えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 97 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

道端の春(1)ホトケノザ

シソ科オドリコソウ属のホトケノザです。陽だまりではもう開花していました。花期は普通は3月から5月といいますから、1か月も早い開花といえるでしょうか。外国人には、「ラミウム」(属名)と言えば通じるでしょう。
e0031500_9411290.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-31 09:42 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
2007年 01月 31日

幼い頃(2)スイカ

私が小学校に入る前、とんでもない田舎に住んでいました。ボンネットのあるバスが走ると関東ローム層の赤土がもうもうと舞うようなところです。雨が降れば、粘土のようになってグチャグチャという始末で、ズック靴が直ぐに茶色になってしまったものです。

そんな田舎だったので、夏になると近所の農家からたくさんの作物をいただいたようです。板張りの台所の床には10個以上のスイカがゴロゴロと並んでました。冷蔵庫のない時代ですから、スイカは井戸の中に入れて冷やして食べたものです。

私は子供ながら、スイカを叩くと、美味しいかそうでないか分かったものです。少し古くなると中心の方が白い粉のようになって美味しくないですものね。家にあるスイカは、すべて中身が赤いものでした。当時、黄色いスイカというのが出始めて、これを食べてみたくてしょうがなかったのですが、もちろん、買ってはもらえませんでした。

おやつなんてロクなものがない時代ですから、スイカは立派なおやつでした。暑い日の昼下がりだったと思います。私が望んだものだと思いますが、母親にスイカを半分に切ってもらって、スプーンに食べることにしたのです。普段は、ちゃんと普通に切ってもらっていましたよ。

小さな体で、大きなスイカの半分を食べてしまいました。スプーンで食べるという行為が面白くて、どんどん食べてしまったようです。その後、満足して昼寝をしたのだと思いますが、私が目を覚ますと、そのまま呻き声を上げて意識を失ってしまいました。

気がつくと、周りにいろいろな人が私を覗き込んでいました。どうやら、スイカの水分のとり過ぎで脳貧血を起こしたとのことでした。子供のときの悪い経験ですから、これは完全にトラウマになってしまい、それ以降まったくスイカを食べる止めてしまいました。嫌いな果物という範疇に入ってしまったのです。

5歳くらいのトラウマが解消したのは、ずーっと後のことです。45歳を過ぎる頃だったでしょうか、バンコクに行ってスイカを食べるハメになってしまったのです。タイ人女性に勧められて、私がスイカを嫌いというのも変なので、しょうがないから少しだけ食べてみることにしました。

食べてみるとサクサクとして、ジューシーで甘いものでした。「あれ?日本のスイカと違う」という感じがありましたが、子供の頃の味覚の記憶との比較では意味がありませんね。タイではスイカジュースもあって、こちらも人気です。普通タイでは、朝食の果物にスイカがあるので、少々いただくようにはしていました。

実は、今でもスイカはあまり好きではありませんが、特に日本のスイカにはいまだにトラウマが残っているようです。スイカ割りでグチャグチャになったスイカなんて絶対に食べたくないなぁ、それに常温のスイカもダメです。(苦笑)
e0031500_9385059.gif

[PR]

by elderman | 2007-01-31 09:37 | えるだまの観察 | Comments(8)
2007年 01月 30日

菜の花が満開

南房総では満開だそうですが、こちらでは満開までもうちょっとかな。川村美術館の公園に咲いていました。
e0031500_13335512.jpg

e0031500_1334442.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-30 13:34 | 花と樹木(温帯) | Comments(8)
2007年 01月 30日

浦島太郎の雑記(34)エブテカール女史

日曜日、テレビ朝日で懐かしい人をみました。私がイランに派遣されている頃、副大統領で環境局長官を務めていたエブテカール女史です。彼女は穏健改革派のハタミ大統領の時代に重用されて副大統領の一人に任命されていたのですが、保守強硬派のアフマディネジャッド大統領が就任してからは、政府から離れていました。

TVでは、久し振りに彼女の姿、インタビューをみることができました。つい最近実施された、テヘラン市議会の議員に当選したそうです。現在のイラン情勢は、米国でブッシュ政権が支持を失い、弱体化していることに反応したかのように穏健改革派が勢力を取り戻しつつあるようです。

米国が強硬に出れば、イランも保守強硬派の支持が高まるという連鎖がみてとれます。エブテカール女史は、歴史的に悪名高い米国大使館人質事件の際にスポークスマン(パーソン)をしたことで有名です。そして、その実行犯たちが、米国はテロリストと喧伝していますが、国の将来を心配した学生であったことが明らかにされています。

私は、いかなる理由があっても大使館を襲い、人質にするということは許されない行為だと考えていますし、イランのイスラム教指導者ホメイニ師がその事件を肯定したということが大きな間違いだと考えていました。しかし、物事にはそれなりの理由があるもので、少し納得はできました。

TV番組で、あの人質事件は、米国がパーフレビ国王を担いで、再度(歴史的にという意味で)王政を作り上げるのではないかということに反対し、国王を引き渡すことを要求するために実行されたことを知りました。事情は分かりますが、それでも大使館を襲い、人質をとるという行動は国際的に許されるものではありません。

エブテカール女史は、穏健改革派に属していますが、米国には何も期待していません。イランの民主化はイラン人によって実現すると言っています。米国の支援や干渉はすべて障害になるとまで言っていました。今回その主張が支持されて市議会議員に当選したのでしょう。

米国の核兵器に関するダブルスタンダード(インドの扱いとイランの扱いの差)、悪の枢軸として敵国呼ばわり、いずれもブッシュ大統領の戦略です。ところが、現在では、野党の民主党が過半数を占めるという議会になり、ブッシュ大統領のリーダーシップは地に落ちているようです。

