えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 108 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 31日

日本人の特殊性(3):怒鳴る

多分、日本人の方々は日本人が穏やかな性格を持つ国民だと思っていらっしゃることでしょう。でも、意外なことでしょうけど、外国でも怒鳴っている日本人を結構見かけるのです。国内ではよく運転手が自動車の中から怒鳴る光景をみることがあるでしょう。

喧嘩というのはどこの国でもあり、その際に罵声を発するのはしょうがないでしょうけど、公の場所で怒鳴るというのは他の国の人ではまず見かけないので、日本人の怒鳴るという行為は非常に野蛮に見えてしまいます。怒鳴るというのは腹を立てないとできませんから、つまり日本人は怒りやすい性格を持っているともいえると思います。

同じ性質を持っているのは韓国人まででしょうか。この極東の国民にはよく似た性格をみることがあります。民族的にはほとんど差がないだろうし、文化的にもつながっていたからなのでしょう。では、なぜ腹を立てるのでしょうか? これは集団生活の中でルール重視が身付いていることから来ていると考えられます。

ルールを外れた行為をみると腹が立つ、当然のサービスが提供されないと腹が立つ、待たされれば腹が立つ、などなどでしょうか。インターネットのチャットでも参加者のマナーが悪いと言って怒り出すホストもいますね。(笑) みんなが同じ考え方、規範があるという前提に立つからそれに反した人に対して腹が立つという反応になるのでしょう。

日本人が怒りやすいという理由が少しはご理解いただけたでしょうか。みな同じという意識があるから、同じ民族で、同じような宗教観、倫理観、そして島国、これらの背景から生じる必然ともいえるかも知れません。反対に民族も違い、宗教も違うという人種が混ざっている米国、マレイシアなどの複合民族国家となるとこうはならないでしょう。同じ考え方を持っているなんてそもそも考えてもいないでしょうから・・・ こうなると怒りはよくよくのことがないと現れないものです。

公の場で、大声で怒鳴るというのは、非常に野蛮にみえてしまいます、先進国であり、経済大国の日本人の行為としてははなはだ恥ずかしい行為に思えます。実際周囲にいる人たちはとても驚いています。大人しいタイ人でも公の場で罵倒されると涙をぽろぽろ流すと聞いています。怒鳴ったりしたらそれ以降は現地の人々はその人との距離を置くようになるでしょう。

マレイシアのレストランで会食に集まった日本人が食事を注文して待っていると、いつまでも料理が来ないということがありました。1時間も放っておかれたのでしょう。現地語を話せる日本人が催促するとレストランの従業員全員が気もそぞろで、あまりにしつこい日本人に呆れたのでしょうか、その辺のものを適当に食べていてくれとか言ったようです。言われた日本人は怒り心頭で、現地語で放送禁止用語の類を使って怒鳴りまくったようです。

この時、レストランには王族が来ていたとのことで、レストランの従業員はそちらに集中していたのでした。他のお客さんを放っておいていい訳はないのですが、王族に対する異常な反応は習慣なのでしょう。結局は怒鳴った日本人グループがそのレストランへの出入り禁止という措置が取られました。王族が通行するだけで高速道路が閉鎖されてしまうお国柄です。現地語が話せる日本人ですから、もっと現地の人の精神性を理解していれば怒鳴るという行為は避けられたかもしれません。

海外では常識というものが通用しません。日本国民の間では常識というものはかなり共通のものとして存在しますが、国際会議や人間関係においては常識なんてものはそもそも存在しないに等しいところで、自分たちの常識を持って腹を立てるというのは滑稽以外の何ものでもないでしょう。

外国では当然だと考える前に、当然と考える自分の中での常識そのものが自分の国の固有のものであるということを認識しておきたいものです。

そうそう、怒鳴るということで言えば、イランの交通マナーというのは世界最悪と言えるくらいひどいものです。たまに運転手同士が喧嘩しているのをみかけることはありますが、そのマナーの悪さからみると怒鳴り声が少ないのはむしろ驚きです。走行中の車の前にちょこんと割り込んでくるというのは日常茶飯事のお国柄です。日本でこんなことをやったらそれこそ罵声が聞こえて来そうです。

