えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 77 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

ランタナ

熱帯の花というイメージの強いランタナですが、まだ元気に咲いています。
e0031500_301225.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-31 03:00 | 花と樹木(温帯) | Comments(8)
2007年 10月 31日

遥かなる遺産 Part3(8)

翌朝、平山が目を覚ますと、家の中では何の物音もしなかった。まだ、みんなが眠っているようであった。平山は目が覚めてしまったので、庭に出てみることにした。部屋から出ると、リビングの隅で運転手のアライーが眠っていた。大きな家でもベッドルームには限りがあるようだ。

朝の光の中、外に出てみると、やはりそこは大きな庭であった。大きなフェニックスがあり、ミカンの木、ビワの木などが植えられていた。300坪はあるだろうという広さである。庭には何種類もの花が見られたが、平山には、バラ、マリーゴールド、ストック、ゼラニウム、ナデシコ、キンレンカなどが認識できた。

穏やかな朝は、そこまでだった。平山がのんびりと庭の花を見ていると、家の中が騒がしくなったのだ。アツーサが家を飛び出して来た。平山には何が起きたのか、さっぱり分からない。

「アツーサ!どうしたの?」
「カリムがいないの」

アツーサはそう言うと、裏庭に走って行った。平山は、昨夜早く寝たカリムが、朝早く目を覚まして遊びに出たのかと思った。しかし、事情は違ったようだ。アツーサは直ぐに裏庭から戻って、平山に訊いた。

「ミスター・平山。玄関の鍵はかかっていましたか?」
「いや、開いていました」
「そうですか・・・」
「鍵をかけているのですか?」
「もちろん」
「ってことは、カリムが開けたってこと?」
「そうかも知れません」
「部屋はどうなっているの?」
「カリムがいないだけで何も変りはありません」
「外に出たのかなぁ・・・」

アツーサはそのまま家の中に入って行った。平山もアツーサを追いかけるように家の中に入った。アツーサは真っ青な顔で父親となにやら話をしていた。ペルシャ語の分からない平山は、カリムがみつからないと騒いでいるのだろうと思った。

そのとき、電話が鳴った。アツーサも父親も真剣な眼差しで電話を見た。このとき、平山に悪い予感がよぎった。まさか、誘拐なんて・・・ こんな田舎で・・・

電話を取ったのはアツーサの父親だった。あんなに明るくて、優しいアツーサの父親だったが、電話での話しは沈鬱そのものだった。アツーサも真っ青な顔色で父親の様子を窺っている。やがて、父親は受話器を置いたが、その顔は苦悶に満ちたものだった。あまりにも深刻な様子に平山はアツーサに説明を求めることも躊躇された。

アツーサは父親となにやら話をしている。平山にもカリムのことだろうとは察することができた。その時、アライーが起きて来た。それに気がつくと、父親は愛想だけの挨拶をして、奥の部屋に消えた。アツーサは、無言のまま父親を追って行った。

平山はアライーを見て、自分には何が起きているのか分からないという仕草をした。

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-10-31 02:54 | Comments(4)
2007年 10月 30日

アキノノゲシ

春に咲くものを「野芥子」といいますから、秋に咲くので「秋の野芥子」というそうです。芥子と呼んでもキク科の植物ですが、別々の属です。アキノノゲシの花は、白っぽいのが特徴です。
e0031500_645031.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-30 06:45 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
2007年 10月 30日

遥かなる遺産 Part3(7)

平山たちが目的地に着いたのは、もう既に暗くなってからだった。食堂でお昼を食べ、休憩しながらの移動である。アツーサの子供のカリムは、車の中ではひたすら眠っているが、一度車を降りると元気一杯で走り回っていた。それらが、時間が予想以上に掛かった理由であろう。

アツーサの実家は、小さな町の外れにあるようだった。それでも、道路は街頭がつき、整備されていた。実家は道路に面したところにあった。大きな敷地らしく、門が開いてもさらに車で中に進んだ。玄関には、頭髪の薄くなったアツーサの父親と母親が迎えに出てくれていた。

ようこそ、ここはあなたの家です、平山にはペルシャ語は分からないが、多分、そんな挨拶だろうと思った。平山は、ペルシャ語でありがとうというのが精一杯であった。アツーサはカリムの世話で忙しく、通訳不在だったのである。

二泊三日の日程である。平山は着替えやウイスキーを入れたバッグを持っていた。アツーサは、挨拶や紹介の後、平山をベッドのある部屋に案内した。割り合い大きな家のようであった。

