えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 130 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

ダ・ヴィンチ・コード

ダン・ブラウン著作の「ダ・ヴィンチ・コード」は世界的なベストセラーとのことです。そして2006年には監督ロン・ハワード、主演トム・ハンクスで映画化されるということです。私は英語版しか手に入らないので時間をかけて読みましたが、最後まで飽きることなく読み通すことができました。

シドニー・シェルダンの語り口に歴史的・宗教的知識を付加したような感じで、難しい用語が出てくる割には読みやすい作品でした。キリスト教に関する秘密がテーマなので、その記述内容についてカトリックから批難され、発行禁止騒ぎになったことはご存知の方が多いことでしょう。

ミステリー小説として楽しむこともできますが、私はどちらかというと宗教や芸術についていろいろと考えさせられました。そういう意味では筋書きだけを追うというような小説でない価値を持っていると思います。文学性はそれほど高いという感じはなかったのですが、原文なので読みやすい方が私には良かったかな。(苦笑)

キリスト教徒でない私にとって、イエス・キリストがマグダラのマリアと結婚していたというような話は別に何でもないことなのですが、カトリックの信者にとっては大変なことのようです。新約聖書の否定にもつながる話だから発禁騒ぎになるのでしょう。

イスラム教ではマホメットの家族という血は受け継がれていますが、キリストの血統というのはあまり話題に上らないようです。キリストに子供がいないということになっているからでしょうね。それにしても、聖杯伝説、テンプル騎士団、フリーメーソンとかいろいろ謎が多いようで小説家のインスピレーションを刺激するのでしょう。

因みにイランでは、エマーム(殉教者で聖人)の末裔は黒いターバンを頭に巻いています。それ以外の宗教家は白いターバンというように区別があります。

作者のダン・ブラウン氏は最初から映画化を想定してような感じの書き方に思えました。分厚い本ですが、まるで脚本みたいな感じです。ページ数はありますが、ストーリーの時間経過をみると2時間の映画で扱うのに丁度いい感じに思えます。ビジュアルな描写がその印象を一層強くしています。

個人的には暗号解読やアナグラムの部分はちょっとうんざりという感じでしたが、映画ならあっさり楽しめることでしょう。この小説を映画化して成功するかどうかは分かりませんが、アクション映画にはなりそうもないので、スリラーなのかミステリーなのか、その方向での演出をすることでしょう。ストーリー展開のテンポがいいのでハリウッド映画向きだと思います。

私はこの小説の前半の方が面白かったです。黄金分割、女神崇拝、ダ・ヴィンチの芸術、宗教における性、さまざまなシンボルの意味など興味深いものでした。歴史や宗教に関心があれば読書をお勧めしますが、インディ・ジョーンズ的なストーリーを期待するのでしたら映画の方が面白いかも知れません。
e0031500_18195949.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-30 18:17 | 日々の雑感 | Comments(6)
2005年 09月 30日

世界の夜景(7)パキスタン

8月14日はパキスタンの独立記念日です。写真はイスラマバードの様子ですが、大きなビル全体に電飾を施すという凝りようです。普段は静かなイスラマバードですが、この祭日ばかりは本当に賑やかです。その喧騒の中、私は帰国の途に着いたのですが、まるで自分が見送られているような気分でした。
e0031500_14591353.jpg

e0031500_14595073.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-30 14:46 | Comments(2)
2005年 09月 30日

日本人の特殊性(28):セックス産業

何でも自由に思われそうな米国ですが、ことセックスに関しては非常に保守的な面があります。未成年から徹底的に隔離しようとする規制は徹底しています。クリスチャンの精神性からだと思います。南米でもポルノ誌はどこでも売られているものの、ちゃんと表紙が見えないようにしてあります。日本ではこの点ルーズな面があるのは否めないことです。

文化的に進んでいると思われるヨーロッパでは、ホモ・レズがその権利を主張してパレードを行い、デモンストレーションをやっていたことがありました。私がドイツのケルンを仕事で訪れていたときにちょうど出くわしました。異様なテーマではありますが、お祭り騒ぎのような雰囲気で妙に明るいものでした。大聖堂で有名なケルンですが、その町には「おとなのおもちゃ」みたいな店が軒を連ねていたりして、なんとも奇妙に思えたものです。

ドイツにはあちこちの国から出稼ぎに来ているので、セックス産業も盛んなのでしょう。厳格なドイツ人気質の別な面を見るような気がしました。非合法なのかどうかは分かりませんがベルリンの街中にも怪しげな店がありました。好奇心旺盛な私は、ドアーにある小さな窓から「入れるか?」と聞いてみたものです。まるでマフィアのアジトに入るようなぞくぞくする気分でしたが、あっさりと中に入れてもらえました。でも中はなんてことのない、ハリウッド映画にあるようなスネーク・ショーをやっているポルノ・バーでした。この程度ならアメリカ大陸ではどこにでもある代物です。ベルリン滞在中に飲みに行った店では、モロッコ人、ポーランド人のダンサーやら娼婦を見かけました。本当に出稼ぎが多いのだと思ったし、簡単に稼げる商売としてセックス産業があるということを確認せざるを得なかったです。ということで表面には出ないけど、先進国ではなんでもありということが現実のようです。