歩行者は信号が何色であろうが、車の前をどんどん横切って行きます。さすがに歩行者に対して怒りをぶつける運転手はいません。こういうものだと思い込んでいるんですね。イランでは歩行者優先ですから、運転手は歩行者には相当注意を払っています。イラン人歩行者は勇気があるというか、どんなに交通が多い道路でも平気で横切ることができるし、混雑したロータリーの中も平気で横断しています。もっと怖いのは高速道路でもそれをやっていることですね。もっともこれには相当注意を払って走って横断していますけどね。これらのどれも日本人にはできないことです。
[PR]

by elderman | 2005-08-31 19:11 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(8)
2005年 08月 31日

ルーマニアの花(41)ハキダメギク

中国が原産のコゴメギク属のハキダメギクです。和名では気の毒な名前が付けられています。英名は”Hairy galinsoga”と言いますから、毛深いという葉や茎の特徴だけが言われているようです。”galinsoga”は学名でスペインの植物学者の名前です。コゴメギクというものもありますが、こちらは花弁がさらに小さい種類のようです。
e0031500_1243669.jpg

人気blogランキング こちらをクリック どうかよろしくお願いします。
[PR]

by elderman | 2005-08-31 12:05 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
2005年 08月 31日

世界いろいろ比較(2)ピラミッド

ピラミッドと言えばエジプトですが、その他にメソポタミア文明、アステカ文明、マヤ文明などにもピラミッドは存在していました。私はまだエジプトに行ったことがないので、エジプトのピラミッドのことについては触れませんが、みなさんよくご存知だから問題ないでしょう。

古い順に紹介して参りましょう。最初は、イランに残っているメソポタミア文明、エラム期のピラミッドです。チュガー・ザンビールというところにあり、ジグラット(ピラミッドという意味です)と呼ばれています。3300年も前の遺跡ですから、エジプトのピラミッドに匹敵する古さです。

このピラミッドは干し煉瓦作りなので、エジプトのピラミッドに比べると相当見劣りがします。しかも、干し煉瓦ですから今でも簡単に修復できてしまうので、どの部分が純粋に当時のものなのかよく分からないし、修復もまだまだ途中で完全な姿は想像するしかありません。ただし、オリジナルのジグラットは青い石で装飾されていたと言いますから、干し煉瓦の剥き出しではなかったようです。

次に古いのがメキシコシティの近郊にあるテオティワカンです。紀元前2世紀~紀元後7世紀に隆盛を誇ったアステカ文明のピラミッドです。こちらのピラミッドは石造りの巨大なピラミッドです。太陽のピラミッド、月のピラミッドと配置され、見る者を圧倒します。

これらの文明に比較して新しいのがマヤ文明です。チチェンイツァは、6~7世紀に隆盛、10~11世紀に再興があり、ウシュマルは、9~11世紀ですから大分新しいものです。ちょっと前2者とは比較にならないので、参考までということですね。

前2者にしても1000年以上も年代が違っていますから、比較には意味がないですね。一口にピラミッドと言ってもこれだけ年代が違っています。それが比較ってことになるのかな。

さて、では日本の古墳はどうでしょうか。有名な仁徳天皇は西暦5世紀の初めの頃です。日本の古墳時代は3~7世紀と言われていますから、テオティワカンのピラミッドと同じくらいの時代に巨大古墳が作られていたようです。

中国や朝鮮半島の古墳時代は日本と同じ年代のようです。むしろ日本が中国の影響を受けたのでしょう。ヨーロッパにも巨大古墳というものがあり、紀元前から存在しているようですが、一個の古墳自体が大きいものではないようです。

英国にあるストーンヘンジは、5600年前と言いますが、ちょっとこれはピラミッドや巨大古墳とは意味が違っているようです。ヨーロッパには巨石遺跡はあるけども、ピラミッドや単体での巨大古墳のようなものはないのかも知れません。

(ジグラット)
e0031500_04239.jpg

e0031500_052230.jpg

(テオティワカン)
e0031500_063668.jpg

e0031500_072655.jpg

(チチェンイツァ)
e0031500_084291.jpg

(ウシュマル)
e0031500_095786.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-31 00:10 | Comments(6)
2005年 08月 30日

日本人の特殊性(2):仕事の責任

日本人の働き方は働き蜂のようにみなされ、ひたすら働いているように外国人から思われているようですが、確かに長時間労働、サービス残業というような側面からはそうかも知れません。しかし、仕事の質に関して日本人の仕事は極めて優秀だと思われます。

