えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 101 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 31日

園芸植物(71)レースラベンダー

園芸では「レースラベンダー」と呼ばれていますが、正式名称はラバンデュラ属「ラベンダー・ムルチフィダ」です。地中海西部沿岸のイタリアやスペインに分布しているそうです。
e0031500_613165.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-31 06:01 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
2007年 03月 30日

チリの白いテラス

日曜大工で作った白いテラス、チリには上がることを許していません。泥んこの足で上がられたのではたまったものではありませんからね。そこで、チリにもと専用の白いテラスをプレゼントしました。白いペンキで塗っただけですけどね。

私が白いテラスでのんびりしていると、チリも白いテラスで寝そべっています。自分も仲間入りした気分のようです。泥んこの足でいくら汚しても文句は言われませんから気楽なのでしょ。(笑) 私がテラスで動くとチリは寄ってきてしまうので、これまでなかなか写真が撮れませんでした。
e0031500_1511499.jpg

e0031500_1512270.jpg

(カメラの嫌いなチリはそっぽを向いてしまいます。)
e0031500_6232743.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-30 15:01 | 日々の雑感 | Comments(17)
2007年 03月 30日

レストランえるだまのお客さま

隠しておくつもりもないので書いておきましょう。レストランえるだまのお客さま第一号は、常連のmadamkaseさん(トルコから)、mintogreenさん(八丈島から)、童遊氏(熊谷から)、それともう御一方(madamkaseさんの御友人)です。

4月3日お昼からの予定です。mintogreenさんには八丈島でお会いし、大変お世話になりましたが、madamkaseさんには初めてお会いできます。トルコからの一時帰国のお忙しい中、時間を割いていただいて光栄です。童遊氏とはネットで知り合い、もう数年来の付き合い、我が家へは二回目になります。

今のところ天気の週間予報では、当日の午後から雨模様ですが、少しずれて予報が外れることを期待したいところです。雨模様では、白いテラスが使えなくなってしまいます。それに桜の花見もできないかな・・・ 天気ばかりは神頼みというところです。日ごろの行いを良くしないとダメかも・・・(汗)

ランチのメニューは、先日紹介したパエリアを主体に、ガリシア風タコのオリーブオイル炒め、グリーンサラダと言ったところを考えています。もちろん、ワインも楽しみかな。本当に晴れてほしいところです。

当日の様子はどうしようかな、madamkaseさん、童遊氏は顔写真をアップしているけど、mintogreenさんは秘匿していますからねぇ・・・ サングラス付きにしようかな。(笑)

ブログを訪問してくださっている他の方々も、どうぞお誘い合わせの上、いらしてくださいね。5月にはタイに向けて出掛けてしまいますから、ご予約はお早めに。^^
e0031500_8272839.jpg

追伸:
日曜大工と家事のため、手が荒れてしまいましたので、えるだまのギター生演奏はありません。悪しからず。m(_ _)m

[PR]

by elderman | 2007-03-30 08:24 | 日々の雑感 | Comments(14)
2007年 03月 30日

園芸植物(70)ハナズオウ

我が家の庭にあるハナズオウ、開花し始めました。漢字では「花蘇芳」と書きます。綺麗な赤紫色の花はよく目立ちます。
e0031500_7484966.jpg

e0031500_7485681.jpg

(全体はまだこんな様子です)
e0031500_7491424.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-30 07:49 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
2007年 03月 29日

タイで田舎暮らしのできる訳

私が計画している「タイで田舎暮らし」を実行するにはいくつもの条件が整わないと難しいようです。そもそも馬鹿げた計画と言われればそれまでなんですけどね。(笑)

一般的には家族が許さないんじゃないかな。自分だけ海外旅行なんて普通は許しませんよね。それと長期に渡る海外滞在のために長期休暇を取るなんてこれも難しいんじゃないかな。

どうして私が可能なのか、その特殊性を整理してみましょうか。

(1)13年にも及ぶ海外での単身赴任生活のせいで、私の不在に家族が慣れてしまっている。
(2)子供はもう成人していて手が掛からない。家内は仕事で忙しい。
(3)88歳の母親ですが、まだまだ健康です。新潟の実父は99歳で元気いっぱい。
(4)私が家族に今回の計画について賛否を聞けば、それは反対するでしょうが、私が言い出したら止められないと思っているようで・・・ 家に無理やり引き止めておいてストレスを吐き出されたらそっちの方が迷惑なんでしょ。(笑)

私自身の事情では、

(5)タイには2年3か月滞在したことがあり、少しはタイ語を話せる。
(6)タイ人の友人があり、今は田舎の実家に戻って生活している。
(7)現在無職。
(8)インターネットと自然があれば、退屈しない。
(9)将来タイに移住したいと思っているので今回はそのテストケースとも言える。
e0031500_837247.gif

