。

結果は、第一投は残念ながら"16"のシングル、残りは"32"ですから"16"のダブルで行けます。幸運にもこれを仕留めて勝利でした。^^

ダーツを始めて約2か月ですが、Bフライトのプレーヤーと互角に戦えたことに満足しました。こんなに早くそんなことになろうとは夢にも思っていませんでした。やはり、突然とはいえカウントアップで平均値が100点上がったのはまぐれではなかったようです。

マスターは悔しそうでしたが、私のためにダーツの手配やアレンジをしてくださり、実力の上がった私を認めてくださいました。「62歳の手習い」と冷やかされましたけどね。w

そして、今日からは新たな目標を掲げます。「ブル2本!」(3スローで)これが新目標です。これからがむしろ本番じゃないかな、ブル1本がアベレージクラスですから、なんとかそれを乗り越えたい、おそらく時間がかかると思います。

ゴルフでは言えば、100を切って喜ぶ時代を終えて、いよいよ90切りを狙う段階のようです。これからも順風満帆で行くはずがありません、気長に楽しみながらやって行きたいと思います。
[PR]

by elderman | 2012-09-27 09:40 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 09月 26日

Cフライト卒業の予感

現在使っているダーツは、SAMURAIのバレルに先日調達したクルクル回るフライトの組合せです。G'sのSINもいいのですが、ちょっと太めなのが気になっています。

幸い、SAMURAIもG'sもネジが同じ規格なので、二つのダーツの部品をとっかえひっかえやっているのも楽しいものです。

そんな試みの中、SAMURAIにクルクルフライトの組合せをやってみたところ、なんだか調子よく感じました。

カウントアップのスコアをエクセルで記録していますが、なんと!20ゲーム終了後、平均で100点もスコアがアップしたではありませんか!平均50点上げるのも大変なところ、信じられないような結果です。

このままのペースでいけるとは思えませんが、とりあえずCフライト卒業の予感がしました。目標のアベレージ560点までもう少しです。ダーツのスコア、上がるときにはぐんと上がるようです。

とはいえ、まだ300点台を出してしまうこともあって、実力は安定したものではありません。でも、最高点は701をマークしました。この記録は当分破れそうもないかな。w
[PR]

by elderman | 2012-09-26 12:13 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 09月 25日

新兵器、登場!

 面白くて買い求めた新兵器です。バレルはG'sのSINというものです。ちょっと太めで黒光りしています。

e0031500_22345811.jpg

【参考】こちらはSAMURAIです。

e0031500_2241456.jpg

 実は面白いと思ったのはバレルではなくて、フライトが回転するタイプのものを使ってみたかったのでした。

 現在もまだ「スピン・スロー」の研究を続けていますが、フライトはスピンの邪魔になるのか、あるいは一緒に回った方がいいのか、この点を観察してみたかったのです。
 
 「スピン・スロー」の現在は、「スピンをかける」から「スピンがかかる」に進化しています。ボーリングの「ナチュラル・フック」という感じで、スピンを強くかけるのではなく、自然にスローしてスピンも自動的にかかるという具合です。

 スピンを強くかけると、どうしても指先に力が入るせいか失投が出てしまいます。それを避けるために強いスピンをかけることは止めています。
[PR]

by elderman | 2012-09-25 22:35 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 09月 12日

ダーツの考察(6)

 まだまだビギナーですが、ダーツについていろいろと考えています。どうして狙ったところに当てられるようになるのだろうというのが関心事です。

 今熱中している「スピン・スロー」、やはり一筋縄ではいかないようです。難しい要素がいろいろあるのが問題でしょう。

 そこで今回は難しい要素をできるだけ省くことを考えました。

 これまでは、捻りながらテイクバックをしていましたが、そこを省略してセットアップの段階で捻る準備をした形にしてしまいます。テイクバックの位置から直線的に的に向かってスローし、同時にスピンをかけます。

 こうすると一見普通のフォームに似て来ます。違うのは、指の形かな、スピンをかける位置に人差し指があるので、少し親指が突出して見えると思います。

 スピン・スローでもダーツを強く持っては方向が安定しません。軽く持って投げ出すというか飛ばすというか、そんな感じをいつも維持していないといけないようです。

 こういう練習を続けて来て、面白いことに当初はプロのようなフィニッシュにならないと諦めていたものが、ちゃんとできるようになったことです。ちょっと不思議な気がします。

 まだまだ発展途上です。スピン・スローの最大の問題点はときどき暴投が出ることです。スピンをかけなければトリプルの外側なんてまず行かないのですが、スピン・スローの失敗では恥ずかしいような場所に突き刺さります。;;

