えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 63 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

遥かなる遺産 Part5(9)

平山、岡野とアツーサの三人は、アライーの車でアルボルズ越えの最中である。地震の復旧作業のためだろう、普段より交通量が多い。トラックが山道を行くため、スムースには走れない。乗用車は、車幅のある道路に出ると、のろのろ走るトラックを抜いて行く。

軍隊の車列が前にも後ろにも見られる。平山は、こちらも被災地に向かうのだろうと思った。途中2か所で山崩れがあったことが認められたが、地震の復旧作業のためにだろう、既に通行可能になっていた。

アツーサの実家に到着したときには、すっかり暗くなっていた。アツーサが携帯電話で、実家に電話をしたが誰も出なかった。家に近づくと、門が開いている。アライーは、そのまま玄関まで車を進めた。

玄関で待ち受けていたのは、アツーサの両親ではなく、3人のサングラスの男たちだった。

「平山さん、やばいぞ、やつら拳銃を持っている」

サングラスの男の一人が車に接近して来て、拳銃を向けながら日本語で言った。

「おとなしく降りろ、さもないとジジイとババアの命がないぞ」
「バーバ!」、アツーサが叫んだ。「バーバ」はペルシャ語でお父さんということだ。

平山は、不思議だった。こういうことなら、アツーサには何でもないだろうと思っていたからだ。しかし、アツーサは何もしないでいる。

「どうしたんだ、アツーサ?」
「彼ら、例のプロテクターをつけています」

平山には、ようやく事情が飲み込めた。男たちはアツーサの催眠術を防ぐため、夜にも拘わらず、特殊なサングラスをしているのだ。アリマと呼ばれている坊主頭の男が太い声で言った。

「平山さんと言ったな、ミニ・シャトルを出してもらおうか」
「・・・」
「言うことをきかないと、アツーサの両親の命がないぞ」
「分かった。ちょっと待ってくれ。今、アツーサに聞くから」
「早くするんだな、俺は気が短いんだ」

平山は、アツーサの方を向いて訊いた。

「ミニ・シャトルを渡すしかないようだ」
「はい」
「どこに隠してあるの?」
「あの堆肥です」

アツーサの指したところは、庭の草木、野菜のための堆肥を置いてある場所だった。こんもり盛り上がったところだが、車二台分の大きさのミニ・シャトルが隠れているようには見えなかった。

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-11-30 08:05 | Comments(0)
2007年 11月 29日

福島県会津坂下町に行ってみて

先日ふらりと行って一泊した福島県会津坂下町について雑感を書いてみたいと思います。南東北とも言えるのでしょうか、最初にこの表記をみたときには当惑したものです。まるで東西南北みたいですものね。南の東北地方ということなのでしょう。

坂下町は福島県でも会津磐梯山を越えた新潟県に近いことろにあります。会津若松市からは30kmくらいだろうと思いますが、それでもかなりの田舎です。道路は整備されているので、車では不自由を感じませんが、反対に鉄道の廃れ具合はひどいものです。4時間に一本の運行では利用するにも不便で仕方がありません。

旅館で私が一番興味を持ったのはTV番組でした。普段あまりTVを見ませんが、他にすることがないとは言え、珍しくTVをみることにしました。番組もそうですが、CMも関東でみるものとは全然違っていて、それがとても面白かったのです。

「過疎」という言葉が何回も聞かれました。私の住んでいる千葉県にも過疎地域はありますが、その全県版というところです。三島村という過疎で悩む村が、民芸品を特産物にして頑張っているということが紹介され、行ってみたくなりました。会津坂下町から車で行けば、近いのですが、列車では宿泊しないといけなくなりそうなので、今回は諦めました。

全県の天気予報でも、なんとか通りという名前が使われていて、どこかの市内の話かと思うと県の地域を指しているようでした。不思議な名前で呼んでいるものだと思いました。「浜通り」だったかな、この名称が県の一部の地域を指しているようにはとても思えませんでした。