[PR]

by elderman | 2007-03-29 08:34 | えるだまの観察 | Comments(8)
2007年 03月 29日

言葉シリーズ(17)ゆすら

「桜桃」と書いてどうして「ゆすらうめ」と読むのでしょうか。「ゆすら」とも呼ぶそうですが、「桜桃」ではとても読めそうもありません。当て字なのでしょう。

語源を調べると、朝鮮語の「移徒楽」(いさら)がなまって「ゆすら」になったという説明をみかけました。「桜桃」は「おうとう」とも読めますが、これだと「さくらんぼ」の別名の「桜桃」を指してしまうようです。

「山桜桃」と書いて「ゆすら」と読ませるものもあるようです。日本酒の銘柄にあるという記事をみかけました。また、「桜雨」と書いて「ゆすらあめ」というものもみかけました。これは造語かも知れません。

サイトの中では、「ゆすら」とは「実を採るために枝を揺する、揺らすから」というような説もありました。

なお、「梅桃」と書いて「ゆすらうめ」と読ませているケースもありました。もともと当て字のようなので、どう当ててもいいのかも知れません。
e0031500_7535119.gif

[PR]

by elderman | 2007-03-29 07:54 | えるだまの観察 | Comments(0)
2007年 03月 29日

園芸植物(69)ユスラウメ

我が家にあるのですが、母が言うには、小梅桜。はて、小梅桜って何だろう?調べてもないんです。どうやら正しい名前は「ユスラウメ」(桜桃)のようです。5~6月頃にはサクランボのような実がなって食べられるそうです。
e0031500_6254385.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-29 00:07 | 花と樹木(温帯) | Comments(10)
2007年 03月 28日

還暦のロッキー

還暦のロッキーがボクシングをするところを見たいって人はいるのでしょうか。想像しただけで痛々しいなぁ・・・ もしも、また不屈の闘志で逆転勝利なんて筋書きだったら顰蹙でしょうし・・・ どうやって映画にしたのでしょうねぇ。

日本では団塊の世代が定年退職を迎えつつあります。そんな中、還暦ロッキーの復活は受けるのでしょうか。まだまだだぁって勇気を与える映画なのかなぁ・・・ あるいは、老いなんて意識の問題で本当の肉体年齢は違うぞというサイエンスフィクションなのかな。(苦笑)

念のため、私はシルベスター・スタローンという役者が好きですし、ロッキーという作品も大好きです。そしてテーマ音楽もね。^^
e0031500_13155340.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-28 13:17 | 日々の雑感 | Comments(8)
2007年 03月 28日

デリカメゾン2リットル

ワインは割高だと以前書いたことがありますが、先日スーパーで2リットル紙パック入りのワインをみつけてしまいました。白ワインの値段はなんと925円です。アルコール度数は10.5%と控え目です。味の方は決して安かろう悪かろうという代物ではありませんでした。

本格的ワインに比べれば、値段相当の味とは言えますが、2リットルで1000円しないのですから、以前割安だと言った日本酒の紙パックに匹敵するほどです。この2リットル紙パックの製品は去年の3月に発売されたようです。国産で初めてという新聞記事をみつけました。

飲兵衛の私ですから、10.5%程度の度数のワインではジュースみたいなものです。一回で1リットルは軽く飲んじゃうでしょう。2リットルあっても二日しか持ちません。もちろん家族も飲みますから、二日目に少し残るという程度ですけどね。

ワインは好きだから、これから晩酌程度にはこういうワインがいいかな。とは言っても、赤ワインではちょっと妥協する気にはなれません。白ワインだから気楽に飲もうという気になれるのでしょう。私は、ワインと言ったら赤というくらいですから、赤にはこだわりたいかな。

最近は、無職の身なのでフランスボルドー産の高価なワインはやめて、もっぱらスペイン産のワインを愛用しています。シグロとかトーレスのサングレ・デ・トロとかです。値段の割りに美味しいですよ。機会があったらお試しくださいね。私の行くスーパーでは、私がよく買うせいか、最近ではたくさんおいてあります。^^
e0031500_617442.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-28 06:17 | えるだまの観察 | Comments(8)
2007年 03月 28日

我が家の庭の花たち

先日紹介した背丈の低い水仙が満開です。^^
e0031500_6122299.jpg

ヒヤシンス、蕾の頃は貧相でしたが、なんとかサマになって来ました。
e0031500_6125243.jpg

ハナカンザシ、これは開花ではなくて、咲いていたものが悪天のため閉じたところです。
e0031500_6134197.jpg

ラッパ水仙、こちらは背丈の高いものです。
e0031500_6143894.jpg

裏庭ではフキが咲いていました。
e0031500_6151511.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-28 06:15 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)