えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 102 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

マクロレンズの世界(99)観葉植物

アスパラガス・マイヤーズ
e0031500_985796.jpg

ベゴニア・マソニアナ
e0031500_9101720.jpg

ベゴニア・レックス
e0031500_911212.jpg

ヒポエステス(キツネノマゴ科)
e0031500_9124891.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-28 09:13 | マクロレンズの世界 | Comments(6)
2006年 02月 28日

バルセロナ旅行(第三日目)(後編)

 公園内の散歩で完全に疲れた我々は次なる目的地までタクシーで移動することにしました。幸い逆向きに行動したので、グエル公園の出口で簡単にタクシーを拾えたことはラッキーでした。次なる目的地はもちろんサグラダ・ファミリア教会です。

 サグラダ・ファミリア教会、これはもう十分有名ですから解説はいらないでしょう。遠くからでもその異様な景観は印象的です。タクシーの運転手に近づき過ぎると写真に納まらないので手前で止めるようにお願いしましたが、距離的には良かったのですが、完全に逆光の方向でした。

 グエル公園から向かったからでしょうか、到着したのはサグラダ・ファミリア教会の正門にあたる北側ゲート方向でした。空高く聳える尖塔には二つの大型クレーンも見えています。これまでは完成までに200年かかるとか言われていたようですが、現在の技術では後40年で完成だそうです。それにしても気の長い話ではありますね。

 周辺部分は相当完成しているのですが、肝心の中心はまだほとんどで着手したばかりのようです。教会の中に入ると工事用の資材がいっぱい置かれていてとても教会という雰囲気ではありません。現代の建築物なので形状こそはとても奇妙ですが、古い教会の建築物で感じるような荘厳さというのはまだ備わっていないし、ガウディの親しみやすい造形は教会を親しみの持てる身近なものに感じさせてくれます。

 尖塔の上の方まで歩いても登れるのですが、エレベータ設備もあるので、これまでの徒歩の観光に疲れた我々は迷わずエレベータを利用しました。エレベータを利用しても降りてからまだ狭い螺旋階段を登らなければなりません。すれ違うのが少し大変ですが、途中から見られるバルセロナの市街地の景観や、尖塔の装飾を見ることができて楽しいものです。

 エレベータで降りると我々は南側の入り口に出ました。そこには様々な彫刻で装飾が施されていますが、どれも深刻というよりユーモラスな表情を持つものばかりでした。見る人の気分が違うと違った見え方をするかも知れませんが・・・

 再び北側に回るとそこには公園があり、中心に池が配置されていました。池の向こう側から撮られた写真を我々はよく目にしているようです。疲れた我々はどこかのバールで一休みしようと北側にある大きな歩道の周辺のバールを探しました。太陽の当たる歩道での営業は残念ながら飲み物だけというところが多く、屋外での休憩は諦め、食事にありつける室内のバールに入りました。

 そこで注文したのが、パエリア(パエージャの方が発音が近い)の中でもイカ墨を使ったもので、アロース・ネグロというものです。白ワインとグリンサラダ、イカフライも注文しました。隣の席に地元のスペイン人らしい女性グループが5人入って来ましたが、このグループのおしゃべりの実にやかましいこと・・・耳にがんがん響く大声で騒いでいました。

 すごい騒音の中でしたが、アロース・ネグロはなかなか美味しい。イカとムール貝程度の素朴な具で、その色は真っ黒ですが、それがなんとも美味しい。これにはすっかり魅せられました。もっと美味しいアロース・ネグロがあるかも知れないと次回を楽しみにしました。

 騒々しい喧騒の中の食事でしたが、1時間半も過ごしたでしょうか。次なる目的地はバルセロナにいくつもある世界遺産のひとつであるサン・パウ病院です。歩くのを止めた後、再び歩き始めると脹脛の筋肉が疼きます。日ごろの運動不足の解消です、多少の痛みはなんのその、平地を歩くことなら問題はありません。