米国の戦略だったとは言え、それに抵抗してイランの保守強硬派が勢力を伸ばしましたが、米国の姿勢次第では、イランの出方も変わるようです。対峙姿勢が解決策ではないということがこういう動きをみても明確なことですから、これからの米国の外交方針の方向転換を期待したいものです。
e0031500_8525680.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-30 08:49 | えるだまの観察 | Comments(2)
2007年 01月 30日

イソギク(キク科)

キク属(Chrysanthemum)
・イソギク(磯菊)(Chrysanthemum pacificum)、英名:Ajania
(解説)関東地方南部から東海地方、伊豆諸島に分布。海岸の砂浜などに生える。10月から11月ごろ黄色い花を咲かせるが、頭花は管状花だけ。撮影:千葉市花の美術館
e0031500_971120.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-30 08:32 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
2007年 01月 29日

幼い頃(1)鶏

私が小学校に入る前、家の庭では鶏、厳密には軍鶏や矮鶏が飼われていました。毎朝、新鮮な玉子をいただいたものです。父親が、水や餌を与えていて、一升瓶をひっくり返して水が必要なだけ出るようにしているのを見て、賢い方法だなぁなんて観察したものです。

兎を飼っていた時期もあるようですが、あまり記憶にありません。目が赤かったことだけは覚えていますけどね。どうしちゃったんだろうなぁ・・・ まさか、食べちゃったりはしていないと思うけど。その時に、うさぎの餌がハコベだったような記憶がありますが、どうなんでしょう。

今回のお話は、兎のことじゃなくて、鶏の方です。軍鶏や矮鶏は金網で囲われた小屋で飼われていました。当時、玉子は大変貴重なもので、今では新鮮さが重要でしょうが、当時は買うよりも自家製の方が安くついたのだろうと思います。父親はトウモロコシや貝殻を砕いたものを餌として与えていたようで、鶏って変なものを食べるものだと思っていました。

ある日、朝食が済んで、私が台所から庭に出て行きました。多分、外で遊ぼうと考えていたのでしょう。そして、ふと地面を見ると、空豆が一個落ちているではありませんか。茹でた空豆が一個、ちょっと黄土色をしていましたが、私の好物でした。

ひょいと手を伸ばしてつまむと、フニャっとした感触です。茹でた空豆の皮のよりもっと柔らかい感触でした。変だなぁと思って、指を鼻に近づけると・・・「クチャイ~!」。なんと、鶏の糞だったのです。泣き出しはしなかったと思いますが、しかめっつらはしたことだろうと思います。

手を洗って、母親にそのことを話すと、「そんなところに空豆なんて落ちていない」と笑われるだけでした。確かにそのとおりなんですが、それにしても空豆に見えたんですから・・・ ま、それ以後、衝動的にひょいと手を伸ばして何かに触るということはなくなったと思います。(笑)
e0031500_1446968.gif

[PR]

by elderman | 2007-01-29 14:44 | えるだまの観察 | Comments(16)
2007年 01月 29日

ネタ切れにつき・・・庭のコケでも

残念ながら植物図鑑には入らないコケ類です。入れてもいいと思うのですが、種類が多いので困るのかな。まさか、植物じゃないなんてことあるのかなぁ。光合成はするけど、それだけで植物とは言えないかも知れないし・・・ むむむ

コケ植物という言い方もあるから、やはり植物なのでしょうね。そういえば、キノコの類も植物図鑑には入っていませんね。あ、海草もかも。可哀想だけど、私の植物図鑑からは対象外ってことで。

(ゼニゴケかな)
e0031500_14173844.jpg

e0031500_14174673.jpg

(スギゴケかな)
e0031500_14175368.jpg

(ミドリゴケかな)
e0031500_1418248.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-29 14:18 | えるだまの観察 | Comments(6)
2007年 01月 29日

二年前の今頃

二年前の今頃、テヘランは雪でした。帰国してからまだ雪を見ていませんが、テヘランの方が東京首都圏よりずっと寒いですよ。この時期に野草の花の撮影なんて考えることすらできませんでした。日本では、もういろいろ咲き出していますね。

雪のテヘランは、道路が危なくて、好きじゃなかったけど、懐かしいなぁ。
e0031500_204968.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-29 02:01 | 日々の雑感 | Comments(6)
2007年 01月 28日

ヒカゲヘゴ(ヘゴ科)

「ヘゴ」なんて奇妙な名前ですね。見たとおり大きなシダです。恐竜が跋扈していた時代を思わせる植物です。驚いたことに、沖縄料理にヒカゲヘゴの芽を使用するものがあるそうです。

ヘゴ科(Cyatheaceae)
ヘゴ属(Cyathea)
・ヒカゲヘゴ(日陰へご)(Cyathea lepifera)、英名:Flying spider monkey tree fern
(解説)日本の南西諸島、台湾、フィリピンに分布。新芽はあく抜きすれば食べられるという。撮影:千葉市花の美術館
e0031500_12312371.jpg

e0031500_12313220.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-28 12:31 | 花と樹木(熱帯) | Comments(6)
2007年 01月 28日

映画「赤いテント」のテーマ

1970年のイタリア・ソ連映画です。監督ミハイル・K・カラトーゾフ、出演ピーター・フィンチ、ショーン・コネリー、クラウディア・カルディナーレというものです。残念ながら私はこの映画を観ていません。音楽は、エンニオ・モリコーネの作曲です。

編曲は、ハイポジ使用で少し難しい部分があります。
e0031500_12253661.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-28 12:15 | Comments(10)