というのは、日本人の優秀な担当者というのはいつも組織全体のためにという大きな目的を意識し、目標の達成に向かって努力をしているように思われるからです。担当者の不始末は会社の不始末というような意識が強くあるのも日本の社会の特徴ではないでしょうか。

外国ではこのような高度な担当者の意識を発見することは極めて稀なような気がします。担当者は自分に与えられた仕事をするだけで、その任務の意味や真の目的などを考えようともしないのが普通です。ですから上司は的確な指示を出さないといけないし、担当者はそれを忠実に遂行するという役割分担が明確になります。

日本の組織における仕事の責任は、連帯責任の形でうやむやになりますが、西欧型の役割分担の中では責任問題は明確になりますね。責任の明確さという点では西欧型の方法がすっきりするかも知れません。日本の場合、連帯責任で最後には幹部が責任をとるのかと思うと、担当者が首を切られてお仕舞いなんてケースもあるから要注意ですね。

イランの職人たちの仕事をみていると、自分の仕事は自信も持っているし、それなりにやるようですが、建物物の工事などの場合、しばしば工事が停止してしまいます。例えばカーテンの施工の場合、どうしてなかなか進まないのかを訊ねれば、生地を注文したけどそれがまだ届かないというような理由が返って来ます。自分の仕事の領分でないところはもう自分の責任ではないということで涼しい顔をしています。

それでいて、請け負う時には何日までにカーテンを付けるというようなことを約束するのですから困ったものです。すべて順調に行けばという条件があることを忘れてはいけないようです。本当にできるのかと確認しようものなら、インシャアッラーという表現が登場することになります。

日本人の発想で仕事が遅れたときに苦情を言っても、まったく通用しないということはしょっちゅうです。個人個人がそうなら会社全体までそういう論理で動きますから、歯車が噛み合うことはないでしょう。会社の従業員はまず自分たちの労働環境が重要です。お客さんが行列を作っていようが長時間立っていようが、そんなことよりは自分たちの昼飯が大事だし、勤務時間が終わればさっさと窓口を閉めてしまいます。業務上問題があるなら管理者の責任ということなのでしょう。

国際機関の仕事は西欧型で動いています。それでも各自がきっちり仕事をすれば全体の歯車も動くというもので、この方法で仕事が上手く行かないということではないと思います。日本型の仕事では、部下、担当者が知能を持って動くので、それが時として逆目に出ることがないとは言えないでしょう。

軍隊では囮作戦もありますから、小隊が妙に知性を持っていては困る場合もあるでしょう。これは作戦がおかしいと現場の部隊が判断して違った行動をとったら、作戦本部の作った計画が遂行できないことになりますね。戦争映画ではしばしばこのことがテーマになり、ヒューマン・ドラマが展開されたりします。作戦本部はヒーローの勝手な行動に歯軋りしながら推移を見守り、最後にヒーローは無事に任務を遂行するという筋書きや、任務終了後に作戦本部にいる悪者をとっちめるなんてストーリーを思い出しませんか。

日本では担当者はまるで社長であるような対応をとることがありますね。レストランでウエイターに食事の味が不味いと言えば、申し訳ありませんと答えるかも知れません。本人は運んでいるだけですから、注文を聞き間違えたりしない限りは本人の責任ではないのでしょうけどね。担当者でありながら、お客様と会社との関係を考えるというのはやはり日本的だと思います。
[PR]

by elderman | 2005-08-30 19:36 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(6)
2005年 08月 30日

ルーマニアの花(40)セイヨウノコギリソウ

この写真はセイヨウノコギリソウの蕾です。最初に見たときは食虫植物かと思いました。まるで、虫を捕まえるようなネットに見えますね。このネットが開くとノコギリソウの花ということが分かります。日本のノコギリソウもこんな蕾なのでしょうか。

すいません、こちらはセリ科のアンミ・ヴィスナガ(Ammi visnaga)の蕾でした。ノコギリソウではありません。
e0031500_11132778.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-30 11:13 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
2005年 08月 30日

ヤズドのホテル(イラン)