 サン・パウ病院は今でも病院としてやっているようで、その古い作りが果たして現代の病院として機能的かどうかは大いに疑問です。それでも建築物はとても美しくイスラム建築の影響を受けているのでしょう、エキゾティックな感じがするとともにイランに住んでいる私には懐かしい感じにも映りました。

 サン・パウ病院の見学の後、ガウディのカーサ・ミラの内部見学をすることにしました。移動は地下鉄ですが、前回乗った路線とは違うので、適当に見当をつけて出たのですが全然違う場所に出てしまいました。降りた駅と前回利用した駅とは相当離れているようです。東京の地下鉄でも乗り換えに相当歩かされることがありますから、それと同じことです。

 カーサ・ミラの見学には案内がつきました。今でも集合住宅として使われていて、一般の見学者には地下と見学用の居住区と屋上が提供されています。馬車の時代ですから、地下は馬車の駐車場といったところです。居住区は1900年代のライフスタイルが展示されていました。屋上は雨水を集めるという目的以外には自由なデザインの空間ですから、ガウディの真骨頂が現れています。ユーモラスな彫刻や塔などが配置されまるで遊園地のようでした。

(サグラダ・ファミリア教会)
e0031500_057163.jpg

e0031500_0581614.jpg

(サン・パウ病院)
e0031500_059786.jpg

バルセロナではカメラを盗まれてしまったため画像がありません。引用している画像は下記の本からです。
”Barcelona the city of Gaudi”
”Park Guell Gaudi's Utopia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
”El Temple de la Sagrada Familia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
[PR]

by elderman | 2006-02-28 01:00 | Comments(4)
2006年 02月 28日

マクロレンズの世界(98)ユリ

ユリ科のユリです・・・というと味も素っ気もありませんが、他に言いようがないようです。学名も”Lilium”というだけです。「カサブランカ」などという華々しい名前があればいいのですけど、写真のものはオリエンタル・ハイブリッド系としか言いようがないようで・・・ まぁ、流通名まで追求する気はありませんので、すいません。白い方のユリは汚れを避けるために花粉を取られてしまっています。なんか、不自然ですね。写真はテヘランの花屋さんで撮影したものです。
e0031500_015296.jpg

e0031500_025831.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-28 00:03 | マクロレンズの世界 | Comments(6)
2006年 02月 27日

マクロレンズの世界(97)観葉植物

カラテア・ロツンディフォリア (クズウコン科)
e0031500_1205717.jpg

カラテア・テニオサ(クズウコン科)
e0031500_1215294.jpg

ピレア・カディエレイ(イラクサ科)
e0031500_1225486.jpg

ペペロミア・カペラタ(コショウ科)
e0031500_1241159.jpg

シンゴニウム・ポドフィルム(サトイモ科)
e0031500_1251047.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-27 12:05 | マクロレンズの世界 | Comments(0)
2006年 02月 27日

バルセロナ旅行(第三日目)(前編)

 バルセロナ休暇の初日は南へ行き海を楽しみました。二日目は東に移動し、ゴシック様式のカテドラルやシウタデラ公園を楽しみましたから、三日目はいよいよ北上して、グエル公園を目指します。グエルというのは大変な資産家でガウディのパトロンになった人です。グエル公園は途中で資金難になったということで、開発が放棄されたそうですが、公園のあちこちにガウディの設計したものが残っています。

 ホテルからは地下鉄で移動です。5番目くらいの駅ですから距離はたいしたことはないと思いますが、2日続けての徒歩での観光ですからもう疲れの最高潮というところです。グエル公園に一番近い駅で降りたのはいいのですが、公園の一番高い丘まで行くのには相当の数の階段を登らないといけません。

 階段の脇にはエレベータが設置されていて、登りが楽なように設備が施されているのですが、悪いことにそれが動いていない・・・・ やれやれ、歩くしかないってことです。

 途中でどういう訳かグエル公園の入り口への表示を見落としてしまい、我々は最初に一番高い丘に向かうことになりました。足の疲れもあるので最初に一番高いところを制覇しておきたいところです。正門でないためか、公園にいた人々は犬を連れた地元の人ばかりでした。