平山が荷物を置いて部屋を出ると、そこは広いリビング兼ダイニングルームだった。まずは、リビングにあるソファーでくつろいだ。カリムは、実家にあるいろいろな玩具で遊んでいる。運転手のアライーもリビングで一服である。ただ、彼は遠慮してか、一番端のソファーに座っている。

アツーサの両親は、英語を話さない。したがって、アツーサは仕事でもないのに、平山の通訳をしなければならなかった。カリムの面倒、通訳、母親の手伝いと一人三役をこなさなければならない。アツーサの両親は、どちらもとても穏やかな性格の持ち主で、平山はまったく緊張せずにくつろぐことができた。

そして圧巻は、アツーサの母親による手料理であった。イランでは、レストランのメニューというのは大体決まっていて、もっぱらラム肉のケバブばかりである。平山は、これにはすっかり辟易していたのだが、家庭料理となると話が違う。そして、夕食が始まる頃になると、アツーサの弟夫婦がやって来て合流した。こちらは英語が話せるので、アツーサは通訳から逃れることができた。

イランの家庭料理は、レストランのものとはまったく違っていた。ケバブはあったが、チョウザメのケバブであり、メインはガチョウの丸焼きだった。シャーミーというハンバーグのようなものもあった。味付けは、果物、ハーブ類を使っているという。キュウリやトマトのサラダも用意されていた。サフランライスのおこげも面白いものだった。

平山は両親の許可を得て、持参したウイスキーを飲んでいる。もちろん両親はイスラム教徒だが、そんなことにはちっとも構わないのであった。もちろん、ウイスキーを飲んでいるのは平山だけであった。飲酒について話を聞くと、父親は飲めないことはないが、心臓に問題があるため飲まないということであった。

平山が気がついたことは、カリムが遊んでいるところにあるテレビが、衛星放送で外国からの番組をやっていた。女性が髪の毛を露出しているので直ぐに分かる。しかも、その姿は日本のテレビ番組で見るものと変わりがなかった。

食事は、11時頃にようやく終了したが、眠ってしまったカリム以外は全員リビングにいた。お開きになったのは、もう1時を過ぎた頃であった。

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。

(参考)チョウザメのケバブ
e0031500_6401789.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-30 06:39 | Comments(4)
2007年 10月 29日

ジンジャー

ショウガ科のジンジャー、ジンジャー・リリーとも言われます。温帯の植物というより、熱帯の植物という方がいいかも知れません。和名では「ハナシュクシャ」(花縮紗)と呼ばれます。
e0031500_23254742.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-29 00:05 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
2007年 10月 29日

遥かなる遺産 Part3(6)

「ミスター・平山。主人はようやく働き始めました」
「そう、良かったね」
「はい、でも、まだ軽い仕事だけのようです」
「しかし、本当に奇跡のようだね、あれだけの大事故だったのに」
「はい、神に感謝いたします」

アツーサとは二年も一緒に仕事をして来たのだから、平山にはアツーサの考えていることはだんだん読めて来ている。ご主人の交通事故の連絡を受けたとき、放心状態にみえたアツーサだが、ご主人をなくしたらどうやって子供と暮らしていくのか、そんなことを考えていたのだろう。

平山がみていて、アツーサが心配性なのが分かる。アツーサは、平山が帰国したら、その後どうしたらいいのか、そんなことを考えていることもある。イランでは学歴のある女性といえども、意外といい働き口がないものなのだ。大学でも仕事をしているマジディ部長だが、最近の学生は女子ばかりだと嘆いていたことがある。

「ミスター・平山。週末からの三連休を利用して、私の実家に行きませんか?」
「遠いのでしょう?」
「車で7時間くらい掛かると思います」
「ご主人はどうするの?」
「主人は仕事があるので、子供だけを連れて行きます」
「アライーの車で?」
「はい、できれば・・・」
「そう、じゃぁ、アライーに頼んでみよう」

平山は忘れていたことだったが、アツーサの実家に行くということを前にその話をしたことがあった。アツーサのご主人が自宅で療養生活をしているということもあり、そんなことは完全に忘れていたのだった。



木曜日の朝、アライーの運転でアツーサと子供のカリムが平山のアパートにやって来た。イランでは、天気の心配をする必要がないのがいい。いつも快晴である。なにしろ年間雨量200mmという世界である。しかし、アルボルズ山脈を越え、カスピ海周辺になると話は違う。年間降水量は日本並みにある。