私の宿泊した日、日ごろの行いが悪いせいか、今年一番の冷え込みという天気でした。旅館に聞くと、真冬は石油ストーブを入れて暖房するそうですが、11月中旬ではまだその用意がありませんでした。部屋の暖房はエアコンだけです。設定温度を上げても、室温が18度以上には上がりませんでした。

私は寒いのが苦手なので、8時には布団にもぐって寝てしまいました。旅館で暖かいのは温泉だけということでした。割烹旅館というだけあって、料理はなかなか美味しいものでしたが、地元の典型的な料理らしいものはなかったようです。豪華な料理付きで一泊1万円ですから、とても嬉しかったのですが、寒いのには閉口しました。

料理の味付けをみると、かなり塩辛いもので、これが東北地方の味なのかと思いました。米は新米のせいか、とても美味しかったです。酒は燗で4合(実際には3合程度)をいただきました。地酒と書いてあるのが一番安かったので、それを注文しましたが、味の方は特に美味しいというものではありませんでした。

帰りはローカル鉄道を楽しみましたが、駅舎には吉永小百合のポスターばかり。福島県人は吉永小百合が好きなのかと思いましたが、どうやら理由は広告を出すスポンサーがないので、JR東日本が旅行などの広告を張り、そのモデルになっているのが吉永小百合ということのようです。

電車の中をみると、もちろん中吊り広告などはほとんどありません。私の住む四街道市でも千葉駅から下る電車には極端に広告がないので状況は似たようなものでした。良好な自然環境はいいのですが、一般のサービスという点では都市と田舎とではその格差が目立ちました。

(三丁目の夕日のようなレトロな食堂が駅前にありました)
e0031500_10415792.jpg

(会津坂下町の案内)
e0031500_10422557.jpg

[PR]

by elderman | 2007-11-29 10:42 | えるだまの観察 | Comments(2)
2007年 11月 29日

遥かなる遺産 Part5(8)

平山の心の中には大きなジレンマが生じた。宇宙船のことなど今回の事件に巻き込まれた自分のことは知りたい、しかし、そのために行動すれば敵の罠にはまるかも知れないのだ。しかし、敵の罠は巧妙だった。平山はその誘惑に抗うことはできないようである。

平山は考えている。こちらにはアツーサがいる。それでも敵に対抗する術があるのだろうか。アツーサは、あのサングラスが読心術あるいは催眠を防ぐプロテクターだという。アリマと名乗るだけのことはあるようだ。

「アツーサ、それで、ミニ・シャトルはどこにあるの?」
「さあ、どこでしょう?」
「こらこら、からかわないでほしいな」
「実家にあります」
「そうか・・・」

平山には不思議に思えてしょうがない。アツーサにはすごい能力があるというのに、自分にはそういうものは何もないのだ。それがどうしてこんな厄介な事件に巻き込まれなければならないのだ。たまたまアツーサを秘書として採用したから、そんな役割を負わされただけではないのか。

平山が、そうやって自分自身を納得させていたところに、アリマの使いがやって来た。彼のメッセージによれば、平山がイランに来るようになって、事件に巻き込まれたのは必然というような話なのだ。平山は、自分自身が選ばれなければならない理由はどこにもないと思った。

「アツーサ、実家に行こう。敵の罠でも構わない。アツーサの力を信じたい」
「そうですか、分かりました」

アツーサは、不本意ながら承諾するという態度だった。そもそも、こんな事件に巻き込んだのはアツーサじゃないかと思う平山である。



こちらは、葉巻の煙が充満した薄暗いオフィスの中である。黒服の男たちが話をしている。

「有馬組長」
「社長と呼べと言ってるだろうが」
「へい、すんません。では、有馬社長。やつら動き出しましたぜ」
「動かなければ、動かすまでよ。がはは」
「では、ヘリコプターにどうぞ」
「イラン人は、チャガタイだけを連れて行く」
「へい、分かりやした」



一方、航空関係コンプレックスのシャフィプール大佐のオフィス。大佐は秘書からの電話を受けている。

「例の日本人か。そうか。待機させてある部隊を出動させろ、尾行に気づかれるな」

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-11-29 06:50 | Comments(0)
2007年 11月 28日

遥かなる遺産 Part5(7)

