えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 15日

高速道路のサービスエリア(イラン)

イランというとすべての生活様式が違っているように思っている方もいらっしゃるかも知れませんね。ということで、今回は日本ともそれほど違わないイランの様子を紹介いたしましょう。エスファハンやカシャーンからの帰り道の高速道路、ゴムという町を過ぎたところにあるサービスエリアの写真です。

最初の写真では、鼻に絆創膏を貼った男性がいますが、これは鼻の整形手術をしたのでしょう。イラン人はそれを恥ずかしいと思うより、むしろお金持ちという証拠のように堂々としています。鼻の整形は女性だけではないんです。もちろん大き過ぎる鼻を整形するのですけどね。女性たちはカラフルなスカーフをしています。

二枚目の写真は、レストランの入り口です。”WELCOME”と英語表記の方が大きく書かれています。ここのレストランは、ファーストフードが”MAHTAB”(月)、普通のレストランが”AFTAB”(太陽)という名前になっています。アルファベット表記もありますね。入り口に吸殻入れが置いてあるのは中が禁煙のせいです。

三枚目の写真は普通のレストラン”AFTAB”の入り口です。黒いチャドルの女性も写っています。日本のサービスエリアとほとんど変わらないでしょ。

四枚目の写真は、普通のレストランの内部です。黒いチャドルを着た女性以外は普通のレストランに見えるでしょう。こちらではウエイターが注文を取りに来ますが、メニューはお決まりのケバブばかりです。とは言え、こちらでは、魚、海老の料理もありました。

五枚目の写真は、ファーストフードの方の店内です。日本のものとほとんど変わりがないでしょ。レジで注文をすると番号を書いたレシートを渡され、番号が呼び出されるまで待ちます。

最後の二枚にファーストフードのメニューの写真をアップしました。フライドチキン、ピザ、ハンバーガー、サンドイッチと典型的なファーストフードのメニューが並んでいます。

今のイランがそれほど変わった文化・習慣の国でないと思っていただければ幸いです。
e0031500_1813264.jpg

e0031500_18134030.jpg

e0031500_18141412.jpg

e0031500_18145146.jpg

e0031500_18153214.jpg

e0031500_18161885.jpg

e0031500_181745.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-15 18:18 | Comments(12)
Commented by kyoko7 at 2005-09-15 20:00 x
ファーストフードは世界共通ですね。とはいえ、イスラム圏ですから
豚は無いでしょうね。7イレブンも頑張っていますよ。
イスタンブールにも有りました。
Commented by elderman at 2005-09-15 20:27
kyoko7さん、こんばんは。^^
豚肉はさすがに扱っておりませんね。(笑) セブンイレブン、あちこちにありますね。テヘランに一軒だけあるけど、名前だけ真似したものね。^^
Commented by 鏡 桜子 at 2005-09-15 23:26 x
えるだまさん、(^_^)こんばんは♪いつもながらの素晴らしい文章とフォトに感激しています。えるだまさんのプレゼン聞きたいものです。
Commented by elderman at 2005-09-15 23:31
鏡 桜子さん、ありがとうございます。^^
お久し振りですね。残念ながら私のプレゼンは大学の授業のようなものですからそれほど面白くないですよ。(汗)
ブログでお話しているようなことでいいのなら楽しいのですけどね。^^
Commented by aki at 2005-09-15 23:50 x
通販の仕事をしてたとき、鼻を高くする、くれおぱとらっていう器具が売られていた。結構買ってる人がいたっけ。
やめとけよー無駄だよって思いつつ言えなかったっけ。
Commented by elderman at 2005-09-15 23:56
akiさん、こんばんは。^^
鼻を低くする手術なんて日本の人からは想像できないかも知れませんね。でも、実際問題、イラン人にとっては大変なコンプレックスなんです。クレオパトラについてはひょっとして鼻を小さくしたかったのかも知れませんよ。^^
Commented by すみ at 2005-09-16 09:07 x
えるだまさん、おはようございます。沢山並んだメニューの中から、今日は食べ物を・・・(笑)
イランの料理といっても何も思い浮かばないし、言葉の判らない国での食事は注文するだけでも大変ですが、セルフ・サービス形式のファーストフード店だと好きなものを選べるし言葉の心配も無いのが良いですね。
見たところ服装以外はそんなに外国にいるという感じも受けないし・・・

ちなみに私の鼻はペッタンコですが、コンプレックスとか感じたことはありません。短い脚でも小さな目でも、ちゃんと生きる上で役に立っていますから・・・機能を果たしてくれればそれで充分です。

ーということで、今朝も応援クリックー☆ 14位にアップしてました。
Commented by elderman at 2005-09-16 12:15
すみさん、こんにちは。^^
木曜日、金曜日はイランの週末です。今日は7時半まで寝ていました。
イランの料理についてはいずれご紹介いたしますが、実は私はイラン料理をほとんど食べていないのです。外食のときだけしか口にする機会がないし、出張以外では滅多に食べません。理由は、シェフがスリランカ人で西洋料理、インド料理がメインだからです。イラン料理の美味しいもののほとんどは家庭でしか食べられないので外国人には難しいですね。イラン人のシェフを雇えばいいのでしょうが、男はダメだし、女性では問題あるし・・・というようなややこしい事情もあります。週末は自分で用意する和食です。^^
もしも、大きな鼻を持ったら意識が変わるかもしれませんよ。(笑)
クリックありがとうございました。
Commented by japonikk-la at 2005-09-16 12:33
随分新しいのか、きれいですね。イラン人のシェフどうして男も女もだめなんですか?住み込みなんですか?でもシェフのいる生活なんてう〜らやましいなあ。イラン料理、私もここ数年、家ではほとんど作ってないのでもう忘れつつあります。ところで鼻の整形、周りにもいます。ファミリーパックみたいなのがあって家族皆やって安くしてもらうとかもあるとか。
真面目に夫には前から細くするのを勧められているけど、親にもらった体にメスを入れたら申し訳ないなんちゃって。大きなお世話ですよね。本人がいいとしているのに。
Commented by Sao Paulo at 2005-09-16 12:57 x
こんなものはありませんでした。
普通の道で、土漠の中を、ハマダンや時にはアフワズまで行きましたよ。
真面目で、いい人ばかりで、気に入っています。
Commented by elderman at 2005-09-16 13:00
japonikk-laさん、こんばんは。^^
イラン人のシェフですか、英語の話せる男性のシェフを探すことは至難の業だし、女性のメイドというのは単身赴任の私の場合、イランという国のことを考えると避けた方がよさそうです。今のシェフはスリランカ大使のシェフだった人で英語も話すし、料理も一流です。^^
鼻が大きいというコンプレックスは日本人には分からないことかも知れませんね。
自分の体のこと他人にはとやかく言われたくないですね、それが旦那さんであってもね。(笑)
Commented by elderman at 2005-09-16 13:08
Sao Pauloさん、どうも。^^
今でもハマダンまでは5時間くらいかかりますが、その状態では一日かかりですね。アフワズまで何時間かかるんでしょうね、見当がつきません。イラン人は頭がいいし、親切だし、いい人が多いですね。^^


<< 鏡のモスク(イラン)      沙漠の花(5)オノスマ >>