えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 97 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

レストランみぃ~つけた。^^

このすごい田舎にレストランがあるとは想像すらしていませんでした。夕食は自炊とばかり思っていましたが、これからは生活が変わります。^^

タイのことですから、レストランにはアルコール類の持ち込みはまったく問題ありません。つまり、私にとっては居酒屋ができたということと同じことなんです。喜ぶ訳でしょ。^^

ことの発端は、この村に英語を話す人がいないという嘆きから始まりました。嘆きと言っても誰かに愚痴をこぼす訳でもなく一人で嘆いていただけですけどね。このときまで私が知っている限りでは、自転車を買ったお店に少し英語を話す女性がいただけです。

ということで、私はその女性から村に関する情報を得ようと自転車をこいで出掛けて行ったのです。果たして、何もない村のことですから、目指した女性は自転車屋(家具屋でもある)にいました。”Can I help you?”と言ってくれたので、まさに渡りに船です。

私は、「この村には何があるの?」、「この村で英語を話せる人は誰?」、「レストランはあるの?」、いろいろな質問をぶつけました。英語を話す人はほとんどいないようでした。彼女自身、村に来たのは一年前だと言っていました。

レストランの質問をしたとき、彼女は「それなら直ぐそこにある」と言って私を案内してくれました。そこは、自転車屋さんの直ぐ隣でした。今まで、こんな小さな村にレストランがあるなんて夢にも思っていなかったので、まったくの盲点だったようです。

行って見てみると、確かにそこはレストランです。テーブルが20くらいあります。結構気の利いたデザインに見えました。今回はまだ写真を撮っていませんが、近々撮影してアップしますね。しかも、そこのレストランの女性、少し英語を話すのです。これは嬉しかったなぁ。^^

そんなことやっていたのはお昼過ぎだったので、私はコーラを注文しただけでお店を去りました。今晩が楽しみ、楽しみ、雨が来ないといいなぁと祈る気分でした。夕方に雨が来るのは普通ですから、可能性は五分五分と言ったところでしょうか。

午後5時を回った頃、雨は来そうにもありません。すると問題は夜です。私の自転車にはライトがありませんから、暗くなると困ります。暗くなるのが何時かチェックしていなかったので少し心配になりました。多分7時くらいまでは明るいかなとは思いましたが、やっぱり心配です。

ということで、5時15分頃には自転車をこいで目指すレストランに向かいました。自転車で5分くらいの距離です。昼間会った女性はいました。笑顔で歓迎してくれます。これがタイなんですよねぇ。^^

私はビールを飲みながら、ヤムウンセンと魚の揚げた料理を注文しました。なかなか料理が出て来ません。ビールが無くなりそうなので、私は一計を案じました。タイではアルコール類の持込は可、しかもお店には国産のウイスキーしか置いていない。そこで向かいのスーパーマーケットに行き、安いスコッチを一瓶買って来ました。

もちろん、レストランの女性にウイスキーを買って来るから、ボトルを置いておいてくださいと買いに行く前に聞いておきましたよ。これで、私にとってこのレストランは居酒屋に変身した訳です。ビールは缶程度にして、あとは好きなだけウイスキーを飲めます。

ウイスキーがテーブルに乗ったところに料理が出て来ました。いや~満足、満足。これで自炊から開放されました。もちろん雨のときは自転車では行けないので、自炊はしますが、毎日しなければいけないという義務感からの開放は嬉しいものです。

実際問題、毎日このレストランに行くかどうかは分かりませんが、料理を作りたくない、面倒という気分のときに、ちょっと出掛けて夕食を済ませることができるのは何よりも嬉しいことです。

ところで、肝心のレストランの味ですが、美味しかったですよ。しかも良心的な値段です。^^
e0031500_2195454.gif

[PR]

by elderman | 2007-05-31 21:05 | 日々の雑感 | Comments(8)
2007年 05月 31日

ノボタン(ノボタン科)