平山のオフィスに突然の来客があった。事前に連絡もなく、日本人が現れたのだ。黒いスーツにサングラスという、いかにもその筋と分かるようなスタイルであった。

「まぁ、どうぞ、お座りください」と言い、平山は客人をソファに案内した。
「有馬の使いで参りました」
「有馬さん?」
「有馬組、ご存知ないですか?」
「すみません」
「そうですか。彼からのメッセージをお伝えします」
「人違いのような気がしますが・・・」
「『自分のことを知りたければ、宇宙船に行くことだ』ということです」
「え!」

平山は絶句した。どうして、この男が宇宙船のことを知っているのだ。平山は混乱した。アツーサは日本語が分からないが、男の雰囲気の怪しさからか、睨みつけている。

「それだけです。では、失礼します」

黒いスーツの男は部屋を出て行った。

「アツーサ、あの男、宇宙船のことを知っていた」
「え?どうしてでしょうか?」
「誘拐犯の一味かも」
「誘拐犯はミニ・シャトルのことは知っていても、宇宙船のことまでは知らないのでは?」
「そう思っていたが・・・」
「それで、何て言っていたのですか?」
「『自分のことを知りたければ、宇宙船に行くことだ』だって・・・」
「そんな・・・」
「有馬という人からのメッセージらしい」
「え!ア・リ・マですか?」
「ああ、そうだ」
「まさか、あのアリマ?」
「そんなはずはないだろう。バカバカしい」
「本名でなくても、そう名乗ったのかも知れません」
「むむむ、そういうことなのか・・・」

平山は、直感的に罠だと感じた。アリマという人、平山を宇宙船に向かわせたいらしい。なぜか?宇宙船がほしいのか?しかし、その場所を知らないのかも知れない。

「しかし、あの男、サングラスを外さないなんて失礼なやつだ」
「ミスター・平山、いいえ、あれはプロテクションです」
「え?どういう意味?」
「彼の心の中が読めませんでした」
「うひゃぁ、アツーサはそんなこともできるのかよ」

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-11-28 01:10 | Comments(4)
2007年 11月 27日

日曜大工の様子

次男坊夫婦の部屋のために、これまで次男が使っていた部屋のリフォームをやっています。壁紙と床を替えてみました。壁紙はオーソドックスなものです。まぁ、きれいに仕上がりました。床材は、ワインの栓に使うコルク材のものを採用しました。床が冷えるので断熱を期待したものですが、実際暖かい感じです。^^
e0031500_1159096.jpg

e0031500_11591197.jpg

e0031500_11591944.jpg

[PR]

by elderman | 2007-11-27 11:59 | 日々の雑感 | Comments(6)
2007年 11月 27日

遥かなる遺産 Part5(6)

平山はいつものように5時半に起きた。早起きのようだが、実際の理由は日本との時差にある。インターネットで日本人との交信はできるのだが、イランで夜の9時頃になるとみんなが就寝してしまうのだ。おやすみの挨拶で自分まで眠くなってしまい、早く眠る習慣が身についてしまったのだ。

書斎から見えるアルボルズ山脈を眺め、のんびりした朝を過ごすのが日課であった。アライーの運転する車は8時まで現れない。

そうしていると、足元がゆっくりと大きく揺れ始めた。地震だ。アパートの構造のせいだろうが、非常にゆっくりした気持ちの悪い揺れである。揺れは次第に大きくなった。平山は10階に住んでいるが、地震のときにエレベータを使う訳にもいかない。飛び降りるには高過ぎた。

逃げ場のない平山は覚悟した。こうなったら他のビルの倒壊でも見てやるぞ、そんなヤケクソの気分だった。平山のアパートは高層ビルで構造がしっかりしているが、普通の5階建てのビルは下から組み上げていく地震にはもっとも弱い構造のものだ。

長い大きな揺れはようやく静まった。平山は急いでテレビのスイッチを入れて、普段はみないイランの番組にしてみた。しかし、日本のように直ぐに地震情報が出ないようだ。

「ミスター・平山、おはようございます」
「おはよう。すごい地震だったね」
「はい」
「あれだと、どこかで大きな被害が出ているんじゃないかな」
「カスピ海の方のようです」
「え!実家は大丈夫?」
「まだ分かりません、電話が繋がらないのです」