アパートを出て30分も高速道路を走るとテヘランの郊外になる。周囲は樹木のない、岩山ばかりである。その岩山を縫うようにして道路が作られている。テヘランからカスピ海方面に出るには、2ルートあり、今回アライーは東回りのルートを選んだ。

(参考)テヘランの郊外
e0031500_11472465.jpg

標高がどんどん上がっていく。周囲の山々の頂上付近には、まだ雪が残っている。冬には格好のスキー場となり、テヘランからのスキーヤーたちで賑わうのだ。

(参考)冬はスキーヤーで賑わう
e0031500_12513425.jpg

車はアルボルズ山脈越えの一番高いところに到達した。3,000mくらいの標高だろう。そこには、エマムザデハシェムという聖地がある。平山には、詳細は分からなかったが、こういうエマム(聖人)にまつわる聖地はイランの各地にあるものだ。

(参考)エマムザデハシェム
e0031500_2320451.jpg

やがて、ダマヴァンド山が見えて来た。標高5,670mのイランの最高峰である。もちろん万年雪に覆われている。頂上がカルデラで扁平なら富士山のように見えるのだが、こちらは頂上まで尖がっている。

(参考)ダマヴァンド山
e0031500_11393989.jpg


(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-10-29 00:00 | Comments(0)
2007年 10月 28日

ヒメツルソバ

ヒメツルソバも花期が長いですねぇ。ほとんど一年中見られるような感じです。
e0031500_33582.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-28 03:35 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
2007年 10月 28日

遥かなる遺産 Part3(5)

マジディ部長は平山をベランダに誘った。別荘は小高い丘の上にあって、ベランダからは山村を見下ろすことができた。ベランダには鉄製の手すりが設えてあった。平山が周囲を見渡すと、小高い丘にいるとはいえ、周囲の岩肌を露わにしている山々はさらに1,000m以上も高いようだ。遠くの山には万年雪が見えている。

(参考)アルボルズ山脈の中にある山村
e0031500_844459.jpg

山村の家々をみると、村人だけではないようだった。大きな庭を持つお金持ちの別荘のようなものが見えた。平山は、イラン人のお金持ちってどういう人なのか考えをめぐらした。商人なのか、政治家なのか、土地成金なのか、もちろん知る術はない。

「ミスター・平山。静かだろう」
「はい、とても静かですね」
「都会の喧騒を忘れて自然の中で時間を過ごすなんて、最高だと思わないか?」
「そうですね」
「私は、政府の仕事と大学の講師、それにコンサルタント会社で働いている」
「三つも仕事をこなすなんて大変ですね」
「二つの仕事を持っているのは普通だよ」
「そうなんですか、でも、若い人たちには仕事がないのでしょ?」
「そうだな、それがこの国の問題だ」

マジディ部長は、ここで大きくため息をついた。

「ミスター・平山。面白いことを知っているかい?」
「どんな?」
「イランは禁酒国だが、禁酒でなかったパーフレビ王朝の時代よりも阿片中毒者の数が増えている」
「仕事にありつけない若い人たちが阿片中毒になるというのは、大きな社会問題ですね」
「この国の平均年齢を知っているだろう?」
「はい、30歳以下の若者だけで70%にもなるようですね」
「男は大学に行こうとしないで、直ぐに金になる商売にばかりに走る」
「それで大学が女子ばかりになるということですね」

平山には、マジディ部長の嘆きが分かるような気がした。問題の多い現状をみて、イランの将来を憂えているのである。平山には、イランのイスラム革命で王様や金持ちを追放した結果、みんなが豊かになるのではなく、反対にみんなが貧しくなってしまったように思えてならない。

谷間の日暮れは早い。陰がどんどん下から上がって来る。空気が次第に冷え始めて来た。

マジディ部長は台所に行くと、太い指で小さなナイフを使いながらキュウリとトマトを調理し始めた。そして、次に、ケバブを焼くために、バーベーキューセットみたいなものをベランダに用意した。燃料は炭である。

マジディ部長は、炭の一塊を小さな金網のバスケットに入れ、石油をかけて点火した。しかし、それだけでは炭が燃え出すことはない。バスケットには1mくらいの針金がついている。マジディ部長は、ベランダで針金の端を持ってグルグルと回し始めた。炭がパチパチと音を立てる。