遠くからでも綺麗な紫色の花が目立ちます。シコンノボタン(紫紺野牡丹)はブラジルが原産のはずですから、東南アジアには持ち込まれたものでしょうが、道路際だけでなく道路から離れた場所でも見られます。 沖縄から東南アジアが原産だそうです。木の大きさは3mにも及ぶものがあります。

接近して花を見てみると、園芸種に見られるようなひ弱さは感じられず、少し肉厚の花びらに見え、短めの逞しいしべを持っています。花は一日花だそうです。それでも次から次へと咲いてくれます。

別名で、「スパイダーフラワー」とも呼ばれるそうです。学名では、”Tibouchina urvilleana”、英名では、”Glorybush”、” Princess flower” 学名は、”Melastoma candidum”です。
e0031500_1292518.jpg

e0031500_12101350.jpg

e0031500_12104695.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-31 12:11 | 花と樹木(熱帯) | Comments(0)
2007年 05月 31日

タイの犬

私はこれまでにタイにいたとき、犬が鎖につながれているのを見たことがありません。そして、愛犬家たちが犬を抱いたりして可愛がっているのも見たことはありません。お金持ちがペットとして飼っている場合にはそういう場面を目にするのでしょうが、残念ながらそういう人たちとの交友関係はありません。

では、タイ人たち犬をどうしているかと言えば、要するに放し飼いです。犬たちは自分たちのテリトリーを知っているのでしょう、そこから外に関しては無関心のようです。先日花の写真を撮ろうと他人の敷地に少し入ったら、大きな犬が数頭吠えながら出て来ました。「うひゃぁ、これはまずい」、急いで門から離れたら、それ以上は追って来ませんでした。

先日、スーパーマーケットから帰って来るとき、途中の道路で少し様子の変な大きな黒犬と遭遇しました。目を合わせるとまずいかと思い、少し離れながら通過しようとしましたが、その黒犬が追いかけて来るではありませんか。「あわわ、これはまずい、あいつ狂犬病持っていそうだし」と懸命にペダルを踏みました。暑いからでしょう、黒犬の追撃は直ぐに終わりました。

タイにいる犬ってどれもでれ~っとしていて日本の犬のようではありません。仏教国だからなのでしょう、誰も犬をいじめないし、暑いところで汗をかけないから活動するのが辛いんじゃないかな。でも、お隣のマレイシアでは、事情は違いました。イスラム教のせいでしょう、不浄な動物と考えられているのだと思いますが、いじめられているので、犬たちは痩せていつも逃げ回っていました。

私の下宿先には、二匹の犬がいます。どちらも雌犬のようです。黒っぽい犬はとても大きくて50kgくらいありそうです。白い犬は二回りくらい小さくて20kgくらいでしょうか。私のことはご主人さまのゲストととして認知してくれているようです。日本の犬のように愛嬌を振舞うということはなく、どちらかと言うと無関心のようです。

早朝だったかな、甘えるような犬の鳴き声がしましたから、ご主人さまに甘えていたのかも知れません。大きな黒い犬が甘えるような声を出すとは想像できませんけどね。熱帯のせいか、どちらの犬も軽い皮膚病を持っているようで、ちょっと触る気がしません。(苦笑)

下宿先の犬・・・こちらはポッキーです。
e0031500_1502942.jpg

もう一匹、名前を聞いたけど忘れちゃった。(汗)
e0031500_1065563.jpg

アンダマン・ピース・リゾートにいた犬、どこか上品。^^
e0031500_1514276.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-31 10:08 | えるだまの観察 | Comments(8)
2007年 05月 31日

熱帯の植物(12)

熱帯の植物の12回目です。暑い中、自転車をこいで珍しい熱帯植物を追い求めています。

(コンロンカ・・・こちらは野生のものです。学名ではムッサエンダです。)
e0031500_845524.jpg

(ムッサエンダの白色・・・こちらは園芸種でしょう。)
e0031500_8431996.jpg

(クラウンフラワー・・・紫色のをみつけました。)
e0031500_8441811.jpg

(ジャカランダ・・・大木になるのですが、タイで大木はまだ見たことがありません。)
e0031500_8454532.jpg

(ノニの実・・・ヤエヤマアオキ)
e0031500_847076.jpg

(デュランタ・・・花と実の写真です。)
e0031500_8475159.jpg

e0031500_8484874.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-31 08:49 | 花と樹木(熱帯) | Comments(4)
2007年 05月 30日