 丘の頂上には宗教関係者でしょう有名らしい3人を葬った十字架が立っていました。ガウディはこの地に教会を建てたかったようですが、完成していたらさぞかし目立つ建築物になったことでしょう。

 この丘の頂上からついにサグラダ・ファミリア教会を見ることが出来ました。最後に見ようと思っていたのですが、巨大構造物ですから高いところから見えるのは当然です。グエル公園の丘からは相当距離があるので巨大構造物と言っても、丘からではかなり小さく見えます。

 我々はどうやら通常の観光ルートの逆向きを進んでしまったようで、公園の入り口が有名なのですが、そこが一番、最後になるということになってしまいました。丘を下るとまず見えたのが緑の鳩のように見えたオウムの群れです。なんとも異様な光景でした。それからグエル資産家の別荘でしょうか、その家を外から見て、敷地を伺い、ガウディ館に向かいました。

 ガウディ氏は建築家ですから館と言ってもそこにはガウディの活躍していた当時のものが見学できるようになっているものでした。興味深いのは館の中よりも周囲の異様な造形でしょうか。その用途は道路とそれを支える橋脚ですが、その形がなんとも異様。怖いという感じがないのがいかにもガウディですが、見るからに異様な造形には驚かされます。天空の城ラピュタって感じでしょうか・・・

 まったく逆の方向からグエル公園の正門に向かいました。この時間になると正門から続々と現れる日本人の数にびっくりさせられます。スペインが人気なのかバルセロナが人気なのか、どちらかは分かりませんが、有名な観光地やブティックには必ず日本人がいました。

 20人くらいのツアーの団体さんが何組も・・・ いつも決まったところにいる日本人。短期間の旅行でしょうからしょうがないでしょけど、もうちょっとバリエーションがほしいものです。それはともあれ、入り口から見るグエル公園はやはり人々の目に優しく映ります。形は異様なのですが、いつも丸みを持つその形と優しい色の組み合わせが安心感を与えるのでしょうか。
e0031500_0405626.jpg

e0031500_0414310.jpg

e0031500_0422648.jpg

バルセロナではカメラを盗まれてしまったため画像がありません。引用している画像は下記の本からです。
”Barcelona the city of Gaudi”
”Park Guell Gaudi's Utopia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
”El Temple de la Sagrada Familia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
[PR]

by elderman | 2006-02-27 00:43 | Comments(8)
2006年 02月 26日

マクロレンズの世界(96)ラッパ水仙

最初に発見されたのはスペインのピレネー地方だといわれているそうです。ふつうの水仙に比べて副花冠が長く、ラッパ状になるのが特徴です。写真はテヘランの花屋さんで撮影したものです。
e0031500_23582897.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-26 23:58 | マクロレンズの世界 | Comments(0)
2006年 02月 26日

バルセロナ旅行(第2日目)(後編)

 9時から散歩を開始してもう10時半です。さらに南に移動するとそこには海がありました。昨夜の場所からは北東に300mくらい移動している程度で、例のコロンブスの塔が見えます。1時間半も歩くと疲れます。特に日ごろの運動不足が効いて私の足はもう既に棒のようです。

 少し寒いけど外にテーブルを出しているバールをみつけ一休みすることにしました。私はビール(セルベッサ)を注文したのですが、家内に聞くと自分にもビールだって。朝の10時半からビールです。さすがにお腹は空いていないので、ビールだけを楽しみ小休止です。結局、家内はビールの半分くらいしか飲めなかったので、私は1杯半飲んだことになります。

 少し筋肉疲労がとれてきたところで移動です。もともとあてはないのですが、思いつきで行動するのが私の外国での過ごし方です。休日なら公園はやっているだろうということでシウタデラ公園に向かいます。方向音痴の家内はひたすら私に付いて来るだけ。こんな小さい街で、しかも太陽はあり、碁盤の目の街並ですから誰でも位置は分かりそうなものですけど・・・