 とはいえ、カウント・アップでは着実に平均値を上げて来ています。目標は平均560ですから、まだまだ遥か遠くにありますけどね。

 現時点での課題は、スローのリズムとテイクバックの位置かな。テイクバックまでが速いとまずは失敗としたものです。直線的に投げる(飛ばす)ということから考えると、セットアップの位置よりもテイクバックの位置の方が重要じゃないかと考えるようになって来ました。

 狙うときの精度も気にし始めました。ブルのほんの僅か外側に刺さることが多くなって来たからだと思います。
[PR]

by elderman | 2012-09-12 10:11 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 09月 06日

ダーツの考察(5)

 まだまだビギナーですが、ダーツについていろいろと考えています。どうして狙ったところに当てられるようになるのだろうというのが関心事です。

 さらに「スピン・スロー」について続けます。ダーツのバレルってどうして円筒形なのでしょうか?スピンが不要なら四角形だって鉛筆のような六角形でもいいんじゃないのかな?

 ダーツはそもそもハードダーツで始まったものですから、ちゃんと刺さらないと得点にならないとしたものです。そこで強い方向性と貫通力のあるスピン・スローが当然だったのではないでしょうか。

 スピンをかけるためにはバレルは円筒形がいい、当然ですね。そう考えると、スピン・スローは邪道ではないような気がして来ました。w

 先日、ダーツプロの方と話をしていたときのこと、「ダーツのように手元からボールなどを投げるスポーツって他に何があると思うか?」と聞かれました。

 槍投げ?円盤投げ?砲丸投げ?いろいろあるけどどれも馴染みがないものばかりです。ダーツプロが挙げたのは意外にもボーリングでした。ゴルフとダーツの共通性については多くの点でみられますが、決定的に違うのはゴルフは、ボールは打つもので投げるものではありません。

 ボーリングと言われたときには残念ながらダーツとの共通性についてまったく思いつくことはありませんでした。それからずっと考えていたのですが、スピン・スローに至ってス少しダーツプロの示唆していることが分かったような気がします。

 つまり、ボーリングでは正しいフォームで自然に投げればボールはナチュラルフックをします。ダーツでも自然なリリースをすれば僅かに反時計回りの回転になると思います。

 おそらくダーツを支える二本の指で人差し指の方が親指より長いからそうなるような気がします。そして、意図的にスピンをかける場合でも回転の方向は同じ反時計回りです。反対に時計回りにスピンをかけるのは親指が短いのでかなり難しいと思います。

 
[PR]

by elderman | 2012-09-06 09:32 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 09月 05日

ダーツの考察(4)

 まだまだビギナーですが、ダーツについていろいろと考えています。どうして狙ったところに当てられるようになるのだろうというのが関心事です。

 前回書いた「スピン・スロー」の話題を続けます。投げ方には難しい要素がいろいろあるけど、メリットが多々あります。

 ①ダーツのリリースが的に近い。
 ②ダーツが直線的に飛ぶ。
 ③飛行線をイメージできるので、正確に狙える。
 ④小さなテイクバック、大きなフォロースルーになる。

 ネットのブログなどで調べると、スピンをかけて投げる方法に挑戦した人もいるようですが、難しい投げ方のせいか、挫折してしまうことが多いようです。

 私の場合、このちょっと変わった「スピン・スロー」は自然発生的なものなので意図的に難しいことをしている感覚はありません。この方法を始めてまだ2日というところですから、もう少し練習してスローを安定させてみたいと思います。

 実は、この「スピン・スロー」を試したくて、昨日行きつけのダーツバーに行って来ました。人前でやると緊張感から指に影響が出て、上手く投げられないのではないかという心配があったからです。

 実際プレイしてみると家での練習と特に差はないようです。まだ3回に1回くらいしかちゃんと投げられませんが、ちゃんとできればダーツは狙ったところに当たってくれます。

 私がビギナーであることを知っているダーツバーの仲間たちは、私がほとんど遊んだことのない「クリケット」で善戦するのを驚いてくれました。なにしろトリプル狙いが大好きなもので。w

 今は、狙うことができるようになったお陰で、ダーツが楽しくて仕方ありません。^^
[PR]

by elderman | 2012-09-05 09:28 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 09月 04日

ダーツの考察(3)

 まだまだビギナーですが、ダーツについていろいろと考えています。どうして狙ったところに当てられるようになるのだろうというのが関心事です。

 今回はちょっと変わった投げ方の研究です。名付けて「スピン・スロー」かな。w

 この投げ方は私の本能的なものを優先したものです。最大のメリットは的を狙えるというものですが、大きな欠点として難しい投げ方ということになるかも。

 指全体を動かし、かつコックも使います。さらにダーツそのものも少し捻りが加わります。こうすることによって、ダーツは常に的を狙った形になります。

 テイクバックのときにダーツは時計回りに捻られ、リリースのときには反対に反時計回りに回転しながら飛ばされます。文章で説明してもちょっとイメージを浮かべるのは難しそうですね。;;

