<   2006年 08月 ( 93 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 31日

浦島太郎の雑記(30)アルコール

日本には驚くほどたくさんの種類のアルコール飲料がありますね。日本酒、ビール、ウイスキー、ワイン、ジン、テキーラ、焼酎、発泡酒、雑種などなど、何でも手に入ります。私は、料理に合わせてアルコール飲料を楽しむのが好きなので、どの種類を飲むかというのはメニューによって決まります。

ところが、どのくらいで飲むのを止めるかというと、その判断基準がよく分からないのです。夕食前に飲み始めて、なかなか食事にならないといつまでも飲んでいるしなぁ・・・ この場合は、ほろ酔い加減で止めるのかも知れないし、ほろ酔い加減が持続するように飲み続けているのかも知れません。

食事が終わっても、飲み足らないとアイスクリームにブランデーなんて飲み方もするから、やっぱりある程度酔う感じに至らないと中途半端という感じなのかも知れません。家でお酒を飲んで泥酔するということはありませんから、この酔いの程度というのが重要なことのようです。

となると、アルコールの摂取量というのが大きな要素になります。味わっているうちは料理に合わせた酒類が必要ですが、ある程度飲んだら、あとは適度な酔いを味わえばいいのかも知れません。味覚は鈍くなるし、当初の味を続けても効果は薄いのかも知れません。

そこで、経済的なアルコール飲料について考察してみることにしました。缶ビール350cc、アルコール度数5.5.%を基準として計算すると、純粋アルコール量は19.25ccになります。短期間の経費ではピンと来ないでしょうから、一か月毎日1缶という飲み方で計算してみます。

毎日1缶として、30日のアルコール量の合計は、19.25×30=577.5ccになります。
以下、同量のアルコール換算で他の酒類の値段を算出すると、

ビール1缶(350cc、アルコール度数5.5%)×30日=5,900円
発泡酒1缶(350cc、アルコール度数5.5%)×30日=4,350円
雑酒1缶(350cc、アルコール度数5.5%)×30日=4,020円

ウイスキー(2400円、720cc、アルコール度数40%)×30日=4,950円
ウイスキー(1200円、720cc、アルコール度数40%)×30日=2,475円
ウイスキー(650円、720cc、アルコール度数40%)×30日=1,340円

ワイン(1000円、720cc、アルコール度数14%)×30日=5,729円
ワイン(500円、720cc、アルコール度数14%)×30日=2,865円
日本酒(980円、1.8L、アルコール度数18%)×30日=1,747円

JINRO(1340円、1.8L、アルコール度数25%)×30日=1,720円
ただし、JINROの場合には、他にウーロン茶などを必要とするので、
24円×30日=720円として、合計は2,440円程度になるでしょうか。

以上の考察により、安い日本酒か、安いウイスキーが一番経済的ということになりました。^^
身近なビールですが、結構贅沢な飲み物なんですねぇ。(汗)
e0031500_8422021.gif

[PR]

by elderman | 2006-08-31 08:40 | えるだまの観察
2006年 08月 31日

植物園の花(16)ヘリオトロープ

ムラサキ科のヘリオトロープです。南アメリカのペルー、チリおよびエクアドルが原産だそうです。和名では「キダチルリソウ」(木立瑠璃草)といいます。写真は千葉市花の美術館で撮影したものです。
e0031500_639243.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-31 06:10 | 花と樹木(温帯)
2006年 08月 31日

浦島太郎の雑記(29)TVのCM・・・その2

1.二面性
  保険のCMです。一人の女性が二役で同時に登場し、一人は厳しい表情で文句を言いつつ、もう一人は優しい表情で保険の宣伝をするというものです。こういう女性を伴侶にして、厳しい表情だけを向けられたら辛いなぁなんて余分なことを考えてしまいます。(苦笑)

2.情けない教師のCM
  どこだかのマンションのCMですが、子供がマンションの絵を描いていて、子供が教師に「さっき言いましたけど」というセリフのあるやつです。発表会で大受けしている子供と一緒に喜ぶ教師、そして記念撮影から外される教師・・・ このCM、笑えるのかなぁ。