 なんなく公園に到着しました。休日には公園としたものでしょう。観光客が行かないかもしれないのんびりした公園を楽しみます。私の表情はいかにも散歩を楽しんでいるかのように見せていましたが、実はそろそろ日ごろの運動不足の影響が出て来ていました。「バンコクだとマッサージがあるね」なんてのんきな話をしながら公園を散策していましたが、私はふくらはぎの筋肉痛を心配していました。

 バルセロナっていうのはマドリッドに次ぐ第二の都市らしく、博覧会などのイベントが大好きなようで1888年やらいっぱい万国博覧会みたいのをやっています。このシウタデラ公園もその会場になったらしく、その時のものが残っています。かの有名なガウディは滝のデザインを残したらしいですが、下調べ不十分だった私は、これは見逃してしまいました。家内に知られたら怒られるなぁ・・・ だからこれは内緒です。

 公園の中に近代美術館があり、意外なことに開いていました。美術館見学はこれまたたくさん歩くので足の筋肉が本当に心配になりましたが、私はそのような気配を見せず、すたすた歩きます。たくさんの展示がありましたが、「あらそ」というような作品ばかりで、中には感動させられるものもありましたが、全体的にはそれほどではなかったですね。鑑賞眼の問題でしょうか。

 公園の中には興味深い建築物がいろいろありました。家内と公園をのんびり散歩するなんて何年振りでしょうか・・・ 記憶にないくらいです。日本にいるときに犬の散歩がてら近くの公園に行くということはありましたけどね。

 朝食を7時にしちゃいましたから12時頃にはお腹が空いてきます。ところがレストランは1時半でないと開かないし、困ったなぁと思っていると、意外にも家内はバールがいいと言うのです。日本語で昼間からバーがいいって言われたら異様に聞こえますが、スペインのバールというのは一品料理をつまみながらのバーですからちゃんと食事もできます。

 家内の提案を嬉しく思い、気の向くままバールに入ります。赤ワインを飲みながら、サラダを楽しみ、新鮮なイカの料理を味わいます。疲れているので大体1時間から1時間半の休憩ということになります。バールはいつでも開いているから本当に便利です。

 26日はクリスマス休暇でどこも開いていないという情報でしたから、仕方なく昼食後はガウディの有名な建築物を外から見ることにしました。もちろん一番有名なサグラダ・ファミリアは後回しです。歩いたり、地下鉄に乗ったりしながら、ガウディデザインのカーサ・ミラ、カーサ・バッリョ、カーサ・カレベットを見ました。

 ガウディの作品はどれでもユーモラスで、ファンタジックで温かみのあるものです。その異様なデコレーションは宮崎駿氏のアニメーションを思い起こさせますが、本当に宮崎駿氏がインスピレーションを受けたのかも知れません。ガウディの作品は建築美だけでなく、その色彩の綺麗なことも特徴的です。ゴティック建築物ががちがちな硬質な印象なのにとても柔らかくソフトな印象を与えてくれます。

 この日は20kmくらい歩いたでしょうか、私のふくらはぎはもうコチコチです。バンコクのようにマッサージがあったとしてももう痛くて手に負えないくらいでした。ということで4時頃には休憩のためホテルに戻りました。

 ホテルのベッドに辿り着くと案の定、家内はうつらうつら。しょうがないので私は風呂に入り筋肉マッサージです。とにかく日ごろの運動不足ですから足の筋肉を目覚めさせないと・・・・ 

 そして家内はもう起きません・・・ 今日は友人との約束もないので、起きる見込みもなし、下手に起こして怒られても割に合わないし・・・ やれやれという状態です。私も疲れていますからできれば早く寝たい・・・ しょうがないから夕食はピザを買いに出かけました。方向が悪かったのか、行けども、行けどもピザの店はみつからない。とほほ・・・ 10分近く行ってからやっとみつけました。スペイン語でテイク・アウトという言葉を忘れてしまったので、英語でテイク・アウェイと言ったら通じたのでほっとしました。

