えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 29日

参議院の存在価値がみられるか?

三党合意という強行手段で採決された消費税増税、日が経つにつれ国民世論の強い反対が表面化し、マスコミももう偏向報道では誤魔化しきれなくなり、「良識と良心の府」と言われたことのある(今でもいうのかな?)参議院が、その存在価値を示すことになるかも。

参議院も衆議院と同じことになるなら、そんな参議院はいらないな。
[PR]

by elderman | 2012-06-29 15:36 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 06月 28日

日本が独立するためには戦争しかないのか

いつまでも敗戦国として米国の属国でいるというのか。一番の問題はそれでいいとしている日本人の存在ではないのか。なんと情けない国なのか・・・ 日本。

真の独立国にならないことには国際的にも一人前にはなれない。まずは米国に隷属する日本人を浮き彫りにしなければならない。こういう連中が日本をだめにしている。

ちょっと圧力をかければ直ぐに言いなりになる日本、これほど扱いやすい国はないだろう。米国が世界の各国でいろいろなことをしていることは事実だが、日本はそれほどあくどいことをしなくてもいいので楽だろうなぁ・・・

穴の開いたバケツに水を入れたいなら、まず穴を塞いでからにすべきだ。こんなこと常識以前だろ。

まさに嘘つきでバカでペテン師だ。そんな政治家は早く落選してほしい。

本当のことを書くのは、東京新聞とタブロイド紙だけだとは情けない。
[PR]

by elderman | 2012-06-28 10:55 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 06月 20日

自ら痛みを伴う改革

自ら痛みを伴う改革って議員の定数とか歳費の削減かと思っていたけど・・・ああ、なるほどと思いました。

自ら痛みを伴う改革というのは、国民が望まない法案を通して、自らは次期選挙で落選する。確かに究極的な自ら痛みを伴うものなのでしょうね。w

でも、当事者の落選は当然として、成立してしまった法案は国民にとっては大きな迷惑として残ってしまいますけど・・・

困ったもんだ。;;
[PR]

by elderman | 2012-06-20 20:11 | えるだまの観察 | Comments(0)
2012年 06月 12日

日本の政治家の手振り

あのなんとか塾出身の政治家の手振りが大嫌いです。意味もなく腕を上げ下げ、いかにも練習して身につけたって感じがしてすごく違和感を持ちます。あれで分かりやすいと思う人がいるのでしょうか?

もっと心を込めた身振り手振りってできないものかと・・・ あ、そもそも心がないから無理な話なのか。><

操り人形のようにもみえるけど・・・ あ、どこかの省の操り人形だったか。><

あのなんとか塾っていうのは国民の騙し方を教えるところだったのかもね。
[PR]

by elderman | 2012-06-12 13:26 | えるだまの観察 | Comments(1)