のんびりした今日一日

もともとのんびりした日々を過ごしているのですけど、今日は特にのんびりです。洗濯物は昨日済ませてしまったし、朝市への買い物もこれといってありません。ウイスキーが切れたのでスーパーマーケットに行って買ってくればいいくらいなものです。

国産の安いウイスキー、下宿先のおじさんが結構飲んでくれるのでいつもテーブルの上に置くようにしています。結構と言っても、飲兵衛の私の酒量の比ではありません。一本500円くらいですから安いものです。おじさんだけだったら、月に3本もあれば足りるんじゃないかな。

そんな訳で、朝市にも行かないのでのんびり起きました。7時過ぎまで寝ていることは滅多にないのですが、昨夜は夜中に起きてしまったので、朝寝坊してしまいました。地元の人たちは6時前には起きて、朝市に集い、井戸端会議をやっています。昨日はそこに参加できましたが、タイ語がよく分からないのでその場にいてニコニコしているだけです。

今朝は、遅い起床のせいでお腹が空いたので、昨夜の残りのチンジャオロースーでご飯を食べました。朝からどうかというメニューですが、捨ててしまうのはもったいないので、しょうがないですね。下宿先のおばさんも、おじさんも昨夜は家で食事をしなかったようです。もう一品、私の用意した三月豆と豚挽肉の玉子とじはそのまま残っていて、ちょっといたみかけていました。もちろん捨ててしまいましたけどね。

7時頃という時間帯には、下宿先には誰もいません。おばさんもおじさんも朝市に出掛けて行っているからです。私はネスカフェを飲んでゆっくり過ごし、冷水シャワーを浴びて外出することにしました。行くあてはないのですが、今日の外出は少し長く出て行こうと考えていました。

8時半に家を出ようとしたのですが、まだ誰も帰ってこないので鍵を掛けて出ました。好天のせいでしょう、8時半でももうかなり暑くなっています。10分も自転車をこぐと汗だくです。最初かなり負担だった自転車にも馴れ、今では一気に朝市の場所まで行くことができます。

私は、ひょっとしておじさんがまだ井戸端会議をやっているかも知れないと思い、朝市の昨日の場所まで行ってみましたが、残念ながらいませんでした。ま、いっかと朝市を離れようとすると下宿先のおばさんが声を掛けて来ました。私が朝市で何か買いたいものを探していると思ったのでしょう。私は「何もありません」と言ってその場を去りました。

行くあてのない自転車散歩です。今日は村の北の方向に行ってみようと思いました。道端の樹木や花を見ながら、発見があれば自転車を止めて撮影します。1時間くらい走ると汗もすごいですが、大分疲れました。道端のお店でペプシを飲んで、一休みしました。

これ以上遠くに行くのはやめようと思い、先日子供たちが川で泳いでいた場所で一休みしようと考えました。場所はなんとなく見当がついていました。少し計算が違ったのは先日は車で移動したため、自転車で行くには思ったより遠かったということでした。Tシャツ全体が汗だらけになってしまいました。

しかも、今朝は帽子を被らなかったので、暑くてたまりません。麦藁帽子でも買おうと目的地の近くの売店に寄りました。自転車で走行中に風で帽子が飛びにくいものがほしいところでした。迷彩色の帽子は好きではありませんが、機能重視で買うことにしました。約200円でした。

店を出ると、そこに先日釣に行ったときに釣をやっていた人たちの一人に出遭いました。私が声を掛けても彼には分からなかったようで、あのときは釣に夢中だったのか私の方には無関心だったようです。私の下手くそなタイ語で釣のことを話すと少しは分かったようです。たまたま帽子を買ったお店の人だったようです。お店で帽子を売ってくれたのは彼の奥様なのか妹さんなのか分かりませんでしたが、私と彼とが知り合いと知ったせいか、一層暖かいスマイルを送ってくれました。