 この晩はピザと家内の持参した明太子をそのままかじって夕食が終わりです。明日に向けて体力を養わないと・・・
e0031500_20262742.jpg

e0031500_20272198.jpg

バルセロナではカメラを盗まれてしまったため画像がありません。引用している画像は下記の本からです。
”Barcelona the city of Gaudi”
”Park Guell Gaudi's Utopia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
”El Temple de la Sagrada Familia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
[PR]

by elderman | 2006-02-26 20:27 | Comments(4)
2006年 02月 26日

マクロレンズの世界(95)ガーベラ

キク科オオセンボンヤリ属のガーベラです。1900年頃に、南アフリカの金の採掘場で発見されたそうです。その後、ヨーロッパで改良が重ねられ、現在ではさまざまな園芸種が出回っています。もっともよく見かける観賞用の花と言えるでしょう。典型的なキク科の花かと思っていたら、キク属ではなくてセンボンヤリ属でした。そう言えば、葉の形が違います。写真はテヘランの花屋さんで撮影したものです。
e0031500_2021919.jpg

e0031500_2022247.jpg

[PR]

by elderman | 2006-02-26 20:22 | マクロレンズの世界 | Comments(2)
2006年 02月 25日

呑兵衛の戯言(17)酔っ払いいろいろ

【Gさんのケース】
Gさんはお酒の強い方です。相当飲んでも酔っ払った印象は受けません。石坂浩二のような容貌で穏やかな表情の方ですから、女性からも人気があったことと思います。仕事面では彼は直球派で、変化球を投げるというのはみたことがありませんでした。私は、こういう年長者とはどうしても気が合ってしまいます。

課や係で飲むと、Gさんとはお酌のし合いになってしまいます。酌み交わすというような上品なものじゃなくてある種の戦争状態です。さあ、飲んだから、次はあなたの番、という感じで何回もお酌が繰り返されます。お猪口ならいいのですが、やがては煮物の蓋になったり、コップになったり、そりゃぁ大変なものです。

10年も過ぎたでしょうか、お互いに年をとり、私たちはキリがないと休戦協定に入りました。同じことをやっていたのでは、体への負担が大変です。私も酔っ払っていてもそうは見えないという感じですが、Gさんには敵いません。酔って乱れたGさんの姿は見たことがありません。本当の紳士なのでしょう。

Gさんの仕事に対する熱意は大変なもので、一緒に働いていた時は、やり過ぎじゃないかとこちらがハラハラしていたものです。ところがちゃんと勘所は押さえているようで、定年退職するまでトラブルは発生しませんでした。技術屋としてかつてない最高位まで登りつめて退職されました。今頃、どうされているのかなぁ、長いこと日本を離れてしまった私ですが、また一緒に飲みたいものです。

【MさんとNさんのケース】
このお二方は仕事上の先輩でした。Mさんはとてもお酒が大好きなようで、晩婚でしたが、それまでは毎日のように縄暖簾で飲んでいました。Mさんは一見大人しい方で、黙々とお酒を飲んでいる雰囲気です。一緒に飲むことが結構ありましたが、Mさんの飲み始めは、とてもゆっくりです。とても酒豪とは思えない飲み始めです。

20代の私は飲んではおしゃべりして賑やかに振舞っていましたが、Mさんはたまに口を挟む程度でいたって静かです。私たちが、いい加減、飲んでおしゃべりして一段落と思う頃、Mさんは同じペースで飲み続けています。私はもう飲めないという感じになっているのに、飲み始めとまったく変わらないペースなのですから、これには驚きました。

一方のNさんは、それほどお酒が強くなく、飲むと直ぐに赤くなって、眠ってしまいます。Nさんはあまり飲み会には参加しなかったのですが、それでも何回かはMさんと一緒に飲むことがありました。この二人が一緒に飲むと、困ったことに話題は仕事のことばかりです。飲んだときくらいもっと面白い話をすればいいのにと思うのですが、この二人には仕事のことが面白いらしく、最初から最後まで仕事の話でした。