 結果的に常に的を狙ったいる形だし、それを後方の目で確認できます。スピンが効くせいか、ダーツが重力で落ちるという感覚はほとんどありません。ですから、ちゃんと投げらればかなりの精度で狙ったところに飛ばすことができます。

 ブルから狙いを変えてみたところ、偶然かも知れませんが、20点のトリプルに2発も刺さりました。自分で驚いてしまった。w

 おそらくこのやり方ではいろいろな難しい要素があるので、いつの日か不安定さに耐えられず、ギブアップしそうですが、個性的なスローもいいじゃないかということで挑戦してみます。




なんと!あのフィル・テイラーのダーツ、すごいスピンがかかっていました。投げ方は難しいけど、やはり精度が高いようです。こりゃぁ、練習のし甲斐があるってものです。^^

[PR]

by elderman | 2012-09-04 11:52 | えるだまの観察 | Comments(2)
2012年 09月 02日

ダーツの考察(2)

 まだまだビギナーですが、ダーツについていろいろと考えています。どうして狙ったところに当てられるようになるのだろうというのが関心事です。

 これからは少し個性的な方向に進んで行きたいと考えています。そもそもダーツの投げ方やグリップについては「正しい」というものがないようで、自分に合った投げ方、グリップというのをみつけるというもののようです。

 ということで、今回着目したのが「リリース」です。いくら綺麗なフォームで投げてもリリースで失敗すると狙い通りには飛んでくれません。リリースに関係する要素はいくつかありますが、まずは「グリップ」について考えたいと思います。

 考え方としては2通りあるんじゃないかと思います。①もっとも繊細な指を使う、②少し鈍くても安定した持ち方にする、というものです。一番重要なところですから①を選択しようとしています。

 でも、これは危険と紙一重じゃないかとも考えています。つまり、もっとも繊細な指先を使えば上手なリリースの確率が高まると思いますが、緊張したらどうでしょう?緊張は器用な指先に現れるものです。練習のときはいいけど、競技には向かないんじゃないかという危惧があります。2本ブルに来てもハットトリックが難しいというのも典型的な例かな。

 ここからはかなり個人的な領域になります。私が自然にグリップすると親指と人差し指の先端を使います。中指は軽く支えているだけです。多くの人は人差し指の第一関節辺りを使い、親指と人差し指はほぼ直角に交わっているように見えます。

 結果として何が違うかというと、ダーツと腕の角度が違って来ます。多くの人の場合、ダーツと腕とはほぼ直角かな、私の場合はダーツはもっと上を向いています。私のグリップだとセットアップから姿勢が異なって来ます。

 つまり、腕を垂直にするとダーツは上を向いてしまいます。ダーツを的に向けると腕は的に向かって傾いています。絵にすると、右側に的があるとして「/―」こんな感じかな、「/」が腕で「―」がダーツです。

 プロのポール・リムがややこんな形でした。でも、彼は腕が短いけど、私は長い、ちょっと感じが違います。ポール・リムは普通のグリップですから、おそらく「コック」を使っているのでしょう。手首を後ろに曲げると言えばいいのかな。「コック」は多くのプロに見られますが、「コック」を使うと一層難しくなりそうなので当分はパスです。w

 私のグリップだと、テイクバックも違って来ます。普通はテイクバックの終点は顎の下くらいじゃないかな。私の場合は腕が「/」こういう角度ですから、眉毛の辺りまで上がって来ます。ちょっと普通じゃないでしょ?w

 で、私は少し背が高いので、そこから振り下ろすように投げます。重力の影響もあるせいかダーツは直線的に飛んで行きます。




 早くも軌道修正;;

 この方法での欠点は狙いにくいことみたい。w で、やり過ぎはよくないと思い直し、腕の角度を「/」から「/」くらいに修正しました。こうするとテイクバックでのダーツは眉毛の位置というより目の位置です。後ろに引き過ぎると目にフライトが当たるかな?w

 この方法は考えてみると、セットアップでは目、ダーツ、的が一直線上になり、そしてテイクバックでも一直線上になります。それがいいのか悪いのかは分かりませんけど・・・ 一応は狙える感じです。

 リリースは、的に向けて紙飛行機を飛ばすようにするという感じです。飛行線に沿って腕を伸ばす感じと言ったらいいのかも。個性的なスローになるかと思っていたのに、少し修正したらもはやそれほど個性的な投げ方ではなくなってしまったような。w

[PR]

by elderman | 2012-09-02 10:50 | えるだまの観察 | Comments(2)