売春で有名なタイ国では、一般庶民はそのような印象とはまったく反対の保守的な環境で育っています。自国のセックス産業の存在は知っていても、それらを激しく嫌悪しているのがよく分かります。ちょっと前には人身売買などでニュースになったタイですが、最近はバンコクで育った一般の女性までがセックス産業に簡単に入ってきているようです。連れ出しもできるクラブでホステスを指名したら大学卒業だったことがありますが、まだ3日という話を聞いて、セブンイレブンの売り子でもいいからこういう仕事から足を洗うように諭したものです。翌日から辞めると言ってましたが、どうなったでしょうか・・・

イスラムの国々はセックスに関しては極めて保守的です。女性の髪の毛を隠すという行為からも窺えることでしょう。しかしセックス産業は一次欲求を満たすものですから、規制してもなくなるものではないようで、マレイシアでもイランでも夜道端に立つコールガールというものはいるものです。宗教警察が監視していても一向になくならないようです。外国人がうっかり手を出したりすると国外追放になってしまうので、私はそれ以上のことは分かりません。

米国によって占領されたイラクではポルノショップが大流行というのはもう周知のことと思います。イラクの信仰心の厚い人たちでしょうか、それを嘆いて爆弾テロを行ったりしています。映画館も今ではポルノ映画ばかりという様子です。今まで禁じられていたものですから、しょうがないと言えばしょうがないのでしょうが、どうにも一次欲求は宗教よりも強いようですね。

統制の厳しいイランですが、インターネットは妙なサイトへのアクセスは時々アクセス禁止などの介入が入りますが、そんなことをしてもサイトなんて次から次へと出てきますからほとんど意味がないでしょう。そういう意味ではイラン人は免疫というか抵抗力があるので、ポルノが解禁されたとしてもイラクのようなことにはならないと思っています。いいんだか、悪いんだか。

インターネットのお陰で、ポルノ雑誌の会社が閉鎖になることろが出てきました。技術の進歩というのはいろいろな分野でも栄枯盛衰をもたらすものです。米国ではインターネットを使ってオフィスからポルノ・サイトにアクセスしている人の割合が高いということで問題になったりしています。新しい社会問題も起きているようです。
[PR]

by elderman | 2005-09-30 12:22 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(2)
2005年 09月 30日

世界の花(18)アラマンダ

キョウチクトウ科のアラマンダですが、別名に「アリアケカズラ」、「シルバードワーフ」、「ゴールデントランペット」などがあります。熱帯アメリカの原産だそうです。花言葉は、「楽しい思い出と揺るぎない献身」というものですから最大限の賛辞のようです。「恋に落ちる前」というのもありますが、恋の予感なのかな、うーん、どういう心境を意味しているのでしょうかねぇ。
e0031500_0175069.jpg

e0031500_0182381.jpg

ペルシャの国からペルセポリスの霊感を得た「ホマー占い」です。今日もいってみましょう。^^
5つのどれかをクリックして、花の画像が出たら「大吉」、ランキングが出たら「中吉」です。
変な画像だったら・・・ うーん、どうでしょう・・ 変な画像だと思わなければいいのかな。^^

               
[PR]

by elderman | 2005-09-30 00:23 | 花と樹木(熱帯) | Comments(10)
2005年 09月 30日

世界の夜景(6)イラン

再びイランからですが、今回はアフワーズという都市にあるモアッラグ橋の写真です。カールーン川に架かっている橋ですが、ホテルから見えたその夜景はたいへん美しいものでした。アフワーズはクウェートに近く、イラクまではほんのちょっとの距離です。イラン・イラク戦争では大きな戦禍があったそうです。この地域では石油が採れるので石油産業の工場地帯があります。

私がこの都市に寄ったのは、そこから北に行くとメソポタミア文明のピラミッド(ジグラット)が見られるからです。チョガーザンビールという地名で、アケメネス王朝の遺跡もその近くのシューシ(スーサ)というところにあります。
e0031500_04218.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-30 00:04 | Comments(2)
2005年 09月 29日

日本人の特殊性(27):和製英語

和製英語ってのは多いですね、うっかりすると使ってしまいそうです。まず、典型的なものを挙げると、オフィス・レディ、ナイター、プリペイド・カード、バック・ミラー、ハンドル、ウインカー、ツー・ショット、ブラインド・タッチ、コンセント、イメージ・ダウン、シャッター・チャンス、スポーツマン、スキンシップ、(ホテルの)フロント、マザー・コンプレックス、ホチキス、キャッシュ・カード、ハイセンス、シャープ・ペン・・・などなど

