<   2006年 07月 ( 96 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 31日

えるだまの小説集【案内画面】

拙著の中からいくつかを紹介させていただきます。いろいろなメディアを利用しているので、どうか読みにくい点ご容赦いただきたいと思います。ブログに掲載したものは、順序が逆になってしまっています。読みにくくて大変申し訳ありません。

2002年
「人工知能Part1」  「人工知能Part2」  「人工知能Part3」  「人工知能Part4」  「人工知能Part5」

「チャットの達人Part1」  「チャットの達人Part2」  「チャットの達人Part3」

2003年
「不確定未来」

「神々の国」 (ブログに掲載したので順序が逆になっています。)

「幸福の方程式」

2004年
「坂田のバンコク滞在」

「天使の都」 

「ペルシャの秘宝」

「ベネズエラの星」

「タイのオーキッド」

2007年

「ある田舎でのお話」

「遥かなる遺産 Part1」  「遥かなる遺産 Part2」  「遥かなる遺産 Part3」  「遥かなる遺産 Part4」 
「遥かなる遺産 Part5」  「遥かなる遺産 Part6」  


2010年

「ナビア外伝」 
[PR]

by elderman | 2006-07-31 15:06 | えるだま小説【案内画面】
2006年 07月 31日

我が家のディナータイム

涼しさに誘われて、ダイニングルームの窓を開放しての夕食です。帰宅した息子が、「レストランがあるみたい」と言ったので、撮影してみました。料理は見えないけど、美味しそうに思えませんか。^^
e0031500_8133071.jpg

e0031500_8134051.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-31 08:13 | 日々の雑感
2006年 07月 31日

マクロレンズの世界(158)カワラナデシコ

日本の代表的な花の一つのカワラナデシコです。これまで、あまりアップで見たことはありませんでした。大和撫子というくらいですから、アップで見たら失礼かな。
e0031500_883828.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-31 08:08 | マクロレンズの世界
2006年 07月 31日

フランス(5)エスカルゴ

2回目のフランス旅行は2000年でした。前回から18年振りのフランスです。この旅行は観光ではなくて出張だったので週末を楽しんだだけですが、フランス人の同僚(女性ですぅ)と一緒だったのでラッキーでした。

仕事では英語を使わなければならなかったのですが、政府高官はちゃんと英語で話をしてくれました。それでも英語を話したがらない雰囲気はあるんです。私が思うに彼らはプライドで話さないのではなくて、英語の発音のせいで話しにくいように思えました。実際フランス人は英語が苦手だと言います。

予定の行動が終わった後、フランス人の同僚は買い物があるということだったので一旦別行動をとることにしました。私はその間特にやることもないので、手軽なセーヌ川のボートツアーを楽しむことにしました。幸いツアーではフランス語と英語と両方の説明があり助かりました。観光案内はさすがに英語でもやってくれます。

別な日の昼食の時、いよいよ私の楽しみにしていたエスカルゴを食べることにしました。フランス人の同僚は私をパリの有名なエスカルゴ専門店に連れて行ってくれると言ってくれたのです。そして、到着するとこともあろうにそのレストランの写真を撮っているのです。どうしてかと聞くと、母親がお店のファンで写真がほしいと頼まれたと言うのです。

それを聞いた私は、「ははぁ、このレストランはフランス人でも簡単には来られないお店なのかぁ」と思いました。つまり、これでメニューの値段の覚悟ができたということです。そして案の定、エスカルゴ料理を二品と白ワインを注文しただけで3万円が飛んで行きました。(苦笑)

パリジェンヌのアパートの中庭
e0031500_7412110.jpg

セーヌ川ボートツアー
e0031500_7413345.jpg

エスカルゴ専門店
e0031500_7414983.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-31 07:41
2006年 07月 30日

マクロレンズの世界(157)ポーチュラカ

スベリヒユ科のポーチュラカです。今度は、マクロレンズで撮影してみました。
e0031500_1517972.jpg

e0031500_16473885.jpg

e0031500_16465441.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-30 15:17 | マクロレンズの世界
2006年 07月 30日

夏祭り

私にとっては、久し振りの日本の夏です。丁度お祭りをやっていたので、次男と彼女と行って来ました。

(大太鼓の演奏中)
e0031500_10572299.jpg

e0031500_10574183.jpg

(子供の大太鼓演奏)
e0031500_1058188.jpg

(盆踊り)
e0031500_10575942.jpg

(玉こんにゃく)
e0031500_10584451.jpg

(くじの店・・・300円もするし・・・)
e0031500_1059765.jpg

(カキ氷・・・品切れだって)
e0031500_10595971.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-30 11:00 | 日々の雑感
2006年 07月 30日