私がもっぱら仕事のやり方を盗んだのはこの二人の先輩ですから、ありがたいものです。この二人で思い出すことがもう一つありました。出張で駅のホームで待ち合わせをしたのですが、いつまで経っても相手が現れません。私はNさんと一緒だったのですが、Nさんはそこでずっと待っています。変だと思った私は反対側のホームの階段に行って、そこで立って待ってるMさんをみつけました。放っておいたら、彼らはいったい何時間待つ気だったのでしょうか。(苦笑)
[PR]

by elderman | 2006-02-25 01:02 | Comments(4)
2006年 02月 25日

バルセロナ旅行(第2日目)(前編)

 バルセロナはイランとは時差2時間半。朝6時に起きてもイランではとっくに8時半。日本では午後2時ということになりますね。考えてみれば大きな時差です。私は、イランでは5時頃起きていますから、相当寝坊したことになります。

 家内は昨夜の夕食後、バタンキューでしたから、朝はすっきり起きたようです。部屋にあるホテルの案内をみると朝食は7時からとなっていました。そこで、7時丁度に食堂に行ったのですが、まだ真っ暗。すると我々を確認した掃除のおばちゃんが何かを叫びました。一旦は引き返した我々でしたが、「今のはひょっとして・・・」という気になりもう一度食堂を覗いてみると今度は明かりが点けられていました。

 ホテルには華美な装飾はありませんが完全にヨーロッパ調です。我々の部屋は2階にあり、この2階というのがまた高級な感じなのです。2階のバルコニーから目抜き通りの人々を眺められるからでしょうか。日本人はあまり外を見ませんが、原宿にあるカフェのように外に向いて人通りを楽しむというのはいかにもヨーロッパ風です。

 家内はよく眠れたせいか大いなる食欲を示しました。こんなに豪華な朝食はいままでになかったって・・・まぁ、確かにいろいろありますけど、ヨーロッパのホテルでは朝食付は常識だし、ハム・ソーセージをたくさん食べることは普通です。果物も新鮮なものがたくさんあり、パン、ヨーグルト、シリアルなどもいろいろ揃えてありました。朝一番のせいでしょう、さすがに他には誰も来ていませんでした。

 この日は26日で、多くの店や美術館がお休みとの情報を得ていたので、一日のんびり過ごすことにしました。家内には最初から「観光ばかりじゃなく、のんびり過ごすから」って言っておいたので、すっかりそのつもりになっているようです。予定を立てないからそれぞれの体調に合わせて行動できると言うものです。

 そこで外からでも建築美を味わえるカテドラルの方に足を向けました。朝はさすがに寒いですが、天気は快晴です。石畳の路地を歩くこと約5分、すぐに大きなカテドラル(大聖堂)が見えて来ました。ただ修復中だったので正面からの写真は断念です。そもそもホテルを旧市街地に求めたので、この地区は「ゴシック地区」と呼ばれているようにゴシック建築の多い地区なのです。元バルセロナの中心部ということになります。

 朝が早いせいか26日のせいかは分かりませんが、カテドラルの中には入場できませんでした。その脇をすり抜けるとそこには「王様の庭園」がありました。ここも閉まっていたので窓越しに見ただけですが、小さな佇まいではあるけど上品な庭園を垣間見ることができました。

 どこも開いていないだろうという想定でしたからひたすら散歩です。適当に歩いていたらサンタ・マリア・デル・マール教会に遭遇しました。航海に出る乗組員や結婚式に人気があるそうです。それほどの見かけの建築物ではありませんが、中は後日拝見しようということでその場を去りました。

(カテドラル)
e0031500_0563619.jpg

バルセロナではカメラを盗まれてしまったため画像がありません。引用している画像は下記の本からです。
”Barcelona the city of Gaudi”
”Park Guell Gaudi's Utopia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
”El Temple de la Sagrada Familia, Josep M. Carandell, Pere Vivas”
[PR]

by elderman | 2006-02-25 00:59 | Comments(2)