ゴルフ用語にもいろいろあって、外国人とのプレーの時はヒヤヒヤします。スリー・パット、ニアピン、ティー・グラウンド・・・などかな。「ナイス・ショット!」ってのもあまり使いませんね。「ビューティフル・ショット!」か「グッド・ショット!」が普通です。

英語らしきものを組み合わせて新しく単語を作ってしまうのですから、日本人の応用性というのは大したものですね。英語というのも相当いい加減な言語なので、どんどん名詞を繋げて表現できてしまいますが、ラテン語系の言語ではそれができないので、とても面倒です。日本語の「の」に当たる助詞を全部につけなくてはならないのです。ドイツ人から聞いたのですが、「商談は英語で契約はフランス語で」という言い回しがあるそうです。つまり、ラテン語系の言語は表現が厳密だと言うことですね。

私の知り合いの人が、ホチキスという人とゴルフを一緒にやったことがあると言っていました。ホチキスを開発したホチキスさんの末裔ということになるのでしょう。因みに、ベンジャミン・B・ホッチキスは機関銃の発明者で、弟のエーライ・H・ホッチキスがE・H・ホッチキス社を興したそうです。儲けたのは弟の方でしょうから、やっぱりエーライですね。(笑)

英語で言いにくいのがセロテープかなぁ・・・粘着テープと言っても通じないし、スコッチ・テープって言っても怪しい感じです。バルセロナでバンドエイドを買おうとした時も単語が分からず、困ったものです。いろいろ説明しても通じないので、「バンドエイド」ってやけくそで言ったら通じたけど、なんでだろ?日本の商品名のような気がするのですが。(笑)

子供が小さい頃、グアムに行った時、紙おむつを買うべくスーパーマーケットに入り、「パンパース」はないかどうか聞いたら全然通じませんでした。おかしいなぁと思っていると、「パンパース」の発音が悪かったようで、「パンプース」というように発音すれば通じたんです。英語の曖昧母音は日本人にはちょっと発音しにくいですね。「ガール」だし、「パーパス」だしなぁ・・・

あ、和製英語の本当の表現を書かないといけないかな・・・ では少し調べてみましょう。

オフィス・レディ・・・female office worker
ナイター・・・・・・・・・night game
プリペイド・カード・・ま、通じるかな(汗)
バック・ミラー・・・・rearview mirror
ハンドル・・・・・・・・steering wheel
ウインカー・・・・・・blinkers かな winkersでも通じるかも
ツー・ショット・・・・うーん・・・特に言い方ないでしょ
ブラインド・タッチ・touch typing
コンセント・・・・・・・AC outlet
イメージ・ダウン・・image harming
シャッター・チャンス・・・むむむ、これも特別にはないような
スポーツマン・・・・athlete
スキンシップ・・・・physical contact
フロント・・・・・・・・reception
マザコン・・・・・・・Oedipus complex
ホチキス・・・・・・・stapler
キャッシュ・カード・・ATM card でいいのでは
ハイセンス・・・・・good taste
シャープ・ペン・・mechanical pencil
[PR]

by elderman | 2005-09-29 13:54 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(16)
2005年 09月 29日

世界の夜景(5)日本

世界の夜景の第五回はいよいよ日本です。日本の夜景で私の好きなのは長崎の夜景です。三大夜景の一つの函館は残念ながらまだ見たことがありません。六甲山から見る大阪方面の夜景はダイナミックで素敵ですが、私はこじんまりした長崎の夜景に惹かれます。
e0031500_10830100.jpg

e0031500_1010650.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-29 10:11 | Comments(10)
2005年 09月 28日

占い・・・お遊びです。

e0031500_23574658.jpg

5つのどれかをクリックして、花の画像が出たら「大吉」、ランキングが出たら「中吉」、普通の画像が出たら「吉」です。
変な画像だったら・・・ さあ、どうでしょう・・・ 変な画像だと思わなければいいのかな。(笑)

タダで押してもらうのでは恐縮ですから、ちょっと考えてみました。^^

               
[PR]

by elderman | 2005-09-28 23:03 | Comments(16)
2005年 09月 28日

世界の夜景(4)ベネズエラ

世界の夜景の第四回はベネズエラの首都カラカスです。昼間はちょっと薄汚れた感じですが、夜景では隠れてしまっています。比較のために昼間の写真もアップしておきましょう。
e0031500_20252975.jpg

e0031500_202763.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-28 20:26 | Comments(2)
2005年 09月 28日

世界の夜景(3)マレイシア

世界の夜景の第三回はマレイシアの首都クアラルンプールです。まだツインビルが建設中の夜景のものしかありませんでした。テッペンが明るい二本の塔がツインタワーで、この時は工事中でした。残念ながら日中の撮影ですが、ツインビル完成後の写真を参考までにアップしておきます。
e0031500_1549313.jpg

e0031500_1550050.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-28 15:50 | Comments(4)