近所の花29(日本)サルスベリ

ミソハギ科のサルスベリ(百日紅)です。サルスベリの花を見ると、いよいよ夏本番という感じがします。家のサルスベリの木は病気に罹ってしまい、花が咲きそうもありませんが、赤やピンクの花が目を楽しませてくれますね。個人的にはトルコで見たサルスベリの赤い色が印象深く記憶に残っています。
e0031500_2111028.jpg

(参考)トルコで撮影したサルスベリ
e0031500_2121929.jpg

(参考)イランで撮影したサルスベリ
e0031500_15231584.jpg

(参考)タイで撮影したオオバナサルスベリ
e0031500_1646854.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-30 02:12 | 花と樹木(温帯)
2006年 07月 30日

フランス(4)お城巡りツアー

パリには3泊だったので1日はフリータイムになりました。私と義弟はロワール川のお城巡りのツアーに参加しました。パリを離れて、本当のフランスの姿を見られるというのも興味津々でした。パリは大都会過ぎますから、とてもフランス全体を感じることはできないでしょう。

まだ暗い早朝からツアーバスは出発しました。パリ郊外に出ると、そこはもう農業国フランスの素顔が見てきます。広い畑が延々と続いています。

最初のお城に着くまで3時間くらいかかったでしょうか、かなりの時間を走ったと思います。ブロワ城が最初のお城でしたが、私の頭にあったお城のイメージとはかなり違っていました。つまり、ロワール川沿いにあるお城は戦争のためではなくて王族や貴族たちの別荘という趣が強かったのです。実際、シュベルニー城、シャンボール城などは開放的で穏やかな雰囲気を持っています。

シュノンソーというお城が一番お城らしくて綺麗でした。そしてこういう綺麗なお城には血塗られた話がつきもののようで、その説明を聞かされました。このオプショナル・ツアーにはいろいろな外国人が参加しているので、フランス語、英語、日本語と説明が入りますが、バスの中では日本語で説明のある頃には、対象物がとっくに過ぎ去っていました。(苦笑)

このロワール川お城巡りツアーが終わったのは午後8時くらい、もうすっかり暗くなっていました。

(ブロワ城)
e0031500_29953.jpg

(ブロア城周辺)
e0031500_291713.jpg

(シュヴェルニー城)
e0031500_292646.jpg

(シャンボール城)
e0031500_293684.jpg

(シュノンソー城)
e0031500_294689.jpg

e0031500_295711.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-30 02:06
2006年 07月 29日

花名検索用「黄色い花」(大きな花)

オクラ(アオイ科)                              イリス・ダンフォルディエ(アヤメ科)
e0031500_11383276.jpg

キショウブ(アヤメ科)                           フリージア(アヤメ科)
e0031500_11391152.jpg

カボチャ(ウリ科)                              ハナカンナ(カンナ科)
e0031500_11395067.jpg

オオキンケイギク(キク科)                        オオハンゴンソウ(キク科)
e0031500_11402344.jpg

ガイラルディア(キク科)                          キクイモ(キク科)
e0031500_11405424.jpg

キクイモモドキ(キク科)                          セイヨウタンポポ(キク科)
e0031500_11412939.jpg

ピンポンギク(キク科)                           メランポジウム(キク科)
e0031500_1142112.jpg

ヒマワリ(キク科)                              ユリオプス・デージー(キク科)
e0031500_1142427.jpg

ルドベキア(キク科)                            銀葉セントーレア(キク科)
e0031500_11431539.jpg

アリアケカズラ(キョウチクトウ科)                   オオバナアリアケカズラ(キョウチクトウ科)
e0031500_11435188.jpg

キバナキョウチクトウ(キョウチクトウ科)               ペンタリノン・ルテウム(キョウチクトウ科)
e0031500_11442248.jpg

キバナセツブンソウ(キンポウゲ科)                  アネモネ(キンポウゲ科)
e0031500_11445656.jpg

キンチャクソウ(ゴマノハグサ科)                    バーバスカム(ゴマノハグサ科)
e0031500_11453066.jpg

カラー(サトイモ科)                            ヘリコニア(バショウ科)
e0031500_1146379.jpg

ラッパ水仙(ヒガンバナ科)                        日本水仙(ヒガンバナ科)
e0031500_11464382.jpg

ウンナンオウバイ(モクセイ科)                     ユリ(ユリ科)
e0031500_11471898.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-29 11:47
2006年 07月 29日

近所の花28(日本)ポーチュラカ

スベリヒユ科のポーチュラカです。南アフリカが原産だそうです。花は「マツバボタン」、葉は「スベリヒユ」に似ています。暑さにもめげず、私たちの目を楽しませてくれますね。
e0031500_95742.jpg

(参考)スベリヒユ
e0031500_992916.jpg

(参考)マツバボタン
e0031500_994630.jpg

[PR]

by elderman | 2006-07-29 09:05 | 花と樹木(温帯)