平山が地震の情報を得たのは、オフィスに着いてからだった。アツーサによると、震源地はカスピ海らしい。平山は、地震だけでなく、地震による津波を考え、アツーサの実家がますます心配になった。アツーサは携帯電話でようやく現地の状況を知った。幸い、実家の方にはあまり被害はないらしい。しかし、カスピ海沿岸地域の地震による被害は甚大であった。

イランは地震のある国である。テヘランでもいつ地震があってもおかしくない。しかし、5階建てのビルは下から組み上げるタイプのものだし、貧しい人々の家は煉瓦造りである。もしも、テヘランに大きな地震が来たら、数十万人もの死者が出てもおかしくないのだ。

アツーサの携帯電話が鳴った。平山は、何か悪い知らせかと思った。しかし、電話から岡野からだった。

「カスピ海で地震だって?」
「うん、アツーサの実家は被害はないそうだ」
「そっか、それは良かった」
「心配してくれていたのか」
「あ、うん、それもあるけど」
「え?」
「宇宙船、どうなったかなぁ?」

平山には、岡野の言いたいことは分かったが、今は地震の被害の援助のためにアルボルズ山脈を抜けるルートは大変だろうし、あの山道そのものの土砂崩れがあるかも知れない。宇宙船のことは、今は考えないようにした。

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-11-27 01:18 | Comments(0)
2007年 11月 26日

遥かなる遺産 Part5(5)

平山が、岡野のアパートで話している。岡野がしみじみと言った。

「それにしても、3,000年もの間、壊れないマシーンというのはすごい技術だなぁ」
「電化製品の会社だったら潰れちゃうだろうけどね」
「使っていれば、消耗品には寿命があるだろう」
「使ってなくても、あちこちがおかしくなるものだけどね」
「そこが違うってことだろう」

「ところで、岡野さん、湖底の土砂の下の宇宙船には接近できないのだろうか?」
「絶対とは言わないけど、相当難しいねぇ」
「爆破したらどうだろうか?」
「そんな爆弾、手に入らないだろ?」
「そうだなぁ・・・」
「まあ、諦めるしかないだろう」
「悔しいなぁ」
「確かにな、母船にはいろいろな未来の技術と情報があるだろうなぁ」
「自然科学は、まだ我々の手に負えないだろうけど、戦争を避ける知恵は貴重だ」
「そんなものがあると思うか?」
「ミソラとアリマが共存していたのだからねぇ」
「宇宙船の中の一時的なものかも知れない」
「スルガ艦長、彼の能力をどうしても知りたいんだ」
「アツーサは知らないのか?」
「知っていたら、苦労しないさ」
「それはそうだな」

平山は、スリランカ人のシェフが夕食を用意しているので、岡野のアパートを早々に引き上げた。

平山は、岡野との話で出たアツーサのことを考えている。現在、彼女は問題を抱えているのだ。テヘランの不動産バブルは継続していて、アパートの家賃が年々値上がりしているというのである。平山はアツーサの給料をインフレに合わせて上げているのだが、追いつかないらしいのだ。アツーサは移るためのアパートを探していた。

テヘランで暮らすためには持ち家でないと相当苦しい。一人分の稼ぎは賃貸料に消えてしまうのだ。持ち家でも、子供のいる世帯では、質素な暮らしで月に500ドルは必要だろうし、普通の生活をするためには1,000ドルくらいは必要だろう。

平山は、ときどきアツーサが暗い顔をしているのを見ることがある。そういうときは決まって将来のことを考えているのだった。家賃のこと、自分の仕事のこと、これからかかる子供の教育費のことなど、テヘランで生きるというのは厳しいことのようだ。

カスピ海の実家に行くのはどうかと訊くと、ご主人の仕事の関係でテヘランでないといい仕事がないという。

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-11-26 04:52 | Comments(0)
2007年 11月 25日