その後、先日子供たちが水泳をしていた場所に行き、缶ビールを飲みながら一休みしました。売店のおばさんが魚がいっぱいいるよというので、餌を買って、魚と戯れ、のんびり時間を過ごしました。もちろん周囲には、売店の人以外誰もいませんでした。

途中でウイスキーを買って家に戻ったのは11時半頃でした。冷水シャワーを浴びて台所に降りて行くと、おじさんがドリアンをさばいていました。私はビールを飲んでいたので、ドリアンとアルコールと一緒はまずいよねと言って、食べるのは遠慮しました。この組み合わせがまずいことは現地では常識でしょう。久し振りにドリアンの臭いだけしっかり嗅ぎました。

私は、ビール一缶では飲み足りないと感じたので、国産ウイスキーにスタミナドリンクを混ぜて飲むことにしました。ウイスキーだけだとちょっと飲むのに耐えない味です。昼間からアルコールを飲む私をタイ人はどう思うのかな。彼らは、日中暑くなるので、体が熱くなるアルコールを飲むということはしないはずですけどね。

私は、タイのカップヌードルにパクチーを放り込んで昼食です。何種類もあるカップヌードルですが、MAMAというメーカーのものは比較的美味しいです。13BHTだったかな。約50円のランチです。屋台で麺類を食べても70円くらいかな、あまり変わりません。おじさんは、残りのチンジャオロースーを食べてくれました。

昼食後、私はエアコンのスイッチを入れ、撮った写真の整理やら、ブログのメンテで時間を潰し、29度設定のエアコンの下で気持ちよく昼寝です。^^

炎天下、二時間半も外出していたので体がまだ火照っています。水を補給して熱中症にならないようにしないといけません。アルコールと一緒の水は補給にならないそうなので、また別に水を飲むことにしましょう。さて、これから植物図鑑の作業をしてから、今晩は野菜炒めでも作ろうかな。

(最初の自転車からこちらに変わりました。今のは頑丈です。)
e0031500_17224512.jpg

(のんびりした田舎です。)
e0031500_17234392.jpg

(赤トンボっていうのかな)
e0031500_17241460.jpg

(元気だねぇ、水の中にいる魚には暑さは関係ないものね。)
e0031500_17252082.jpg

(新芽の紫色がとても綺麗でした。^^)
e0031500_1726269.jpg

(ポニーテールの輪ゴムが切れちゃったところ。でも、魚の餌に輪ゴムがついていた。^^)
e0031500_17265733.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-30 17:23 | 日々の雑感 | Comments(16)
2007年 05月 30日

セロジネ・ウニフローラ(ラン科)

ラン科のセロジネ・ウニフローラです。ビルマからタイが原産だそうです。雨林の林内に生え、樹幹や岩上に着生します。写真の花は、下宿先の庭にある大きな木に着生していました。
e0031500_16125211.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-30 16:14 | 花と樹木(熱帯) | Comments(2)
2007年 05月 30日

苦労を楽しんでいます。(笑)

今回の苦労というのは、帰国の航空券の手配のことです。ゲーム感覚で遊んでいますが、なかなか埒が開きません。先週までは、ビザなし滞在の問題点、滞在可能期間の勉強でした。これも実にややこしい話で理解するのに骨が折れました。

まず、ビザなし滞在可能期間というのは、いろいろ検討した結果、90日間が最長でした。航空券の発券の際に、ビザなしではタイ滞在は30日以内という規定があります。今回は、片道航空券で無事にタイに入国できましたが、これはちょっと裏技つきのものでした。

そして、ビザなしの私の場合、30日以内に国外に出ないといけません。一旦外国に出ると、また入国の問題が発生します。今度という今度は帰国用の航空券がないとタイに再入国できなくなります。そして再入国は2回限りということになっているので、出たり入ったりしても最高で90日間しか滞在できないことになります。