平山は感心した。なるほど、これなら強風の屋外でも簡単に炭に点火できる。バスケットの炭は直ぐに赤い光を発し始めた。完全に火のついた炭の塊を、バーベキューセットみたいなところに敷かれた炭の上に置いた。そして、ブリキでできた小さな煙突を立てて、イランの団扇で煽り始めた。
e0031500_10194280.jpg

イランのケバブは大きな焼き鳥のようなものだ。マジディ部長は、味付けされた鶏肉の串を炭火の上に置いた。脂身だけの串があり、その脂がしたたり落ちるようになると、それを手に持って丹念に鶏肉になすりつけた。

鶏肉のケバブは、冷凍食品として売られているものだが、炭火で焼いたせいかとても美味しかった。平山は例によってウイスキーを持参していたので、冷蔵庫から氷を出して来て、マジディ部長に勧めた。彼は少しだけ飲んだが、それ以上は飲まなかった。マジディ部長は心臓に問題を持っていると言った。

この晩、平山はマジディ部長といろいろな話をした。どうしてイラン人が拝火教からイスラム教に改宗したのか、イスラム革命がどのように進められたか、イラン・イラク戦争のときのイランの様子、パーフレビ王朝時代の話、英国の介入の話など、話は深夜まで続いた。

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-10-28 03:29 | Comments(2)
2007年 10月 27日

クコ(枸杞)

ナス科のクコです。葉は枸杞葉(くこよう)、果実は枸杞子(くこし)、根は地骨皮(じこっぴ)と呼ばれて薬用にされるそうです。
e0031500_0133882.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-27 00:13 | 花と樹木(温帯) | Comments(8)
2007年 10月 27日

遥かなる遺産 Part3(4)

平山は、100kgもありそうな巨漢のマジディ部長の運転する4WDでアルボルズ山脈の山道を走っていた。週末をマジディ部長の友人の別荘で過ごそうという誘いを受けたのだった。テヘランでは、40度近い気温になっているが3,000mもの高地に来ると気温がぐんと下がる。

マジディ部長は、平山が赴任したときには一言も英語を話したことはなかった。今でも、アツーサがいるときは英語で話そうとはしない。しかし、平山と二人になると英語で話しをしてくれた。どうやら、頭の中で言いたいことを英語に翻訳するのが億劫という感じであった。

山道を走りながら、マジディ部長が言った。

「若い頃、この辺りを歩き回ったものだ」
「レンジャーだったのですか?」
「いや、兵役中の話だ」
「ああ、イランでは兵役は義務でしたね」
「あの頃は、痩せていたけどな」

平山は、マジディ部長の痩せていた若い頃の姿を想像することはとてもできなかった。

「ドクター・マジディ。敵兵がこんなところまで来たのですか?」
「いや、いなかったな」
「なんだ」
「訓練の意味があったのかもな」
「なるほど」
「あの頃の上官や仲間は、今頃どうしているかなぁ」

そうは言っても、マジディ部長は当時を懐かしんでいるようではなかった。平山は、あまり思い出したくない体験だったのかも知れないと思った。

やがて4WDは谷間の山村に着いた。マジディ部長は車を止めると、商店の一つに入って行った。食料なら持参しているはずだが、何か足らないものでも思い出したのだろう。平山は、待っている間に周囲を見渡した。すると、直ぐ近くに奇妙な建物があり、そこから湯気が出ているのに気がついた。建物からは太いパイプが突き出していて、そこからお湯が落ちていた。

買い物から戻ったマジディ部長に訊くと、そこが温泉であるということが分かった。イランの最高峰のダマヴァンド山は富士山と同じように休火山と言われている。温泉があっても不思議ではないのだが、平山はイランに温泉があるなんて夢にも思わなかった。

マジディ部長は巨漢のせいだろう、足に問題持っている。平山はできるだけ荷物を持って、マジディ部長と一緒にゆっくりと別荘に向かって歩いた。空気はひんやりと冷たくて気持ちがいい。

小さな橋でせせらぎを渡ると、木につながれたロバが草を食んでいる。

「あ、友達がいる」

そう言ったのは、マジディ部長である。アゼルバイジャン州のタブリーズ出身のマジディ部長の自虐的な冗談であった。イランのジョークでは、トルコ人(厳密にはアゼルバイジャン州の人)とロバとは同じことで、部下のいるときには絶対に言わない冗談である。

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。

(参考)イランにある温泉
e0031500_0101182.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-27 00:03 | Comments(0)