手作り足温器

書斎で机に向かっていると足先が冷えて来ました。冷え性ではないのですが、歳のせいでしょうか。そこで、家にあるもので何とかならないかと作ってみました。名づけて「足温器」です。

次男の寝室にあった「行火」を利用して作ってみることにしました。消費電力20Wですから、経済的です。ただ置いても暖かいのですが、足を楽に乗せるのには少し傾斜が必要です。日曜大工で余っていた板の端切れを使って作ってみました。外部の風の動きを防止すれば一層暖かく感じるだろうと、段ボールの箱を利用してみました。

すべてあり合わせの材料なので、なんだか妙な色になりましたが、どうせ足元なので気にしないことにします。足元が暖かいと寒さを余り感じないで済みますね。無駄な暖房の節約になるかも知れません。
e0031500_5573914.jpg

e0031500_5574695.jpg

(注)こんなものを作ったりしてのんびりしているようですが、それはここまでの話でした。実は、次男夫婦が同居するために引っ越して来るので、家のリフォームを手作りでやっています。壁紙張り、床張り、家具の移動などなど、まだまだ作業は続きます。12月9日にはいよいよ引越して来ますから、当分準備作業が続きそうです。(汗)
[PR]

by elderman | 2007-11-25 05:57 | えるだまの観察 | Comments(10)
2007年 11月 25日

遥かなる遺産 Part5(4)

黒塗りの大型ベンツが止まった。運転席と助手席から男が二人降りて来た。助手席の男が後ろのドアを開けた。降りて来たのは、やや小柄で小太りの坊主頭の男である。3人は、サングラスをかけ、黒いシャツに、黒いスーツを着ている。ネクタイは暗い色である。

運転席から降りて来た男が、門にあるインターフォンのボタンを押した。それから1分もしないうちに、チャガタイとその部下が門のところにやって来た。

「ボス・有馬、ホシュアマディード、ハレショマーチェトレー?」
「日本語で話せ、何を言ってんだか分からん」

坊主頭の男は、チャガタイの握手を無視して、ポケットから葉巻を出すと、先端を喰いちぎった。一本が1万円もするハバナである。脇にいる黒い服の男は、すかさずジッポのライターを差し出し、葉巻に火を点けた。

全員がチャガタイのオフィスに入ると、話が始まった。坊主頭は、黒い服の男の通訳を介して話を聞いている。

「ブツの取引の方は順調らしいな」
「へい、警察とは仲良くしていますんで」
「需要は増加している。アフガニスタンからはどうだ?」
「へい、一時は減りましたが、今は持ち返してまさあ」
「よし、引き続き頑張ってくれ」
「へい」
「で、UFOとやらはどうなった?」

坊主頭にこの話をされて、チャガタイは当惑した。どうして知っているのか、部下がボスに知らせたのだろうか・・・ チャガタイには、UFOの伝承とそれを探し始めたときの記憶しかないのだ。

チャガタイの代わりに部下がミニ・シャトルのことを話し始めた。アツーサのこと、誘拐のこと、催眠術にかけられたこと、カスピ海でのこと、それらを話した。話を聞き終えて、坊主頭は言った。

「そうか、ミトラの分身が出現したのか・・・」
「へい、アツーサの目を見ないようにはしたんですが」、チャガタイが答えた。
「バカめ、記憶まで消されおって」
「面目ない」
「ミニ・シャトルはどこかにある」
「またアツーサの子供を誘拐してみましょうか?」
「いや、やつらにミニ・シャトルを使わせるのがいい」
「というと、いずれ宇宙船に接近しようとするってことだよ」
「宇宙船?」
「ああ、母船だな。ミニ・シャトルは短距離移動か作業用だ」
「なるほど」
「動き出さなければ、動かなければならないようにするまでだ」

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-11-25 05:55 | Comments(0)
2007年 11月 24日

こういう所に行って来ました(9)

郡山からは東北新幹線で帰ることにしました。経済的には、会津若松から高速バスを利用するというのがいいようです。でも、4時間半かかると聞きました。
e0031500_695298.jpg

e0031500_610284.jpg

[PR]

by elderman | 2007-11-24 06:10 | Comments(10)