ということで、帰国の日程を決めました。90日間以内で安全をみて、8月5日(日曜日)に到着するものを手配しようとしています。ところが、インターネットの時代というのに、これがなかなか難しい。クレジットカード決済にしようとすると所定のフォームに記入し、パスポートのコピーと一緒にFaxで旅行代理店まで送らないといけないのです。

こんなこと、日本なら簡単なことですが、ここはタイのしかもすごい田舎です。プリンターが村に存在しているかどうかも怪しいし、コピーサービスもあるかどうか・・・ いろいろ情報を集めてみると、インターネットサービスのショップが一つあり、そこにプリンターがあるとのこと、コピーサービスも市場の中にあるということでした。ま、これで一息です。

インターネットサービスのショップに行き、印刷を試してみると日本語のフォントがない・・・ ありゃりゃと思っていると、もう一台CANONのプリンターがありました。CANONなら大丈夫でしょ。ところが印刷してみるとフォントの大きさなどが合いません。(汗)

日本語か英語ならMSワードを使うことはたやすいことなのですが、設定などの操作の表示はすべてタイ語です。記憶に頼って適当な場所を・・・という訳にも行きません。(涙) ほとんどお手上げ状態でしたが、絵文字でなんとなく分かる機能で、フォントのサイズを変えたり、スペースを詰めたりしてA4版に収めることができました。(汗)

パスポートのコピーを頼んだら、一枚1BHTでした。「え?1BHT?」って聞き直してしまったくらいです。でも、考えてみれば一枚約3円ということですから、物価水準からみれば、20円程度になり、むしろ日本よりは割高なのでしょう。

いろいろあったけど、インターネットサービスでもコピーサービスでもみなさんとても愛想が良くて、気持ちが良かったですよ。時間が掛かっても全然苛々しないものねぇ。これがタイなんだなぁって思います。

航空券の手配だけで、この日はほとんど一日それに終始してしまいました。日本だったら10分もかからずに終了してしまうんですけどねぇ。ま、時間は腐るほどありますから、問題はありませんけどね。^^

ということで、タイで田舎暮らしは自動的に8月4日で終止符を打つことになりました。4日にプーケットを発ち、真っ直ぐ帰国いたします。合計80日間くらいの滞在ってことになるでしょう。まだ2か月はたっぷり田舎暮らしができます。面倒な航空券手配が終わったので、気分もすっきりして十分楽しめることと思います。
e0031500_10144583.gif

[PR]

by elderman | 2007-05-30 10:12 | 日々の雑感 | Comments(0)
2007年 05月 30日

熱帯の植物(11)

熱帯の植物の11回目です。まだまだ熱帯を代表する花はたくさんあるようです。

(シロバナサンタンカ・・・赤いサンタンカとはちょっと雰囲気が違います。)
e0031500_442536.jpg

(カラジウムの花・・・花が見られるのは珍しいと思います。)
e0031500_4435859.jpg

(オオゴチョウ・・・ちょっと色が変わっています。)
e0031500_4444711.jpg

(センニチコウ・・・この花は暑いのが好きでしょうね。)
e0031500_5551563.jpg

(パパイヤの花・・・あまり近くで見たことがありませんでした。)
e0031500_446810.jpg

(ヒゴロモコンロンカ・・・暑いせいかちょっと疲れているようです。)
e0031500_4465095.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-30 04:47 | 花と樹木(熱帯) | Comments(2)
2007年 05月 30日

タイ人家族とお出掛け(5)

熱帯の国の温泉で終わりかと思ったら、さらに観光は続きました。おばさんのリクエストは神の声のようなもの、息子さんは素直に従うだけです。私たちが目指したのは、渓流を登り、ラノンキャニオンという場所でした。キャニオンという響きですから、絶景でもあるのかなと期待したくなります。

約5kmくらい走ったと思います。着いたところは、ただの池でした。魚がたくさんいて餌を与えて楽しむというだけのものです。魚は大小たくさんいて、それは楽しめますが、そのためにわざわざこんなところまでやって来る人がいるのかと疑問を持ってしまいました。アンダマン海の魚ばかり馴染んでいるので淡水魚が珍しいのかも知れませんね。