私たちが宿泊したのはヤズドで一番のホテルでした。これは現地の州政府が予約しておいてくれたものですから、私が選らんだものではありませんけどね。写真を見ても、多分日本の方にはこのホテルがなぜ一番のホテルなのかちょっと理解できないのではと思っています。

宿泊施設はコテージ・タイプなのでそれ自身は大きなものではありません。内部も格別豪華というものではないですね。林の中に作った普通の宿泊施設に見えるでしょう。ところがです、ヤズドの立地条件を考えてみてください。砂漠の中の町なのです。町から外に出ればそこは砂漠と岩山しかない環境です。

そんな中で、このホテルのように林に囲まれた中で過ごせるということは、ヤズドに住んでいる人たち、あるいはもっと田舎に住んでいる人たちにとって、それ自体夢のような世界に見えることでしょう。水に事欠く環境でこれだけの樹木を維持しているなんて、本当に贅沢な施設だと思います。
e0031500_04332.jpg

e0031500_044129.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-30 00:05 | Comments(4)
2005年 08月 29日

日本人の特殊性(1):感受性

「人間だからみんな同じ感受性を持って同じ考え方をしているだろう」と信じたい日本人が多かれ少なかれ存在することと思います。確かに喜怒哀楽などの根本的な感情の部分は同じと言えるでしょう、だから外国で製作された映画でも感動できるのですね。

私は外国人を理解する上で、やみくもに同じ感情を持った人間であるという前提で臨むのはどうかと考えています。もちろんいつでも善意の解釈で臨めば、感情のすれ違いは避けられると思いますが、ある程度親しくなってから両者の違いに気が付くなんていうのは少し悲しく滑稽にも思われます。

漠然とした言い方では、ピンと来ないかも知れませんね。では、分かりやすい例として食事の時の騒音についてはどうでしょうか。日本人は熱い汁など音を立ててすすります。ラーメンでもそうだし、蕎麦にいたっては熱くもないのにずるずると音を立て、それがまた美味しいと感じています。音を立てずに食べるラーメンなんて・・・ちょっと辛いですよね。

ところが、東アジアの国々以外ではこのずるずる音、非常に嫌われるのです。中国はおおらかですから、食事中の賑やかなのはよく見かける光景です。「げっぷ」は満足の表れとしてむしろ肯定的ですし、「屁」以外には問題はないでしょう。韓国人の様子はまったく日本人と同様にみえます。

東アジア以外の国々の人々は、食べるときに音を立てることを嫌います。特にずるずる音には嫌悪感を抱く人が多いのです。食欲を失くしてしまうというくらいですから、そういう人にこのずるずる音を聞かせるのはどうかと思います。日本に来た外国人ならこれが日本だということで慣れてもらうしかないでしょうが、外国で日本人がこれをやるのはどうかと思います。

ずるずる音の根源は日本人が、気が短いからだと思っています。熱いものを早くいただくために発達したのでしょう。なにしろ空気と液体を同時に口に入れるというやり方ですから、訓練しないとできないのです。日本人は小さい頃から練習をしたので誰でもできるのですが、その訓練をしたことのない外国人にはこれは至難の技なのです。

ちょっと知識のある日本人親子が海外で食事をしていて、母親が子供にスープは音を立てないで飲みなさいと言いながら、子供のスープをふうふうやって覚ましてあげているのをみると失笑してしまいます。あらま、この人どういう理解だろうってね。

日本でも口を開けて食べたり、クチャクチャと音を出したりは下品として嫌われますね。でも、ずるずる音には日本人には否定的な感受性はありません。習慣からきた感受性の問題ですから、外国人のこの感受性の違いはまずは知っている方がいいに越したことはないでしょう。相手の不愉快を知らないで過ごしてしまうのは、ちょっと辛いですね。

日本人がタコやイカを好み、またウニやウナギを好むように、イラン人は羊の脳みそを食べるし、米国人は牛の脳みそを食べます。これらは単なる習慣から来ているものですが、その習慣のない人には馴染めない食文化でしょうね。

このように食事に関する感受性の違いは分かりやすいのですが、果たして他の分野にはこうした問題がないと言えるのでしょうか。私の必ずしも長いとは言えない海外経験ですが、この点に焦点をあててシリーズとして日本人の特殊性について書いてみたいと思っています。

