<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 27日

信用のないものの順位

信用のないものの順位

1.大手新聞(系列のTV報道も含む。)
2.詐欺師(仕事だから当然だね。w)
3.官僚(行政だけでなく、司法も含む。)
4.政治家(特に弁護士上がりの政治家)

(注)官僚と政治家は人によります。w

信用のおけるものの順位

1.日本の家電製品
2.日本車
3.ファーストフード(回転寿司も含む。)
4.コンビニの商品

製造業と食品関係のサービス業は真面目なんだねぇ。
[PR]

by elderman | 2012-01-27 10:59 | えるだまの観察
2012年 01月 26日

素朴な疑問

経済についての知識はほとんどありませんが、素朴な疑問を提示しておきたいと思います。

デフレ・スパイラルという現在の好ましくない経済状況ですが、望ましいのは若干のインフレ基調なのでしょう。お金が世の中をうまく循環するのにはそういう状態が望ましいものと思います。

政府にお金がないのなら造幣局で紙幣をどんどん印刷して使ったらどうなんでしょう?当然、深刻なインフレを招くという危惧からこれはナンセンスな禁じ手なのでしょうけど・・・

一気に国家予算の半分も紙幣を印刷して発行してしまうというものではなく、コントロールされたインフレ基調を生み出すために徐々に計画的にやればいいと思うのですが・・・

そういう計画が発表されたら海外からの円に対する信用が失墜し、円が暴落して、一気にインフレになるというのかな?円高という機会を活かして紙幣を印刷・発行してしまえばいいのに・・・ 史上最高の円高に対して無策でいるよりいいと思うのですがねぇ。売れない米国債を買うよりずっといいと思うのですが・・・

で、勘繰りたくなるのが、どうしてそれをやらないのか?おそらく偉い学者さんや賢い財務省の役人がすごい理論武装をしていると思いますけど・・・ その武装に隠れた正体というのは、既に蓄財を果たした高齢な官僚たちが日本の国の経済よりも自分たちの財産の目減りをなんとしても防ごうとしているからじゃないの?

極論すれば、高齢な官僚や政治家が日本をコントロールしている限りデフレ基調は続くのでは?インフレ対策には不動産や金などにしておけばいいのかな。それで賢くて先読みできる小沢一郎議員は不動産に投資しているのかも。

ともあれ、高齢者にとってデフレ不況というのはデメリットばかりじゃないということだと思います。老後のために備えた貯金が目減りしないのですからね。
[PR]

by elderman | 2012-01-26 10:18 | えるだまの観察
2012年 01月 24日

どちらが本当?w

「天職」だとか「労働の喜び」とか「仕事は生甲斐」とかいうけど、全然反対のことも言われますね。宝くじの一等賞に当たれば「一生働かないで遊んで暮らせる」だって!w

これはどっちが本当のことなのでしょう?どうも本音は後者のような気がするのですが。w

イスラム教では飲酒が禁止されていますが、「天国に行けば美味しい酒がたっぷり飲める」とも言われるそうです。なんだかこれもねぇ・・・
[PR]

by elderman | 2012-01-24 11:25 | えるだまの観察
2012年 01月 19日

マスメディアが絶対にやらないB層調査

一番的確なB層調査を考えてみました。

問)新聞やTVのマスメディアの政治報道についてあなたはどう思いますか?

①偏向している
②どちらかというと偏向している
③どちらかというと公正だと思う
④公正だと思う

こういう世論調査をする勇気あるマスメディアってないだろうか?
③と④を選択した方々がB層ということになると思うけどね。w


スポンサーがついている限り公正な報道なんてできるはずがないと思っています。NHKのスポンサーは政府でしょ。w

原発問題、検察問題、消費税問題、外交問題、拉致問題、天下り問題・・・ どれもこれも・・・
中立というのは難しいから、とにかくいろいろなことを報道すればいいのに、都合の悪いものは報道しないんだから困ったものです。

ネットの世界は玉石混交、だからネットユーザーは自分で考える習慣が身についていると思います。マスメディアを信用している人ってどうなんでしょうね。怖いなぁ・・・

あ、我が家は「東京新聞」です。東京新聞にしてからはストレスが減りました。^^
[PR]

by elderman | 2012-01-19 09:42 | えるだまの観察
2012年 01月 08日

珍説

夫婦関係が長くなるにつれ、男性は次第に無口になっていくような・・・

一方、死人に口なしとも言われるから、男性は結婚後、次第に死に始めているのかも。そういえば、結婚は人生の墓場なんて言い方もあったような。w

そう考えると、浮気というのは結婚しても死に切れない男性が再び生を求めるという行動の現われなのかも知れない。

日本人男性には何度も結婚するという人は少ないようだが、外国では結構いそう・・・ 日本人には諦観が似合うのかな。外国人の方が生命力があるのかな。
[PR]

by elderman | 2012-01-08 09:07 | 日々の雑感