6時頃になったので、私たちは夕食に向かいました。おばさんはよく知っているらしく、お気に入りのレストランを案内してくれました。傾斜のある山の裾にいくつもの食事のできる場所が作られていました。なかなか雰囲気があり、このレストランは私も気に入りました。

どこに行ってもタイ料理なのですが、タイ料理のメニューの豊富さのお陰で飽きるということはありません。バンコクにいた頃は、またタイ料理かと少し辟易したことがありますが、今回はそういうことをまったく感じません。現地の生活に馴れたのかな、それとも本当に美味しいのかな。^^

この日、ランチを少し重くとったので、このディナーはあまり楽しませんでした。私は、二回重い食事が続くのは苦手です。濃厚な食事の後は、あっさりした粗食がいいなぁ。それで私は麺類が好きなのだろうと思います。おじさんの息子さん、タイ人にしては珍しく、やや肥満体形ですが、やはりそれだけ食べますね。^^

こうして、この日曜日の観光が終わったのですが、ラノンから田舎までの約50km、豪雨になってしまい、一日ずっと運転していた息子さん、最後までお疲れ様でした。

(ラノンキャニオンの看板)
e0031500_4313944.jpg

(池)
e0031500_4322787.jpg

(魚に餌)
e0031500_4332830.jpg

(魚)
e0031500_4342617.jpg

(レストラン入り口)
e0031500_4352058.jpg

(ディナー)
e0031500_4361024.jpg

e0031500_437477.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-30 04:37 | 日々の雑感 | Comments(2)
2007年 05月 29日

タイ人家族とお出掛け(4)

この日は実際あちこちに行ったものです。下宿先のおばさん、おじさんが私を連れて行ってあげたいと考えたのでしょう。ずっと運転をしてくれた息子さんに感謝です。ミヤンマーを眺めた後、私たちは温泉に向かったのでした。タイに温泉があるって知らない人は多いでしょうねぇ。私も知りませんでしたけど、ベネズエラにもイランにも温泉ってあるからあまり驚かないというだけのことです。

しかし、熱帯の国に温泉だって、珍しいってだけでしょうに・・・ やれやれ一層暑くなるわい・・・ と心でぼやいているのは日本人だからでしょうね。(笑)

目的地に着くと、そこは渓流のある雰囲気のいいところでした。最初に見たのは温泉の湧き出ているところです。コインが投げ込まれていたりしました。トレビの泉の真似かな。65度だったかな、本当の温泉ですね。

私は、タイ人の友人に言いました。「温泉があるということは火山活動があるということ、火山活動があるということは地震の可能性があるということ、タイは地震がない国って言われていたけど危ないかも」 

友人はみんなにタイ語で通訳していました。先日タイで軽い地震があったようですが、津波の件以来、普段のんびりしたタイ人でも地震という言葉には少し神経質になっているようです。でも、どうなんでしょうねぇ、タイに地震は起きないのでしょうか。

熱帯に温泉、なんだかピンと来ませんが、それでも温泉を楽しんでいる人たちがかなりの数いました。オンドルのように床を暖めているところもありました。冷房がほしいようなところで熱い床に寝て面白いのでしょうかねぇ。とにかく珍しいのでしょう。お年寄りには効用があるのかも知れませんけどね。

そして、日本の温泉のように湯につかっている人たち、もちろん水着姿です。私たちは足湯を楽しみました。43度くらいの熱いお湯でした。体が温まると、相対的に涼しく感じるというものでしょう。まぁ、分からない訳でもないけど、私には雪国での温泉がいいなぁ。

(渓流)
e0031500_10561316.jpg

(熱い湯の出ているところ)
e0031500_1058859.jpg

(温泉を楽しむ人たち)
e0031500_1059297.jpg

(足湯を楽しむ)
e0031500_110312.jpg

(遠景)
e0031500_11251.jpg

(照明の装飾・・・いかにもタイらしいですね。)
e0031500_1131141.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-29 11:03 | 日々の雑感 | Comments(10)