3.意外な動き?
  「聞いていませんでした」、「アルバイトです」というセリフのある携帯電話のCMですが、携帯電話の液晶の動きが意外だと言いたいのでしょうか。それとも日本ソフトバンクとの提携が意外だと言いたいのでしょうか。いったい何がいいたいの?という不思議なCMに思えました。(苦笑)

4.自分が証明
  自分の肌が証明、自分の肌で実験・・・ 死ぬまで美しくいたいわ・・・ だって。あの女性が70歳だったら驚いてもいいけどね。(笑)

5.保険の宣伝
  最近、保険金の掛け金がずい分少なくなったように感じますが、何回も病気になっても本当にお金を払ってくれるのでしょうかね。いったいどういう計算をしているのか不思議な気がします。まさか、マイナスを未来に先送りして営業しているんじゃないだろうなぁ。(苦笑)

6.北海道ホワイトカレー
  白いカレーですかぁ、インパクトありますねぇ。でも、美味しいのかなぁ。辛いスパイスに白いものって思いつかないけど、どうやって辛い味が出せるのでしょうか。やっぱり買ってみないといけないかな。この商品もCMも大成功かな。^^
[PR]

by elderman | 2006-08-31 06:08 | えるだまの観察
2006年 08月 30日

植物園の花(15)サルビア

シソ科のサルビアです。サルビアにはさまざまな色がありますね。写真は千葉市花の美術館で撮影したものです。

(ブルーサルビアかな)
e0031500_7215339.jpg

(チェリーセージかな)
e0031500_722248.jpg

(サルビア・ファリナセア)
e0031500_7221170.jpg

(ボッグセージ)
e0031500_722277.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-30 07:22 | 花と樹木(温帯)
2006年 08月 30日

ゴルフ復活手記(11)

2年間まったく休止してしまったゴルフですが、復活をかけて練習したものの、結果は惨憺たるものでした。一回目が107、二回目が98、三回目が103という結果でした。三回のプレーを振り返ると、後半崩れることが多く、足腰の基礎体力の不足が痛感されました。

この夏、三回のゴルフが予定されましたが、今のところ今後の予定はありません。ゴルフを再び止めようかどうしようかと悩ましい状態です。いいスコアを出すためには練習を続けないといけないし、コースにも出ないといけません。いいスコアが必要なのかどうか・・・悩ましいところです。

単身赴任で海外にいると週末には必ずゴルフという生活ですから、上手くなるのは当たり前といえるでしょう。それがちょっと休むとフツーのゴルファーになってしまいます。100前後のプレーというのは典型的なアベレージ・ゴルファーでしょう。90を切って喜んで、100を叩いて腐る。日本ではせいぜい年間20回くらいのプレーが普通でしょうから、そんなものでいいのかなぁ。

別な観点で、体力の維持というテーマがあります、成人病、生活習慣病、これらを意識したら、適度な運動は必要なものでしょう。この観点からは、ゴルフでもなんでも体を動かすことを続けることは健康維持には大切なことのようです。

どうするかなぁ・・・ 犬の散歩にはいい季節になりますが、それだけでは運動不足のようだしねぇ。とりあえず、ゴルフの練習場に行くことは続けることにしようかな。たくさんボールを打てばショットも安定してくるだろうし、ひょっとしていいスコアも得られるかも知れません。
e0031500_6512082.gif

[PR]

by elderman | 2006-08-30 06:49 | えるだまの観察
2006年 08月 29日

地元のお祭り

地元のお祭りの写真です。日本を感じるときでした。
e0031500_18225233.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-29 18:15 | 日々の雑感
2006年 08月 29日

植物園の花(14)斑入りムラサキオモト

ツユクサ科の斑入りムラサキオモトです。オモト(万年青)という名前ですから、あの万年青の仲間かと思ったらツユクサ科の植物でした。葉の形が万年青に似ているということで命名されたようです。ツユクサのような花が咲くようです。写真は千葉市花の美術館で撮影したものです。
e0031500_282172.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-29 02:14 | 花と樹木(温帯)
2006年 08月 29日