どのくらい項目があるか書き出してみたら、二十数項目もあったので、少しずつ順序も気にせず紹介させていただきたいと思っています。グローバリゼーションの中、まずは自分の特殊性を知り、相手との違いを認識した上で相互理解を深めたいものです。
[PR]

by elderman | 2005-08-29 22:44 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(4)
2005年 08月 29日

ルーマニアの花(39)紫陽花

ルーマニアにも紫陽花がありました。今回紹介するのは白色のものですが、ピンク、水色といろいろな色があります。ルーマニアは寒いので、8月が紫陽花の季節なんですね。
e0031500_17275892.jpg

人気blogランキング こちらをクリック どうかよろしくお願いします。
[PR]

by elderman | 2005-08-29 17:28 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
2005年 08月 29日

世界いろいろ比較(1)古代都市

世界のいろいろなことを比較してみたいと思います。その第一回目は古代都市です。同時代の違う文明を比較してみるのは面白いことかも知れません。

最初の写真はイランにあるペルセポリスで、アケメネス朝ペルシャ帝国として繁栄した遺跡です。約2500年前のものです。アレクサンダー大王によって滅ぼされたペルシャ帝国ですが、ペルセポリスが焼かれてしまったので今では石の柱しか残っていません。

二番目は有名なギリシャのパルテノン神殿で、こちらも約2400年前のものです。ギリシャとペルシャとの間ではペルシャ戦争がありましたから、ペルセポリスとはまさに同時代です。こちらも石造りの部分だけが残り、天井が抜けてしまっています。

三番目の写真はフォロ・ロマーノとコロッセオです。これは約2000年前の遺跡です。ローマ時代になっているので、少し時代は新しくなっています。その分こちらは保存状態がいいのですが、コロッセオでは上部階の床が抜けてしまっています。

2000年という悠久の時間を越えて見る遺跡ですが、ペルセポリスもパルテノン神殿も石だけになってしまい、そこに人間が活動していたという感動はいまいちでした。当時の再現図や絵、あるいは映画のシーンを頭に浮かべても、人間の活動の温もりが伝わって来ないせいでしょう。

ローマ時代の遺跡は保存状態がいいので、フォロ・ロマーノに行った時にはぞくぞくするほどの感動がありました。そこで生活をしていたという感じが伝わってくるからなのでしょう。ギリシャ、ペルシャに比べると約400年新しいですから、大きな差と言えるでしょう。

ペルシャは西アジアで私たち日本人の文化とは大分違うとは言うものの、ギリシャ、ローマと比べるとやはりアジアの匂いがあります。ヨーロッパ文明が澄ました感じなのに比較して、ペルシャの遺跡には日本人にとってエキゾチックな雰囲気もありますが、どこか温もりを感じさせるものがあります。動物などが彫刻されているせいでしょうか。あるいは、どこか緩んでいてピシリと決まらないような感じがあるからでしょうか。

この時代、日本人が農耕生活で原始的な生活をしていたことを思うと不思議な気がします。当時の日本には大きな権力がなかったから、あるいは石の文明でなかったから遺跡が残っていないのでしょうか。日本人から見るとものすごい遺跡に見えますね。ギリシャ、ペルシャは当時世界で一番進んでいた文明なのでしょう。

ペルセポリス(イラン)
e0031500_8193467.jpg

e0031500_8215477.jpg


パルテノン神殿と音楽堂(ギリシャ)
e0031500_8225475.jpg

e0031500_8234552.jpg


フォロ・ロマーノとコロッセオ(ローマ)
e0031500_825412.jpg

e0031500_8255431.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-29 08:25 | Comments(12)
2005年 08月 29日

ルーマニアの花(38)ウルシ科の木

この木、葉の形を見るとまさにウルシ科の木なのですが、木の名前が分かりません。普通、ウルシ科の木は小さな花が総状に咲いて、小さな実がいっぱいなるのですが、この木は花が密集して咲くようです。この写真の状態は花が咲き終わったところだと思います。ルーマニアでは珍しい木ではないと思うのですが、どうしても名前が分かりません。”rhus”というところまでは分かっております。
e0031500_745943.jpg

人気blogランキング こちらをクリック どうかよろしくお願いします。
[PR]

by elderman | 2005-08-29 07:04 | 花と樹木(温帯) | Comments(0)