ハワイ(7)読書とサーフィン

二日目はオアフ島観光をしましたが、その後、私はもっぱら読書、息子たちはサーフィンというリゾート気分を満喫しました。私は丁度その時、ネット友の女性がハワイに住んでいられたので、彼女の家族との会食が楽しみでした。

私は、イランの派遣のために「千年医師物語Ⅰペルシャの彼方へ」という分厚い本を読んでいました。ハワイにいながらまだ知らぬペルシャの地を夢見ながら過ごしていたのでありました。実際この作品はイランとその周辺の国々の事情が詳しく描かれていて、私には大変参考になりました。

赴任する国イランへの憧憬を深めたのはまさにハワイ滞在のときだったのです。ハワイそのものに見向きもしなかったのはハワイの方々に申し訳ないのですが、個人的にそういう背景があったことをご理解いただきたいと思います。

ハワイ滞在中は基本的に自炊していたのですが、スーパーで買ったステーキとレタスの美味しかったこと、それだけでハワイを満足したと言っても過言ではありません。柔らかくて美味しいビーフステーキは意外でもあったのです。日本の松坂牛などには敵わないだろうなんて思っていたから、一層驚いてしまったようです。レタスはとても水々しくて、こんなに美味しいレタスは食べたことがないというくらいのものでした。

私が読書をし、午後にインターネット・カフェに行ってチャットをし、またホテルに戻るという日々を過ごしましたが、サーフィンに出掛けている息子たちの帰りが遅い日がありました。もう外は真っ暗です。暗くなったらサーフィンは出来ないはずです。普段は呑気で平然としている父親ですが、ひょっとして溺れたんじゃないか、何か事故に遭ったんじゃないか、妙な人に絡まれたんじゃないか・・・ あらぬ妄想に苦しみました。

結果的には面白くて帰りが遅くなったというものでしたが、穏やかなはずのリゾート中に心中穏やかでない時間があったことは忘れられません。もちろん息子たちが帰って来たときには、内心はほっとしながらも平静を装っていたことは言うまでもないでしょう。
e0031500_26055.jpg

e0031500_26819.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-29 02:06
2006年 08月 28日

園芸植物(13)オオムラサキツユクサ

ツユクサ科のオオムラサキツユクサ(大紫露草)です。花が大きく、背丈は1m近くになります。写真は長野県で撮影したものです。
e0031500_15365973.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-28 15:37 | 花と樹木(温帯)
2006年 08月 28日

ハワイ(6)真珠湾

ハワイと言えばパールハーバー、パールハーバーと言えば太平洋戦争、オアフ島を訪れれば、このことを無視していることはできないでしょう。日本帝国海軍の奇襲というか、資源のない国日本の考えた作戦でしたが、その結果は無条件降伏ということになってしまいました。

私の時代になってこうしてパールハーバーを訪問しているというのはなんとも不思議な気がします。60年以上も前に日本軍の飛行機が来襲し、さんざん爆撃、雷撃などの攻撃をした場所という実感はなかなか湧きません。そこで、記憶を留めようとするためでしょう、沈没した戦艦をそのままに記念館として保存してありました。

映画「パールハーバー」はリベンジ・ストーリーにロマンスを載せる手法の映画でしたが、あまり感心したものではありませんでした。史実は正しく描いてほしいものです。病院を攻撃なんてしなかったはずなんですけど、憎い敵として描くための演出だとしてもちょっと問題でしたね。

ミズーリが係留してあり、博物館になっていました。日本の敗戦処理のための署名が行われた戦艦です。想像したよりも小さな戦艦だったことは少し意外でした。太平洋の中では一層小さく見えたことでしょう。

(パールハーバー)
e0031500_8571833.jpg

(戦艦ミズーリ)
e0031500_8572717.jpg

(戦艦ミズーリの艦上)
e0031500_8573820.jpg

[PR]

by elderman | 2006-08-28 08:57